楽しむ毎日

 

エプロントートバッグ

上がってきたよ!って

サクッと写真撮って

さっと画像が手に入る という日まで

もう少しだ。

今の事務所では

なかなかそういう場所を作るのが

大変なのですよね。

もう少し、もう少し!

 

 

これは以前撮った写真の

別バージョン(ほぼ一緒 苦笑)。

 

4連休、皆様には

いかがお過ごしでしたでしょう。

わたしはどこに行っても

行かなくても

何をしてても

その瞬間を楽しい、と自分が思えば

楽しい、いい時間なんだなと

思いながら過ごしておりました。

 

全部仕事で

全部遊び と

無理矢理にでも考えようと

し始めてから、

正直すごく楽になりました。

「家にいて料理を楽しむ」ことに

罪悪感を抱いていたのは

なんだったんだろう。

そんな時間があるなら

企画をしろ、企画を、と

誰かに言われないかと

ビクビクしてたんだと思います。

誰かって誰?自分?笑。

 

 

週末に作ったアマトリチャーナ。

(コボちゃんレシピ)

美味しく出来ましたが

パルミジャーノがなかったのが痛恨。

 

コロナで自然にか意識的にか

ペースが大幅に

ゆっくりになっています。

他のブランドの変わらない

展示会の話などを小耳にはさむと

やっぱり気持ちはざわっとするのですが

よそはよそ。うちはうち。

 

私たちのやり方を探していこう。

こうするのがセオリーだから

業界ではこういうもんだから

っていうのはもうやめていこう。

 

数少ない卸先には、

こういうの作りますが、

このくらいの納期で入りますが

いかがですか?とお知らせすることを

丁寧にやっていくことで

展示会の代わりにしてもらおう。

そういうペースでも

ありがたい、と言ってくださる

専門店様もあり、

そういうお取引先様と

話し合いながら、協力しながら

お付き合いをしていこう。

 

こうしてコンピューターに

向かっている時間も楽しい

ペンキ塗りしてる時間も楽しい

洋服の企画してる時間も

上がってきた商品を確認するのも

家にいて掃除や洗濯するのも

全部楽しい時間、と意識して

楽しくなかったら、

どうしたら楽しいと思うかを考えて

変えていこうとするようになりました。

 

こういうのは、考え方の

クセみたいなものだから

意識次第でどうにでもなるって

もっと若い頃の自分に

教えてあげたいもんです。ほんと。

 

そうやってると、

例えば使っているペン1本でも

気に入ってるものだと

「書く」っていう作業が

ちょっと楽しくなることに意識がいきます。

 

もったいないから使い切るまで

これ、嫌いだけど使ってるっていう

どこかでもらったボールペンは

使うのをやめることにしようかなって

今考えてます。

 

全部そういうことなんだと思うの。

そうやって変えていくと

働く場所とか環境とか全部

どんどん楽しいところに

なっていくはず。

漫然と、無意識に不本意な毎日を

過ごすのはね、

もったいないような気持ちに

ちょっとずつなってきてます。

 

こういうの全部

コロナがあったから

気づいたこと

考えたことなんだ。

いいとか悪いとかじゃなくて

そういうことなんだな。

 

1ヶ月先のこと

半年先のこともわからないから

今のことに集中すること

今週の予定もまた

少しzoom meeting が入るくらいで

自分でやること以外はほぼ真っ白。

 

どこかに行く、

誰かに会う予定が

外から入ってくることがなくなりました。

 

自分が何をしたいかをベースに

白いスケジュールに入れていく予定は

人に決められることじゃなくて

自分で組み立てていくこと。

それを楽しみながらやっていくことも

クセにしていこうと思います。

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今日も最前線で働いてくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

 

 

 

雨の土曜日

 

昨日の夜からまた

雨脚が強まったまま

今朝になっても土砂降り。

やまない雨はないというけれど。

 

 

昨日から始まった

More Smile Sale!

ご好評をいただいております。

心から御礼申し上げます。

いいものまだまだありますので

どうぞ、お買い物を

お楽しみ下さいませ。

 

昨日のインスタライブでは

結構暑苦しく語りまして

わたし、ずっと話せるーと

いうことに気づいてしまった。

おしゃべりなおばさん。笑

 

そのライブの中で

マリさんにご指摘を受けた梅ですが、

今こんな感じになってます。

 

 

あまりにも多くて

おかしなことになっていた水分を

少し取り分けて

この状態で晴れの日が

3日続くのを待ちわびてます。

取り分けたのは梅酢。

赤紫蘇の色が出て

大根とかに使うと

きれいなピンク色になります。

年に1回しか取れないものなので

色々試しながら

お料理に使ってみます。

晴れたら3日干して、

梅干しが完成する予定です。

 

そしてこちらは、

エプロンとトートバッグを

白いサンプルと洗ってみた様子。

がっつりと色落ちしました。

あらー。やっぱりー?

ある意味予想通りというか

しょうがないね、という感じ。

 

 

しばらくは、白物と一緒に洗濯するのは

避けていただければと思います。

それもこれも含めて

長い期間かけて

馴染んでいくこと、

育てていくことを

楽しんでいただけますように。

 

シャイニーギャザースカート

Melanie のシルバーグレイ

 

 

こちらのご注文受付は

月曜日の朝10時までとなっております。

こちらもぜひご検討くださいませね。

 

Go to キャンペーンは

どうなるんだろうと

今朝の新聞を読みながら

千葉から東京に

毎日仕事に通ってる人でも

そうか、在住が千葉なら

適用されるのか、と思うと

なんとなく釈然としない。

 

地域ごとにブロック分けするのは

どうかしらね、って

素人考えですけれど。

東京、神奈川、埼玉、千葉圏内は

移動していいよ、とかはどう?

東京じゃない人からは

一緒にしないで!って

叱られるかもだけど

それなら私たちも

箱根とか湯河原くらいまでは

行けるんだよねー。

妄想だけだけどね。

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今日も最前線で働いてくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝と尊敬を!

 

 

 

 

赤エプロンと赤トート

 

リネンバッグ、届きました。

じゃーん。

 

 

可愛いじゃないか と

にたりにたりしております。

 

何だろうか、この

手のかかる子ほど

可愛い感じ?。笑

 

で、これに関してはバイオ加工を

していただいたてみたのですけれど

結果、あまり違いがわからない。

 

恐らく加工の時間とか

塩梅を変えることを繰り返せば

思うような仕上がりに

なるのだろうと思われるのですが

そうこうしているうちに

いろんな人が着けてみたりしている

エプロンの手ざわりが

ちょっとやわらかくなってきて

これは、使いながら

経年変化を楽しむってことで

いいような気がしてきました。

 

ので、染め、で終了して

仕上げることに決定です。

 

リネンエプロン

リネントートバッグ

ようやくご予約承ることに。

 

 

すみません、まだ正式に

撮影をしていないもので

手持ちの写真で。

(わたしまで登場してるのは

どうかと思うけども

着用例が必要かと思い。。)

 

長らくお待たせ致しました。

楽しみにしてるねーって

たくさんのお客様に

そして、友人知人からも

お声がけをいただいており

嬉しい限りです。

 

エプロンのページに

書かせていただきましたが

家にいて、料理をする

家事をする時間に

鏡の前でキュッと締めて

うん、いい感じ、頑張ろうって

笑顔になっていただければ

それだけでほんと

作った意味があります。

 

エプロンとトートバッグは

縫製工場に入っていて

その後に染めて、仕上げをして

ということになりますので

お届けは7月末くらいを

予定しております。

その釜で、まとめて赤く染めるのは

今作っている数量のみです。

ぜひご検討くださいませね。

 

レストランで美味しい料理を

食べさせてもらって

嬉しい気持ちになるように

洋服屋には洋服屋の

役割があると信じて

いろんなことを考えて

これからもあれこれと

作っていこうと思います。

 

素敵な(と自分で感じる)

着心地の良いものを

着ているときには

自信を持って動けるもの。

むしろ、その上で

着ているものを

意識せずに済むくらいの方が

仕事にも、話し相手にも

集中出来たりするんじゃないかなって

最近は思うようになりました。

 

何かを着て、

毎日暮らすのですもの。

どこに行っても

どこにも行かなくても

何か着て、過ごすのですものね。

気持ちのいい、似合うもの

願わくば気持ちの上がるものを

着ていられると

いいな、と思います。

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今日も最前線で働いてくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

そして、豪雨で被害に遭われている方々に

お見舞いを申し上げます。

 

 

 

 

新商品と相談室

 

昨日のうちに Facebook などでは

ご案内させていただきましたが

先日インスタライブでご紹介した

ここからご提案する新商品

SCOTTY, SUMMER のご予約が

出来るようになりました。

 

SCOTTY

シンプルな6分袖のカットソートップス。

気になる腕と肘をほっそりカバーして

衿は開き過ぎず

ぴたぴたではない身幅と

長過ぎない着丈で

インしても、外に出しても

バランスよく着られる

ほっそり見えトップス。笑

 

 

これは LADY M のワンサイズで、

黒と白をご用意しています。

華やかな柄物のスカート、

ボリューム感のあるスカートや

短パン、ワイドパンツまで

上に何を合わせよう、と悩んだ時の

答えになる1着です。

詳細、ご注文はこちらから。

 

そして、ロングワンピースチュニック

SUMMER

 

 

これは Lady L サイズを着用しています。

Mサイズは少し着丈も短くなるし

身幅も小さくなります。

 

こんな風にワイドパンツに合わせて

リゾート感のあるリラックススタイルや

スキニーのデニムに合わせれば

カジュアルなお出かけスタイルに

華やかな柄物のスカートに合わせると

裾とサイドから柄が覗いて

素敵なバランスの着こなしになります。

そして、上半身がこれ1枚で済むので

心地よく涼しい、というのも

余禄の嬉しさ。

 

いずれも昔作ったことのあるデザインですが

素材をワンランクアップさせて

肘が隠れる長さ、ほっそり袖を意識。

ワンピースに関しては、

長過ぎた着丈を調整しました。

 

より着こなしやすく

着心地もパワーアップして

お届けさせていただきます。

夏から秋の

何着ようか、の毎日の

解決法のひとつになると

嬉しいなぁと思っております。

詳細、ご注文はこちらから

 

今週のサチコさんは

お悩み相談室を開催します。

 

 

弊社は子供服と婦人服を作っており

同じデザインでサイズ展開することも

よくあるのですけれど、

デパートの店頭などでは

とても小柄な女性、

高校生から会社員の方、

ご年配の方も、

ご自身のものを

150cmくらいからお選びになる

お客様がたくさんいらっしゃいます。

 

子供服サイズだけど

子供っぽくなくて助かる というのは

よく聞かせていただくことで

そんな風にもお役に立つなら

本当に嬉しいことです。

 

スタッフの中にも、小柄な人は

何人もいて、子供用サイズを

大人が着用というのは

社内では普通のことになってますが

WEB WHOP で

お買い物してくださっている

お客様には、試着が出来ないだけに

なかなか難しいのかもしれないね、と

話している中から出てきた企画です。

ぜひ、可愛いオシャレが得意な

サチコにお声がけくださいませね。

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今日も最前線で働いてくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝と愛と尊敬を!

 

 

 

 

エプロンサンプル染

 

上がってきました!

 

いい色になったなぁと思います。

嬉しいぞー!

 

目が詰まって、サイズが縮みました。

染める前の幅100cmが98cmに

長さ113cmがなんと108cmくらいに

なってました。

これは、恐らくお洗濯しても

最初そうなるのだろうと思われるので、

これ以上は縮まないと思うところまで縮んでから

お届け出来るなら、

その方がいいよねと思ってます。

そして、縮んでもかなり大きなサイズなので

これで進行します。

ただ、これはサンプルで、1枚だけで染めているので

量産分をまとめて染めると

同じサイズ感に縮むとは限らない、ということ

そして、1枚1枚違う可能性もあるということ

特性上、ご理解くださいませ。

 

 

 

テープの色も違和感なく馴染んでて、

嬉しい。

 

 

うーん、いい感じです。

 

着用してみました。

 

 

鏡に写して撮ってるので

見にくいかな。大丈夫かな。

上のはゆるっと締めてみてます。

下の写真は懲りずに

折りたたんで締めてます。

肩こりさんにはこっちの方が

肩紐に重力がかからないので

いいんじゃないかなと思うけど。

どっちでも、好きな方法で

着用すればいいじゃんね、と

あたくしは結論付けております。うん。

 

 

これは染めたままで、

仕上げのアイロンなど

してないのでしわしわ。

染めただけだと

思ったよりくったりはしないんだなぁ。

なんか悔しいな、もうひと息?

 

品質表示のネームをつけるのですが

どれが一番染まらないか

試すために3種類のネームをつけて

白いリネンのバッグを

もう一回染めてもらおうかと思案中。

その時に、くったりさせるための

バイオ加工を試してみてもらおうかと。

(まだやるのか!?あたし!?)

 

コストとの兼ね合いもあるので

どこまで出来るかなぁと

思いながらですが

興味があるので

もうひと粘りしてみようかな、と

考えてます。

 

白いエプロンとリネントートは

縫製に入ります。

いよいよ量産。

 

くったりさせるかどうか

ジャッジ出来たら

来週にはご注文の受付を

開始出来るかなと考えております。

どうぞどうぞお楽しみに!!

 

 

動かないと、変わらないことを

なんだか実感する毎日です。

めんどくさい、と口に出した瞬間に

全てが止まり、沈殿しちゃう。

 

行ってみよう、

やってみよう、から始まること。

そして会った人、読んだもの、

見たものにもらう情報や言葉。

そういうものに刺激や影響を受けて

自分が変わり始めることで

ありとあらゆることが全部

変化していきます。

小さいことでも、大きいことでも。

 

動いてないものを動かすのも

変化するのにも

すごくね、エネルギーが必要で

しんどいこと。

まわりからは反対されるし

疑問も呈されるし

うまくいかないかもしれないし。

変わらないことは

居心地よく楽だから。

 

こんなにもドラスティックに

社会が変わっているのに

自分だけは変わらずに

無事にいられるなんてこと

きっとないんだと思う。

 

エネルギーがどんなに必要でも

変化はわくわくすることです。

諦めず、楽しみながら

みんなで一緒に

動き続けるチームで

ありたいなぁと思います。

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今日も最前線で働いてくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝と愛と尊敬を!

 

 

 

 

染め色見本

 

リネンエプロンの

染め色の見本が上がってきました。

左にあるのが、

こんな感じの色にしたいですと

送った見本で

右にあるのが候補素材のリネンとテープを

染めてみてくださったもの。

 

素材感も色も素晴らしくイメージに近くて

テンションが上がりまくっております。

なんかね、とっても嬉しい。

 

そうか、こうやって素材を少しでも

自分のいいと思う方向に作っていくことで

イメージに近づけることは可能なんだねと

目の前に証拠があるみたい。笑

 

 

次はサンプル染めだ。わくわくだ。

それが上がって来て

OK!GO!となったら

いよいよ製品作りに着手です。

数量を増やすために

リネンバッグも作って

染めてもらうことにします。

 

同時に慌ててパタンナーさんに

パターンをお願いして

こんなちょっとの数量でも

縫っていただけますでしょうかと

雑貨なんか縫ったことないだろう

布帛工場にお願いもしてみたり

いろいろ段取りを進めています。

 

エプロンもバッグも

ある一定の量を生産して販売する

いつものスタイルでご紹介予定です。

 

次があるとして、でも

次は違う色が欲しくなると思うので

赤、いいね、と思ってくださった方は

どうぞ受付のタイミングをチェックして

楽しみになさっててくださいませね。

 

コロナじゃなかったら

できなかったこと

やろうと思わなかったことが

きっとたくさんあります。

ピンチはピンチで

チャンスとか余裕で言えるようなことは

全くないんだけれど

変わるタイミング と

背中を押されたのは確かです。

 

変わらなくちゃいけないよ、と

有無を言わさず現実を

突きつけられて、

そうでないと新しいことに

なかなかトライしたり出来なかった。

 

人間って現状が居心地よくて

変わりたくない生き物なのだと

つくづく思います。

 

でも、新しい試みは

ひとつひとつ、トライしていくつもり。

10個トライしたら、20個トライしたら

ひとつくらいは、手応えのある道が

見つかるかもしれない。

 

新しい試みのひとつが

社内プリント工房案。

(私が勝手にやりたいだけ)

シルクスクリーンの手法で

自分で少ない数量でも

プリント出来ないものか

今いろいろと調べたり

材料を取り寄せたりしてます。

 

サンプルを縫ったり、考えたり

そうこうしてると

早く広い作業スペースが欲しいなぁと

引っ越しも待ち遠しくなってきます。

 

惰性で過ごす1日じゃなく

今日はこれをやる、進めると

目標を決めて動く

そんな1日にしようっていうのが

このところの目標です。

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

こうやって、感染者を少なく抑えながら

経済活動も、日常生活も、

手探りで戻していく日々が続くのですね。

これからも続いていくし、

こうして経済活動が戻っていけば

自分もいつかかってもおかしくない。

 

覚悟しながら、爆発しないように

手洗いとか、マスクとか、換気とか

出来ることをやることに飽きないよう

面倒だからと省略しないよう

気持ちをキープすることにも

意識を置いておこうと思います。

 

今日も最前線で働いてくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

 

 

 

染める

 

外に出ると思いのほか

しのぎやすい感じの今日。

昨日の暑さを思うと

救われる感じの東京です。

 

昨日は快くいらしてくださいと

おっしゃってくださった

文京区にある「内田染工場」様に

お伺いしてきました。

 

まずは商売にならないくらいの

少量の話なのに

気持ちよく会ってくださった

内田社長様に感謝しながら

ご挨拶をして、

お話を伺いました。

 

結論としては、

出来なくなさそう。

 

ものすごい腕のある工場さんに

普通の染めをお願いするというのも

最低量になりそうなのも

超気が引けますが

今回はここにお願いしたいと

強く思って帰ってきました。

 

111年の歴史があるのですって。

元々は桐生でやってらして

東京にいらした頃には

この場所は川沿いで、

周りに何軒も

染屋があったそうですって

話してくださいました。

 

 

大きな工場の中には

たくさんのいろいろな機械が並び

コンピューターや

ハイテク機器が並ぶ部屋もあり

思いのほか若い方、

若い職人さんが多くてびっくり。

取引先様も伺うと

ビビってしまうような

ビッグネームがずらりで

ほんと、すみませんって感じです。

 

コストはね、

やっぱりかかります。

いくらで販売できるのか

販売するのか

じっくり考えないとなぁ。

 

同じ釜で一緒に

他のものも染められるので

リネンのバッグとかも

作れそうなんだけど

それにしても、そんなに

お安いものは出来なさそうなので

悩ましいところです。

 

また随時経過報告を

させていただきますね。

 

帰りに生地屋さんに寄って

秋の企画で使いたいものを

物色したのですけれど

この素材、染めると、加工すると

こんな感じになるよ、という見本が

たくさん並んでいて

今までは関係ないよって感じで

あまりちゃんと見たことなかったけど

昨日はやけに気になりました。

 

水洗いだけじゃなく

染めだけじゃなく

バイオ加工などもお願い出来る

内田染工場様。

もの作りの方法も少し

変わることが出来る可能性も

見えた気がした訪問でした。

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今日も最前線で働いてくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝と愛と尊敬を!

 

 

 

 

毎日家事とエプロンと

 

週末には

Youtube の動画や

Netflix で クイア・アイの新シーズンと

KONMARI 先生のお片づけを

代わりばんこに見たりしまくって

いろんな刺激を受けて

いろんなアイデアや

いろんなやりたいことで

頭ぱんぱんになってる私。

 

こういう風にのぼせ上がっても

実現できることは少ないし

なかなか思うようにはならないけれど

とにかく、今出来ることを頑張ろう。

今週も始まりました。

 

 

先週書いてたこんなリストを

今朝も消し込みかけながら

朝の have to家事は

全部クリア出来たところから

スタートできて、

胸をなで下ろしております。

毎日やってても、

気をぬくとやっぱりさぼりたくなるので

それなりに気合が必要。

 

こういうのね、全部ね

やらなくちゃいけないことでなく

楽しい家事と思えるといいんだけど

時間に追われると楽しくなくなる。

不思議なことにタスクを減らしたはずなのに

同じくらい時間がかかってるのは

ゆっくりやってるってことだよね。

少しだけ楽しめてる気は

するんだけど。

 

まだまだ考えて、改良しながら

毎日家事は続くのです。毎日ね。

 

さて、リネンのエプロン

サンプルを縫い直しました。

 

素材はきれいな平織りで

パターンとしては基本長方形なので

地直しするというより、

素材から1本糸を抜いて

まっすぐな印代わりにして裁断。

 

 

こうやって横糸でも縦糸でも、1本抜いていくと

わかりやすくまっすぐ直角な線が出て

きちんと目に添って裁断出来ます。

すごーく時間かかっちゃったので

何してんの?って感じでしたが。

こういうちまちましたことが好きすぎる。

 

 

出来たのがこれ。

スタイリストのエリちゃんに、

かおるの着け方間違ってる、と

指摘受けました。omg!

 

(背景が汚すぎ。。ごめんなさい)

 

フロント部分は折り込むのではなく

ゆるっとさせて着用するのが

正しく可愛い、と言われて

え!?そうなの? ってね。。。

ふーん。。

 

ポケットは右手が自然に入る

フロントよりの右側と

左手が自然に入る

ヒップよりの左側の2箇所に

付けてみました。

これはいい感じなのではないかと。

 

この白のままでも可愛いよ、と

みんなが言うんだけど。

 

染めるまでもなく?

 

まぁ、それもありっちゃありよねぇ。

漂白出来るしねえ。

 

とか思いながら

染める作戦も続行です。

 

毎日やってる家事、料理。

お気に入りの服が汚れるのも

油が飛ぶのも気にせずに

料理に集中するためには

可愛いエプロンは

大事な相棒だから

いいのが出来るといいなと

思っております。

頑張ろう。

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今日も最前線で働いてくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝と愛と尊敬を!

 

 

 

 

 

STINA 着てみました

 

STINA のサンプルです。

これも自分で縫いました。

ので、サンプルには裏地ついてないけど

量産分にはもちろん着きます。

ポケット付けるの、

ちょっと上手になったかな。

サンプル縫い出すと楽しくてね。

 

 

小花と中花で随分印象が違います。

はいてみますとこんな感じ。

今日は昨年夏のSUMMER を合わせてみました。

緑は LADY M サイズ。

 

 

SUMMER の着丈が長くて

裾から出る分量が物足りない感じ。

ブルーは LADY L サイズです。

 

 

ちょっと着丈が違うだけで

印象が随分違う気がする。

このくらい柄が出ると嬉しいな。

柄物とか、あまり普段着ない色物とか

顔から遠い場所で使うと

違和感なくこなせます。

柄の分量をこんな風に

小さくするのもおすすめです。

 

この SUMMER も、

いろいろと改良して

秋1番の商品として

お出ししようかと思っていますので

どうぞお楽しみになさっててくださいね。

 

 

さて、こちらは探し直した

エプロンの素材です。

リネンの少し厚手のもの

そして、コットンの綾織テープ。

染められるものから

選んで送ってもらったサンプルです。

まずまず、納得のいく感じで嬉しい。

リネンは白、テープはオフ白。

これでもう一度サンプルを縫いますね。

そして、染工場に送る、

ということになるのですが

やはり少量だとかなり工賃が

高額になりそうで悩ましいところです。

染工場、実はネットの中で探してみました。

週明けに、見学に来てもいいよと

言ってくださった工場に伺って

いろいろ拝見して、伺って

相談してこようと思っております。

久しぶりの突撃です。

染工場、初めてなのでちょっとどきどきで

嬉しいなぁ。

 

そして、これは今日の新聞。

作る時期、コレクションの回数、

見直すよ、見直そうよ、と

こうしてトップブランドが

声を上げて下さることで

本当に変わっていくのだろうかと

大きく期待してしまいます。

 

 

私たちは私たちなりに考えて

会社を継続していく方法を探しながら

お客様にとっていい形を探しながら

良いものを作り、タイミングよく

嬉しい形でお届けしていく方法を

模索していきたいと考えます。

 

そんな中でトライしているのが

エプロン企画や

ウェブ限定受注生産企画です。

 

こうして悩みながら作る過程も

ぜひご一緒に見ていただき

楽しんでいただけるといいなと

考えております。

ブログやインスタで日々、

その様子をお伝えしていけるように

していきますね。

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今日も最前線で働いてくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

 

 

 

本棚と本

 

週末の More Summer Sale! には

たくさんのご注文、ありがとうございました。

暑くなって来ましたからね、

お届けしたものたちが

活躍しますように!

 

黒猫の本落とし攻撃に

閉口していたのもあって

昨日は本棚の整理をしました。

はみ出しつつあったので

久しぶりに、不要なものを

洗い出そうということで。

 

今回はコンマリ先生のときめき本の

「本」の部分を読み直して、

きっちりと全部出しました。

ここが一番決意が必要なところよね。

めんどくさい、と思ったら手が出ない。

 

とりあえず、この棚だけでも と

くじけそうになる気持ちをなだめながら

ひとつ取りかかると、

諦めというか、勢いというか がついて

とりあえず全部出すのは完了。

あぁ やっちまった。

途中でやめるわけにいかないように

自分で自分を追い込む感じ。

 

 

全部の棚に掃除機をかけて

固く絞った雑巾で拭いて

すっきりとさせてから

1冊ずつ検討。

 

 

やっぱりね、全部出して

1冊ずつ手に取らなくちゃダメ、という

コンマリ先生の理論は

すごいなぁと思います。

寝ていた本の気配を起こす、というのは

言い得て妙というか。

 

前回生き残った本が

今回はもういらないね、になったり

新しく大事に思う本が増えてたり

永久保存版って思ってたものが

そう思えなくなってたり

手に取ると、そこのところのジャッジが

はっきり分かるというか、出来るのが

ほんと不思議なんだけど。

そのこと感じる人がいっぱいいたから

世界的に売れてるんだろうと思うんだけど。

 

 

すっきり収まりました。

余裕もたっぷりできました。

しばらくはまた、大丈夫そうです。

 

処分、と決めた本は

売れそうなのは箱詰めし、

明らかに無理、というものは

リサイクルゴミに出します。

 

これもね、準備してた箱に

ピタリと収まる量なのよね。

ほんと不思議なんだけど。

これは BOOK OFF に

また週末に引き取りに来てもらいます。

 

ネットで申し込めば

集荷に来てくださって

気づくと口座に振り込まれているという

便利なシステム。

買取価格は安いけど

それほど思い入れのない

今人気の本なんかなら

これでいい、と割り切ってます。

 

コンマリ先生なんかは

もうほんの少ししか

手元に残していらっしゃらない様子。

ミニマリストの方々に至っては

本棚すらない生活の人たちも。

 

本 という存在が

自分にとって大事なものであるうちは

私はそんなに割り切って

捨てられるとは思っていません。

少なくとも、この家に住み続けて

この本棚があるうちは

ここに収まる量くらいは

持っててもいいよねって

ずっと思ってるような気がします。

本が本棚にぎっしり詰まってる

そういう風景も好きなのです。

でも、考え方も変わっていくので

今はこう思ってるよ、で

きっといいんでしょう。

 

さて、 昨日もご紹介しましたが

リバティのスカート STINA

受注受付中です。

早速ご注文くださったお客様もいらして

本当にありがとうございます。

どうぞご検討くださいませね。

 

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今日も最前線で働いてくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝と愛と尊敬を!

 

 

 

 

pagetop