青ネギ?

今朝、一番にお約束をしていたのに、

すっかり頭から抜けており、

家で入荷してきたマフラーの撮影など 

鼻歌まじりにしておったのです。

皆さんお揃いですよーって優しいラインが入って、

はぁっっっっっ!!?? ごめんなさいぃぃ !!!!(汗汗汗) と

ダッシュで会社に来てしまったため

画像の入ったカメラを忘れてきてしまいました。

マフラーのご紹介はまた後日。(とほほ)

 

昨日ストールのことを書いていて

改めて考えたのですけれど

ベルトとか、靴とか、バッグとか、

アクセサリーとか 靴下とか

服にプラスしていく小物っていうのが

おしゃれには実はすごくすごく大事なんだよなぁって。

 

洋服の組み合わせ、というのは一番ベースにあるのですが、

それだけだとおしゃれに旨味とか面白みが出てこない、と

最近すごく思うようになりました。

 

何となくおしゃれな雰囲気が漂うひとって

昔から仲間内にも必ずいたんだけど

その雰囲気は何から出てるのかずっと謎でした。

その謎が最近やっと解けた気がするのです。

たぶん、すごく、細かいところまで考えてなのか

こだわってなのか、組み立てられてたんだろうなぁと思うのです。

それが、何となく、に見えるくらいまでさりげなく、のバランスも

考えられてたんだろうなぁって。

で、考えて、身につけた後は、そうやって考えたことを忘れる。

おしゃれしてるでしょ?みたいな空気感を一切出さない。

そういうひとがかっこ良かったんだよな、きっと。

 

でもって、そのステキな人のおしゃれを

例えば一から十まで真似しても、絶対に同じだけステキにはならんのですよ。

だって、体型も、お顔立ちも、雰囲気も、違うのですもの。

そこが、おしゃれの面白いところ。

だから鏡の前で試行錯誤は、ずっと続きます。

日々、歳を重ねていくと、似合うものは変わってくるし

自分の中で、どんな自分でありたいか、も変化していきますから。

 

じゃことかつおでしっかりとった出汁と

美味しいうどんとがあって

上手に煮含めたお揚げがあっても

青ネギがたっぷりのってなければ、

見た目も味も本当にがっかり、というのに似ています。(ちがう?)

( 「ものすごく美味しいきつねうどんをさくっと作る」 修行中。)

 

新鮮な青ネギ、にあたる部分をおろそかにすると

あんなにがんばって出汁をひいたというのに、

何だか物足りなくて悲しい気持ちのおうどんになってしまいます。

(先日その残念なうどんを食しました。。)

これが、服に添える靴だったり、アクセサリーだったりするわけです。

 

さて、これは青ネギのひとつ。愛用している Bleuet さんのバッグ。

 

IMG_0163

 

ハラコのゼブラ柄。派手です。

どこに行くにも、ここ1年以上こればっかり。

荷物、書類、本、電子機器、いろいろ詰め込んで

使い続けてかなりくったりとしてきました。

使ってるとなじんでこんな感じになります。

基本着ている服が黒っぽいというか地味なので、

「このバッグだけでもってる」というコーディネートの日も多々あります。

ブルエさんのバッグは高品質で安っぽくならないので、

そういう意味でもかなり助けられています。

大好きなんですが、困るのは、靴がレパード柄だったりする時(笑)。

それ、むっちゃ大阪のおばちゃんやん。

(いや、ほんものの大阪のおばちゃんなんですけどね。)

ということで、先日の展示会で、黒いバッグを発注してきました。

限定の黒。真っ黒。真っ黒は限定時期のみの入荷です。

12月には入ってくるらしいです。楽しみ。

この中間サイズと、人気のミニトートを注文しました。

ずっとデザインが変わらないのも安心感があって嬉しいです。

ハラコの毛がどうなるか?とは思いますが、

まだまだしばらくこのペースで愛用します。

普通の表革なら、10年くらいは平気でいけるんじゃないかと思います。

修理もしてくださいますしね。

毎日パンパンで持ち歩いていて気付いたんですけど、

ちょっとみっともない。(苦笑)

もう一回り大きいサイズの方が私にはいいんじゃない?

え?そしたら、それがパンパンになるくらいまた荷物入れちゃうんじゃないの?

うーん。自問自答中です。

 

 

パルレシフォンウェブショップはこちら↓

http://webshop.pci-shop.co.jp/fs/pcishop/c/grpci

↓参加してます。

ブログランキング

 

 

リーバイス501

小学生の6年生の頃にはすでに

non.no を歩き読みするような

おしゃれに興味津々女子だったあたくしですが、

中学、高校 の頃には

POPEYE, OLIVE, anan, BRUTUS と

マガジンハウスの雑誌と共に

日々生きていたといっても過言でないくらい

雑誌とファッションにはまっておった青春。

当然大学生の頃全盛だった JJ ガールズたちからは

遠く離れたファッションに身を包み

いわゆるモテをまったく意識しない

こだわりの道を独自に進んでおったわけです。

思えばあのあたりから、

いわゆる「女の幸せ」からドロップアウトする道を

自ら選んでいたのだなぁ 。 。

 

アイビー、というファッションのジャンルがあることを知り、

アメリカファッションの情報がどどどどっとなだれ込んで来た頃には

虫食い穴のあいたよれよれの古着のトレーナーやボーリングシャツなどを愛用し、

休日ともなれば大阪はアメリカ村の古着屋さん巡りを嬉々としてしていたわけです。

(今もお世話になっている、西宮阪急PCI SHOPの M嬢と共に。いひひ。)

そういうものを華奢な美人が着ていれば、(あ、M嬢のことですね)

そりゃもう、むちゃくちゃ可愛くキュートなことだったのですが、(彼女は今もキュート)

当時は人生最高レベルに太っており

体育会でばりばりトレーニングしてついた筋肉とともに、

まぁ、可愛い、という雰囲気からはほど遠い女が

そういう小汚い服を、しかも、知ったような顔をして着ていたわけです。

あぁ恥ずかしい。

でも 楽しかったなぁ。

 

その頃に出会ったのが リーバイスの501。

フロントの開きがジッパーでなく、釦!?というのに

訳もなく、くらくらするほど感動したものです。

 

で、太ってはいたものの、腰だけは小さめ、という体型に

不思議とこのデニムがなじみ、

これはいてると、ちょっとだけ細く見えるような気がする という信念のもと

もう30年以上も愛用。

何本もはきつぶしていますが、

きっと死ぬまで、ばあさんになっても着ていることと思います。

リーバイスもこのモデルはずっと作り続けてくれるだろうし。

 

ということで、ワードローブの中心、というか

これは MY CLOSET の殿堂入り。

まずはここから。

 

_MG_2783

 

 

もう、若くはない けど

これからもずっと「いい感じ」を目指すために

おしゃれの見直しをしつつ、

MY CLOSET を作っていきたいと思っています。

中身はきっと変化し続けるのです。

それがまた楽しい。

 

今日も雨。

雨模様、と聞くと、え!?雨?そう?と

ちょっとわくわくしてしまうのは

そうです。あいつが玄関で待っているからです。

 

_MG_2803

 

 

ええ、ええ、すごくいいですとも。

今のところまったく足がぬれませんとも。

今持っている靴の中で一番楽かもしれません。

どんどん歩ける、守られてる感は 保安靴 の遺伝子でしょうか。

足先、指回りのスペース感が、幸福な感じといいますか。

 

 

 

IMG_0136

 

 

明らかに、膝下の長さがあと5cm足りません画像ですが

スキニーに合わせるとこういうバランスになりますの。

分かります? こう、足もとに量感が出る感じ。

こういうの、結構好きなのですわたくし。

販売ページを作りますね(汗)。近々に!

 

 

パルレシフォンウェブショップはこちら↓

http://webshop.pci-shop.co.jp/fs/pcishop/c/grpci

↓参加してます。

ブログランキング

 

 

pagetop