引越プロジェクト

 

毎日読みにいくブログや

サイトがいくつかあるのですけれど

今日ほぼ日の中で読んだ

大好きなサカキシンイチロウさんの

おいしい店とのつきあい方。」というシリーズ。

今回も素敵な文章でした。

あぁ、こんな店にちょっと飲みに行きたくなる。

コロナで遠ざかっていたあれやこれやが

恋しくなってきます。

 

外に行けないから もあり

時間の余裕が少しあり

お料理頑張った、という方が

きっと多いんだろうなと思います。

わたしもそのひとり。

 

小料理屋ごっこ的なことをしたり

しておりました。(ひとりで 笑)

楽しいのよね、これが。

 

 

ジュリ先生のこの本の中の

夏の組み合わせ

 

焼きなすとミョウガの味噌汁

生姜ご飯

鯵ときゅうりの胡麻和え

 

の3点を材料も全部買って来て

(穂紫蘇は流石に買わなかったけど)

端から端までほぼきっちりと

レシピ通りに作ったら

もう、感動的に美味しかったの。

(なんということでしょう。写真がない!)

 

帰って来た娘に

食べさせるチャンスもあったし

自分のためにしてることだけど

それは誰かのために作る時にも

大いに役に立つこと。

 

料理上手になりたい、というのを

目的にしない方がいいって

ようやく気づきました。

自分が楽しい、美味しいものを

食べたいって

それが目的じゃないと

楽しくなくなるんじゃないかしら。

 

全部そうなのかも。

おしゃれ上手になりたいも

インテリア上手になりたいも

人からの目線や評価を

気にし続けてやっても

なんか大きく間違う気がする。

 

自分が気持ちいい

自分がハッピー

自分が嬉しい

ということを忘れると

本当に上手にはなれない気がするよ。

ね?

 

さて、本日はご報告がひとつ。

20年ずっと居させて頂いている事務所。

実は友人のご主人ご所有の物件で

格安で借り続けて20年。

あまりに安すぎて(ほんとありがとう)

どこにも移れなかったのですが

このたび取り壊しが決まり、

移転せねばならないことになりました。

 

なんということでしょう と

最初は大ショックで

落ち込んでいたのですけれど、

どこからか、いつの間にか

いい機会かも、という

新鮮な気持ちが生まれて来ました。

 

さて、どこに行くんだろうと

ぼんやりと物件情報などを見始めると、

いろんな場所が出てくるし

いろんなことを考えて

いろんな可能性を考えて

思いがまとまりません。

 

でも、予算には限りがあり

スタッフみんなの利便性を考えると

やはり近所に移るのがベストよね、と

場所の方向性をまず決定。

 

その中で探してみましたが

帯に短し、たすきに長し、で

表に出てきてる情報だけでは

やっぱりどうすればいいのか

わからなくなってしまった。

 

そこでずっとお世話になっていて

信頼している不動産屋さんに

連絡を取りました。

 

こういう状況で

こんなことを考えてて

物件を探してるのだけど、

どんなもんだろうかと。

 

成城学園前を中心に

この辺りの物件に詳しく、強い

地元の不動産屋さんで、

担当の方は10年以上の付き合いですが

とても気遣いの出来る、クレバーな人。

 

たくさん情報いただき、

いくつか実際に見せて頂いて

そうしているうちにだんだん

求めてるものの輪郭が

はっきりしてきました。

 

今までは、普通の

住宅用マンションの一室を

事務所にさせて頂いていたのですが

今度は遠慮せずに使える

事務所物件のほうが

気持ちが楽なんじゃないかと思うこと

 

今はインスタライブも

無理やり狭いところでやってるけど

撮影やライブがさくさく出来る場所が

欲しいこと

 

お客様にいらしていただき

ご試着会や、セールや、展示会も

パーソナルにご予約いただき

お買い物もしていただけるような

そんなスペースが作れたら理想的なこと

 

あぁ、わたしはこんな場所を

探してるんだね、と

ようやく見えてきたところで

ここなら、そういうことが可能かも、と

気になるスペースがひとつ。

 

外観のたたずまいも

風が抜けるような感じも

とてもとても好ましい気がする。

でも、ちょっと高い。無理か。

 

スタッフみんなで

何度も足を運んで確認して

うん、ここだね、ここがいいかもね

ここがいいよね と

自分の気持ちにも納得がいったところで

不動産屋さんに改めて確認と

価格の交渉をお願いします。

 

そこは彼が個人的にオーナーさんを

良くご存知な物件でした。

お家賃や保証金も

これだけしか出せないのですが

どうでしょうかという交渉を

間に入ってしてくださいました。

 

私のことも彼が長年

知ってくれてることもあり

なんとご了承いただけたのです。

本当にありがたいこと。

嬉しいこと。

 

不動産ってご縁だから

縁があるところには決まるし

決まらなかったら違うんだよ、と

思ってはいましたけれど

場所も正直最高だし

大きさも使い勝手も

これ以上は望めないのではないかと

今となっては思います。

 

とはいえ、前に長く借りてらした方が

出ていかれたまましばらく放置されてて

かなり痛んでるし汚れてるし、

荒れています。

キッチンとか、トイレとか

電気が切られてるのもあって

みんな怖がって入らないレベル。

 

 

手を入れなくてはなりません。

 

予算が最低限しかないので

自分たちで全部

作業するつもりだったのですが

なんと、マスク作りや販売を

いつも手伝ってくださってる

ものすごく有能な女性(関西出身)が

地元の”何でもできるおっちゃん”を

紹介してくださいましたの。

(工務店?をやってらっしゃる

ちゃんとした方です。笑)

 

その彼女も元々は、

うちのもう一人の最強スタッフ、

マリさん(まだ隠してるの)のお友達。

 

な、出来るやろ?

色々してあげてくれるやんな?

という彼女のセリフに

関西の血が騒ぎます。

厚かましい大阪のおばちゃんパワーが

全開になるタイミングは 今でしょう!?

 

とにかく作業は自分たちで

出来ること全部やるから

っていうかむしろやりたい、

ぜひあたしにもやらせてください!

(っていう、うざいタイプでごめん)

(スタッフにはとても迷惑)

 

壁のペンキ塗りとか考えただけで

頭に血がのぼるほど嬉しい。

海外ドラマのリフォームシーンが

脳内で今リピートされてます。

 

ペンキだってタダじゃないので

プロに安く仕入れてもらい

塗り方や下地の作り方などの

指導を受けつつ

支払いは最低限で

あとはビールでよろしく!みたいな。

(それで本当にいいのかおっちゃん)

 

本当に、まわりの皆様の

知恵やご縁や力を借りながら

生きてることをつくづく。

毎日毎日感謝しかありません。

 

とはいえ、作業は真夏になる予定。

通常業務もやりながらだし

今の事務所に詰まってる

20年分の荷物も断捨離しなくちゃだし

気が遠くなるくらい

ハードな夏になりそうです。

ということで

引越プロジェクトが始まります。

 

この様子もどんな形になるのかは

まだ不明ですが

とにかくお届けしていこうと

思っております。

 

引越しが完了した暁には

ぜひお客様皆様にも

様々な形でお越しいただきたいと

今のところはまだ妄想ですが、

ぜひ実現したいと思っておりますので

どうぞ楽しみにしていてくださいね。

 

 

そして、また別のことで

すごくすごく悩んでいたことに

結論を出しました。

これもそのうちに、

ご報告させていただきます。

生きていくのは大変だ。ほんと。

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今日も最前線で働いてくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝と愛と尊敬を!

 

 

 

 

«  |  »
pagetop