針を持つ

 

洗濯をして、乾かして、畳む という

一連の仕事の中で見つかる

穴のあいた靴下や、ほつれたタオルや枕カバー。

ひとまとめにして、1週間に1度くらい

繕いものや縫いものの時間を作ります。

 

針を持つ、というその時間に

とても心休まる気がするのは、

そういうことが本当に好きだからだなぁと思います。

 

img_0513

引っ掛けるところがなくて、毎度イラッとしてた台所の布巾に

ひっかけるところをつけました。

適当なテープが家になかったので、

刺繍糸を4本取りにして鎖編みしたものをつけて、

使いやすくなって、ささやかに嬉しい。

 

老眼が進んでるし

昔ほど日々手仕事をしていないから

指先の動き方もちょっと納得いかない感じで

技術的には下手くそになってる気がするのだけど

補って余りあるのが根気強さ。

じっくりひとつひとつの工程を手を抜かず

急がず、丁寧に出来るようになってます。

歳を重ねるっていうのはそういうことね。

 

失敗したら、ほどいて最初からやり直すことも

途中でやめて、また今度、と思うことも

そして、続きにまた取りかかることも

昔はなかなか素直に出来なかった気がします。

 

手を抜かなかったら、

仕上りは、やはり自分的には満足のいくものになるのです。

ま、恥ずかしいくらい簡単なものしか作ってないのですけどね。

小さな仕事でも、出来上がると嬉しい。

 

img_0515

 

サンプル縫った後に残ったローンのチェックを正方形に切って

4辺をまつっただけのもの。

ウチのミシンは会社に行ってしまってるので、

家での縫い物は基本手縫いです。

3つ折端は縫う直前にアイロンできちんと折り目を作ってから、とか

そういうことを手間だと思わず、出来るようになりました。

ふわりと軽くてやわらかな質感の布なので

お弁当がきゅっと包めるよね、というのが作ろうと思ったきっかけ。

お弁当包むいい感じのものがあまりなかったので嬉しい。

 

img_0514

 

曲げわっぱのお弁当箱に

ちょっとしたものを詰めて

市原平兵衛商店のお箸添えて

手縫いのリネンでくるんで持って行く

 

暮らしのひとつひとつのシーンが

ささやかでも気に入ったもので彩られていくと

日々の一刻一刻が

豊かなものになっていく気がします。

 

やけにチクチクしたい気持ちになってるのは

ちょっと「べっぴんさん」の影響もあるかもしれないです。

あれ見てると、昔や今の自分のこと見てるみたいな錯覚に陥ることがあり

未だ試行錯誤する毎日の中、勇気をいただいています。

そして縫い物が好きだから

洋服屋になってるんだなぁ わたし と

あらためて感じたり致します。

 

 

ショップはこちら↓

http://webshop.pci-shop.co.jp/fs/pcishop/c/grpci

Instagram こちらもどうぞよろしくお願いします!

https://www.instagram.com/carupciyamada/

ちょこっと手づくり

リボンの見本はこんな感じ、とかサンプルを縫うために

ちょっとミシンを踏んだりすると

うずうずと何か作りたくなり

外出のついでに原宿の貴和製作所で

さささっとパーツを買いまして作りました。

 

1

 

 

この銀色の方です。

びよんびよんと伸びる糸を使ったので、着脱が簡単です。

かなり白っぽいシルバーで、

ま、ちゃちいといえばちゃちいのですけれど

ま、パーツも500円しなかったと思うと

ちゃちくても許します。

2つ出来ました。重ねて着けると結構可愛い。

 

IMG_3730

 

 

シャネルのリメイクパールのブレスと合わせると、

キラキラめでまた可愛い。

こういうのはデニムとかに合わせます。

アクセサリーって、思うようなものを見つけるのは意外と難しい。

見つかった!と思うと急ブレーキがかかるようなお値段だったりしてね。

おもちゃみたいですけれど、こんな程度でもかなり気持ちが嬉しくて

パーツ屋さんって大好きです。

 

 

さて、本日は明日入荷予定の切替Tシャツをアップしました。

IMG_5653

 

これですね。

去年シーズンの終わり近くに出来上がり、

カタログには載らずにウェブと店頭のみの展開だったのですけれど、

人気の高かったデザインです。

今年は黒も作りました。かなりシックな印象で、また新鮮です。

ご紹介はこちらから。

夏に涼しくて可愛いトップス。ゆるっとお召しくださいね。

 

 

 

手づくりアクセサリー

アクセサリーを作ったり、リメイクするのに

ちょっとはまっています。

 

素材をいろいろと調達するのは、

貴和製作所が中心です。

浅草橋やラフォーレの実店舗に行くことが多いですが、

オンラインショップもありますよ。

 

嫁入り道具のひとつだったパールのイヤリングは、

金具が痛くて、長時間つけていられない。

おまけにピアスの穴を開けてからは、

すっかり宝の持ち腐れだったのですが、

つけないくらいなら、と

ぐいぐいイヤリング金具を引っ張ってみたらきれいにはずれました。

ここにピアスのパーツを接着剤でつければ

パールのピアスが出来上がるんじゃん?と思いついておりましたので、

まずこれを買いました。

ピアスチタン芯立(丸玉片穴用のピアス金具)  5mm/2ペアで105円

131934_main

 

接着剤も買いました。コニシボンドウルトラ多用途SU クリヤーというヤツ。336円なり。

(これ、個人的にはすごく使いやすかったです。すでにいろんなことに使ってます。)

jpg4b7112993a067_210035

 

このささやかな投資で、パールのピアスが出来上がりました。

これは、ちょっとよそ行き用。(写真忘れたのでそのうちに)

 

気を良くして、また出かけた時に買い足したのが

コットンパール片穴ホワイト 12mm 玉 2個で252円

50505_main

 

これに残りのピアス金具を取り付けるだけで

コットンパールの、少し大きめのピアスになりました。

軽くて気軽に付けられます。

この間作ったブレスレットと一緒に着けると可愛い。

IMG_0086

 

 

材料費 300円そこそこ(笑)。

きっともう少し可愛い金具が付いてるけど

お店で買うと2500円くらいする様子。

パーツを買いにいったり、選んだり、少し手間はかかりますけれど、

作る、というのも恥ずかしいくらいの簡単さで出来てしまいます。

 

アンティークのネックレスで良さげなものなどを

骨董市などで、物色してみようと思ったり

パーツが肝心なのね、と思うようになりました。

 

好きな感じのもの

作れるならその方が早かったり楽しかったり。

これもおしゃれの楽しみのひとつです。

pagetop