iTunes で映画

 

ロードショーを観に行くと

予告編の中に、次に観たい映画を見つけることってよくあります。

これ観たい!って思ったのが

「マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章」

リチャード・ギアが出てきた時点で、

テンションが上がってしまった。

今公開中ですね。

劇場で公開している間に観に行く時間作れるといいな。

 

で、1作目を観なくちゃじゃない?と思いまして

iTunes で探して観てみました。

 

Unknown

 

私たちよりも、ずっと年上の女性達と男性達が

インドの滞在型ホテルで過ごす日々を

コミカルに描いた映画。

なんだか、心がほっこりと暖かくなりました。

 

ジュディ・デンチ とか マギー・スミスとか

錚々たる女優さんたちが出演なさっていて、

それはそれはもう、あぁ、歳をとると、肌というのは

こんな風になるのだわね、とか

結構現実を突きつけられたような気持ちにもなったのですが、

それでも綺麗なひとは綺麗だし

素敵なひとは素敵。

 

そして、いくつになっても、誰かに愛し愛され

必要とされることを求めてやまないのが

人間なのかしら と

そんなことを感じた映画でした。

おじいさんになっても

おばあさんになっても

やっぱりあまり変わらない。

そういうの、人間臭くていいなぁと。

 

そして、誰かとゆるく繋がりながら暮らせる

こういう場所があれば、すごーく素敵、と

また妄想をたくましくしていたりして。

 

寒の戻りが半端ない東京。

少し春の気分を出したくて

こんな格好したりしています。

ピーコートの下にダウンベスト着たりしながら

IMG_0323

シフォンの透けるスカートで、

少しだけ気持ちは春。

良い週末をお過ごしくださいね!

 

 

ショップはこちら↓

http://webshop.pci-shop.co.jp/fs/pcishop/c/grpci

 

 

読んだ本、すこし。

眠る前、お風呂の中、新幹線の中で

細切れに読んだものをご紹介。(アマゾンにリンクをはってあります。)

 

まずは、これこれ。

 

Unknown
ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)

池井戸潤さんの、またドラマになった小説。

1回目をはずしてしまって、既に視聴断念決定ですけれど

うーん。正直あのキャストはどうなんだろう。。。と微妙な気持ちになりました。

良い悪いじゃなくて、その人に、彼!? という違和感。まぁ、見てないわけですけどね。

小説は文句なしに面白いです。池井戸ワールド全開です。

 

海外ものからはこちら。

 

Unknown

 

ペリカン文書 (小学館文庫)

 

あ、すみません。まるで原書で読んだかのような . . . . . 。

図書館で借りた(日本語の)文庫で、読みました。

言わずと知れたジョン・グリシャムの名作。

最初からジュリア・ロバーツをイメージして描かれたのではないかと思えるようなヒロイン。

素晴らしく面白くて、どういう風に映像になっているか気になって

映画も借りて見てしまいました。

ちょっと古い小説&映画ですが、

読み応え、見応えがたっぷり。

 

最近入手した料理本といえばこれ。

 

414lajlgUqL._SL500_AA300_
料理=高山なおみ

 

ちょっとレトロな印象の表紙ですが、

高山なおみさんの新刊です。

独特の語り口と、ますますどっしりと地に足の着いた感じのする料理の数々。

まだ、読んで楽しんでいる最中ですけれど

ゆっくりと血になり肉になる感じのする料理本です。

どのページから作ってみましょうか。

 

これは、デジタルダウンロードで買って、

スマートフォンで全編読んだ初めての本となりました。

 

images-1
小さいおうち (文春文庫)

 

いろいろと注目されていた映画の原作。

読みながら、映画見てないのに、

松たか子が頭の中で話したり動いてしまうのは仕方ないですけど

想像の余地がちょっと狭くなってしまうなぁと思ったり。

とても引き込まれる小説でした。

 

iPhoneで本が読めることに調子に乗って

無料の日本文学の中から太宰の「斜陽」をダウンロード。

久しぶりに読み返したのですけれど、

若い頃に読むのとは別の小説のように感じました。

 

こんな風に本が読めることを体験してしまうと、

本を手元に持ってなくてもちょっと安心、とか思ったりしてました。

でも、電池がないと手足をもがれたようなことになってしまうと気付いて

やっぱり鞄の中にはいつも読みたい本が1冊あってほしいなぁ とあらためて。

 

ゆっくり本を愉しむ余裕も、ちょっとないような毎日ですけれど、

文字を追えば、完全にその世界に入れる至福。

こうして並べてみると、かなり映像化作品に偏ってますね。

ふむ。

 

さて、昨日ご紹介したトップスの大人用、

_MG_2315

ご予約いただけるようにウェブショップにページを作りました。

http://webshop.pci-shop.co.jp/fs/pcishop/401312-00M

よろしければ、ご覧下さいね。

 

 

パルレシフォンウェブショップはこちら↓

http://webshop.pci-shop.co.jp/fs/pcishop/c/grpci


↓参加してます。

ブログランキング

 

 

自宅で映画

オンデマンドで見ることも hulu で見ることも

レンタルして見ることも 録画して見ることも

iTunes で見ることも

今ではかなり容易く出来るようになっている、自宅で映画。

 

借りてきたものは、その日に見なければ

結局わたしは見ないのだ、というのを学習してからは

レンタルする場合は当日返却か1日レンタル。

古い映画なら、100円で見られます。

見ていないけれど、いい映画ってきっとたくさんあるから、

レンタル屋さんの棚の前を行ったり来たりして

いい作品を掘り当てるべく 時間を過ごすのも楽しい。

 

時に無料のケーブルテレビで

いい映画に出くわしたり

見たかった映画を上手に録画出来たりすると

ちょっと得した気分になります。

こまめに番組表をチェックせねばならないので

なかなか難しいのですけれど。

 

先日 「阿修羅のごとく」を見ました。

ずっと気になっていた向田邦子原作の作品。

大竹しのぶ、黒木瞳、深津絵里、深田恭子が

4姉妹という豪華なキャスト。

さほど大きな事件が起こるわけではないけれど

個人的には衝撃的な、でもありえるような事件や

それぞれの秘め事が様々に描かれていて、引き込まれました。

 

4姉妹の悲喜交々、というと思い出すのが細雪。

そういえば、群像劇というジャンルも好きだから

こういうのは、「好き」の範疇に入りやすいんだな きっと。

 

私的には、とにかく大竹しのぶでした。

彼女の、それなりの歳になっているのに

女として可愛くて色っぽい感じに

あぁ、こうでなくっちゃねー、と。

無理だけど。

 

作品そのものに影響を受けたり

いろいろなことを考えたりはもちろん、

時代背景、風俗、インテリアやファッションも

映画の中には楽しむポイントがたくさん。

 

お父さん(仲代達矢 素敵)が家で和服だったり

今よりも少し和装の比重が大きかった時代の着物の着こなしとか、

自分が和服に興味が出てきているから

今まで意識もしていなかったところに

目がいくようになったりするのも面白い。

 

いろんな映画をいっぱい見たいなぁ と

見終わった後に思うことはいつも同じ。

義務にせず、教養でもなく

自分が楽しめることが第一義。

くんくんと鼻を利かせて、

自分の「好きジャンル」の作品を上手に掘り出して

数時間のトリップ。

さて、今週末はどんな映画を選びます?

 

 

 

 

8月映画

休暇の前日、近所の友人宅で晩ご飯。

ライターの友人は、取材でスコットランドに行ったばかり。

お土産の素晴らしいスコッチを少しなめさせてもらい

その話題から、この映画、見た?と

教えてもらったのがこれ。

まったくノーマークでした。

 

Unknown

 
「タイピスト」見に行きたいな、と思ってたのですけど

下高井戸シネマでの上映が次の日まで、というタイミングだったので急遽変更。

嬉しい気持ちで、今回のお休み映画に決定し、見てきました。

 

前の日の夜に体験した、

スコッチの香りを鼻先に思い出しながら見られたことで

何倍も楽しめた数時間。

クスクス笑いながら、いい気持ちで見終わることの出来る

ケン・ローチ監督らしい作品でした。

 

やっぱり映画館で見る映画はいいなぁ。

映画はいいなぁ。

 

下高井戸シネマに出かけたのは初めてだったのですけれど、

家からも行きやすくて、近いじゃないか

映画のセレクトがいい感じじゃないか と友の会に入会しました。

 

年会費3500円で、招待券2枚いただけて(これだけで元は取れる計算。)

1年間映画が1本900円で見られるのですよ。

で、うっかりしてると見たいのをすぐ見逃すくらいの

なかなかのペースで上映作品が入れ替わります。

仕事が終わってから渋谷や新宿に行くのは気が重くても

下高井戸くらいなら、ひとりでも気軽に出かけられるかな。

いい映画をどんどん見たい、というのは

いつも思っててなかなか実現出来ないことだから

良い機会になるかもしれないと思っています。

 

そして、気持ちがちょっと映画見たい!になったところで

借りて帰ったDVD がこれ、

「sunshine cleaning」。

 

images

 

ちょっと落ちこぼれた?まだ間に合う?って

働くことにも人生にも迷ってる姉妹が

事件現場清掃を請け負う仕事を始めて

少しずつ変わっていく というストーリー。

 

これも「クスクス笑いながら いい気持ちで見終わることの出来る映画」でした。

きっとこういう映画がわたしの好きな映画なのだなぁ。

 

映画を見る、本を読む、音楽を聴く。

ささやかだけど豊かなこと。

自分の好きなものを見つけていくことは

日々の楽しみ。充実させていきたいです。

 

 

 

pagetop