会社と決算

 

弊社の決算は7月末です。

春夏の商品がひと通り出尽くして

セールで在庫も軽くなり

秋のものが入ってくる前のタイミングで

一旦1年の締めをする、ということに

するようにしてもう随分になります。

 

最初は12月。

次に3月にして

そういう”普通の会社”的な考えでは

必要なものが見えないことに

ようやく気づくようになって

7月に落ち着きました。

 

それでもこれまではずっと

税理士の先生にお任せで

ある程度のものはまとめても、

かなりの部分をお願いしておりました。

 

去年の8月1日から

レシート1枚の入力から

全部自分でやるようにしています。

 

給与計算も、

社会保険の手続きなども全部。

 

そうすると、今まで見えなかったことが

色々と見えてきます。

 

控除したものは預かって、

あとでまとめて納めるんだけど

それにプラスして会社が負担するものが

こんなにあるんだねとか

労働保険と雇用保険、

住民税、健康保険、厚生年金の

それぞれの納め先、納め方、

性格や意味の違いも分かるようになったし

どんな時期にどんな作業が必要なのか

そういうことも見えてきました。

 

使った細かいお金が集まって

大きな経費の塊になること

服を作るのに使うお金と

出来上がってきた服の価値。

 

プラスが出なければ

コーヒーの1本も買えないこと

 

会社における

お金の流れというものが

ようやく少し掴めるようになったような。

 

21年目にして、何いうとんねん、

お前はアホか と

言われてもしょうがないけど

正直な気持ちです。

それでも、まだまだ。

まだまだです。

 

単純なプラスマイナスなようで

でも、決してそれだけじゃない。

在庫もあれば、

工場に入って作られているものもあるし

今この瞬間に売れているものもあります。

モノもお金も常に動いているものだから。

 

売上の目算は

コロナみたいなことが起こると

狸の皮算用でしかありません。

それでも、何が起こっても

次にどこを目指すのかを

見えるようにしておかねば

どこにもたどり着けずに遭難してしまう。

 

夢と目標はある意味イコールで

ゼロから作り上げていくもの。

 

会社というものは

人と、思いで

出来ているものなのだと

そんなことにも気づき始めてます。

 

 

明日はインスタライブの日。

この写真で Saya がはいてるスカート、Melanie

本当に良かったですーというお客様からの声が

とても多いのですよ。

はきやすくて、なんとも愛らしい1着です。

ムービー見ていただくと

質感など、とてもよくわかるかと。

ぜひお試しくださいね。

 

 

 

今日の空は白い雲に覆われています。

外と繋がっているような大きな窓。

気持ちいいなぁ と思いながらの毎日です。

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

気がつくと9月ももう10日!

えーっていうくらい日が経つのが早い。

いろいろ急がなくっちゃ!!

 

 

 

 

«  |  »
pagetop