体験

 

ものすごく少ない経費で

古い場所を良くしようとする。

壁と天井は今あるものの上から

ペンキを塗って白くする。

アクセントの茶色塗装の場所は

全て黒にする。

床のビニールクロスが

どろどろぼろぼろなのは

剥がしてコンクリートを流してもらう。

 

最初の計画はそんな感じでした。

ペンキや塗装道具一式も

揃えていただいてからスタート。

素人でも出来るように

万端整えていただいて。

 

その後の追加工事は

どうしても入りたくない感じの

キッチンを移動すること。

トイレを小さくして

キッチンを作ること。

流しを移動した後に

洗濯機置き場を作ること。

ガスの配管を最低限まで削ること。

追加の工事は予想通り

あれこれと出てきます。

 

トイレとキッチンの床には

ピータイルを貼ろうかな、と思い

ここに棚が欲しいと思う。

 

出来るだけ工賃を下げるために

出来ることは全部自分で。

親方の指示に従い

必要な量の資材を調達します。

初めての場所に行って

初めてのものを買う。

 

ピータイルを買いに行き

それを貼るためのボンドと

道具も店の人に聞きながら入手。

貼るのはプロに任せるにしても

そうするとね、

上がり框がいるんだよ、と

教えてもらって

金属の1800mmの

穴の開いたのが売ってるから

バランスよく1350mm と

1035mm に切って来て、と

ご教示いただき

昨日、炎天下の中

またまたプロ用品の店に。

 

これだよね、という部品は

1本3000円以上もして、

なるほどね、こういうものを揃えるのも

そんなに安く上がるわけではないねと

変なところで納得。

 

切ってもらうのはどこ?と

レジのお姉さんに聞くと

あっちです、と別館を案内されて

そこに行くと、

あれね、と金属用の

電動ノコギリを指さされ

え!?自分でやんの?と。

 

この辺りが普通の

ホームセンターとは違うのね。

やり方が分からないから

教えてくださいと

メジャーと印をつける

何かを貸してくださいを

最終兵器のニコニコ

おばさん笑顔でお願いしたら

暑くて暇で困ってたらしきおじさんが

親切に色々教えてくださり

生まれて初めての金属ノコギリ体験。

いや、すごい火花と音が出るんだよ。

それと同時に手の下で

やわらかく金属が切れていく

手ざわりに超絶興奮して

むちゃくちゃ楽しかった。

筋がいいね、と褒められたりして

電動工具、本当にラブ。

 

実のところ、レジで

自分で切ると聞かされた時には

一瞬返品して帰りそうになったの。

無理無理無理無理って頭の中で

反射的に声がして。

でも、そこが今までの私とは違うのだ。

次の瞬間に頭を冷やして

何が無理?って。

やってみようよ、

一回もやったことのないことでも

絶対あんた好きそうなことやんか です。

失敗したらまたどうするか

考えればいいやん です。

 

おじさんがお手本で切ってくれた時の

音と火花にも、実のところ

最初気が遠くなりそうだったけど

いやいやいやいや、面白いやん。

こんなこと逃げたら2度と出来ないしと

お腹の中に力をこめて

ハイパー体験を楽しむモードに

切り替えました。

で、結果最高に楽しかったし

上手に出来たやんか、でしたの。

 

お盆休みのささやかな

しかし最高の冒険は

ものすごく殺伐とした

現場部材売り場にて。笑

 

実のところ途中で、

お願いしている工務店の方に

雷を落とされました。

自分たちで、って言ってるんだから

もっとちゃんと自分たちで

動かさないとって。

 

猛反省。

コミュニケーションを文字だけで

取ろうとしていたことも

相手のスケジュールを慮って

やいやい言うのを控えてたことも

全て裏目に出ました。

おっしゃる通り、と思ったので、

それからはウザいくらいに電話して

出来る限り現場に足を運び

教えを乞い、手を動かし

出来ることを自分の頭で考えて

道具を揃えに行き、

そして少しずつでも進めて来て

もうすぐ終盤です。

 

まだ、ここをああしたいこうしたい と

思うことは色々あるのですけれど

それは引っ越してからの

楽しみプロジェクトになります。

 

直接会って話すこと

自分の頭で考えて計画を立てて

それを動かすことが出来なかったら

口で言ってるだけになること

大事なことを勉強させてもらった夏。

 

雷を落とされることも

この歳じゃ少なくなったから

(って言ってるけど、結構しょっちゅう

いろんな人を怒らせてるな 汗)

(で、雷落とされたのは私ではなく

とばっちりを受けたスタッフ。ごめんね)

怒られると、当たり前に凹むんだけど

反射的に同時に

ありがたいと思うようになってきた。

 

こういうことを体感する中で

自分の家の中を改善するよう

動かす力もちょっとずつ

ついてきたのかもしれない。

10年も出来なかったのにね。

 

コロナによって動いたことは

波のように遠くまで

波紋を広げます。

今は悪いことに見えることも

何年か先にきっと

あれがきっかけだったと

振り返ることになるのでしょう。

こんなことでもなければ

気づかなかったこと

身につかなかったことが

山のようにあるんだと思う。

 

よかった きっかけにするのかどうかは

自分次第なんだということ。

つくづく考える暑い1日です。

 

お盆休みも今日で終了。

来週は水曜日に引越しで

また怒涛の1週間となる予定。

わくわくしていきましょう。

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今日も最前線で働いてくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝と愛と尊敬を!

 

 

 

 

«  |  »
pagetop