無限大

 

クリスマスまで後10日、と

ラジオから流れる声が。

 

急に焦燥感に駆られたりします。

何もしないのに。笑

 

 

事務所でツリーを飾りましたよ。

ちょっとクリスマスな気分。

 

忘年会もクリスマス会も

まぁ何にもありません。

 

だからこそ、こんな風に

自分たちで嬉しい気持ちを

作るのも大事なのかな。

 

ツリーを見るたびに

やっぱりちょっと

心がふわっと愉しい感じです。

 

どこにも行けなくても

おしゃれして

実家や兄弟家族に送るものを

近所のデパートに選びに行こう。

 

それだけのことでも

やらなくちゃいけない用事じゃなくて

貴重なお出かけの機会にしよう。

 

しっかり相手の顔を思い浮かべて

「妥当なものを」じゃなくて

喜んでもらえそうなものを

想像しながら選ぼう。

そのほうがきっと自分の気持ちも

嬉しいに違いないものね。

 

28日までの仕事の時間には

暖かくなった頃に

欲しいものはどんなものか

イメージを広げて

企画にも没頭しよう。

 

企画するにも

作るにも届けるにも

より良い楽しいやり方を

模索し続けよう。

 

ひとつひとつの

些細な毎日のことでも

自分の気持ちの中で

イベントのように

大事に考え、楽しもう。

 

忙しさの中で

ぞんざいに扱ってきたことを

丁寧に取り出して

見つめ直してみると

いちいち面白かったり

楽しめたり。

 

週末には、意識して

動画サイトや SNS を見ることに

ブレーキをかけてました。

楽しくてあっという間に

時間が過ぎてしまうからね。

延々とドラマを見続けたりすると

本を読むこと

文字を書くこと

自分の頭で考えることの愉しさを

忘れてしまいそうで

ちょっと怖くなってます。

 

頭の中が動くままに

考えるままに動かしてると

面白いもので、

いろんな風に思いが飛びます。

 

冬の間は近くの低山を歩いて

楽しみながら足腰を鍛えたいのだけど

どこに行こうか?

と、東京近郊ハイキング的な本を

何冊も何冊も読みました。

 

昨日のブログに書いた通り

サステイナブルなことに

頭を持っていかれていたので

ビーガンについてネットで調べたり

日本で例えばオーガニックの麻を

作ってる場所はあるのだろうかと

ふと思い調べ始めてみましたが

そんなに容易くは

たどりつくもんじゃないことに

気が遠くなりました。

 

これは仕事しながら

意識して情報収集していくことに。

縮系の反物で有名なところ、

小千谷や近江にはきっと

麻の産地があるはずなんだけど

洋服に使えるような反物を

作ってるところがあるのかどうか。

そういうのも、探索してみよう。

 

朝のゴミ捨ての時に

マンションの敷地に落ちてた

実を拾ってきました。

こうやってみると可愛いね。

 

植木鉢に植えてみました。

芽が出る子がいるといいな。

 

長くなり過ぎてたアイビーを

カットしたので

丸めてリースにしてみました。

壁にかけると部屋にグリーンが入って

なんだかいい景色になりました。

 

 

昨日読んだ本に

着た服にはブラシをかけて

陰干しすれば洗う回数を減らせると

書いてあったのに影響を受け(単純)

前日に着てた RENEE にブラシをかけました。

で、ちょっと外にかけたいだけなんだけど

適当な場所がない。

 

というところで思いつき、

タープやテントを張る時用の

ロープを引っ張り出して

思いがけずロープワークが役に立った!と

にまにましながら物干しロープに代用。

 

1日陰干ししたら

ついてたはずの匂いも消えて

取り込む時にはひんやりと

外気のいい匂いがしました。

ロープも簡単に撤収できます。

 

なんでもできる

どこにでも行ける

そんな時代の

きっとほんの少し前には

自分の住う場所の地域の中で

暮らし、働いていた時代には

暮らしの中で起こることが

全部だったんだよね。

当たり前だけど。

 

季節ごとの暮らしのしつらえや

旬の食べ物を楽しむこと。

 

暑さ寒さを凌ぐために

必要に迫られてすることだったり

その季節に取れるものしか

食べられなかったからだけど

それでも、そうか、

もうそんな季節になったかと

ひとつひとつの身の回りのことに

時間と手間をかけることは

改めて考えると

とても楽しい豊かなことに思えます。

 

忙しいから、と

見ないふりをして

しないことにしていたことを

思い出して大事にきちんとやることは

誰のためじゃなくても

自分のためだけでも

やってみるといいことだよねって改めて。

 

ハードルを下げるたびに

幸せの量が増えていくのと一緒ですね。

楽しみは、自分で作れば無限大なんだ。

 

だから、どこにも行けない

何も出来ないと嘆くより

全部の時間を

どうやって楽しんでやろうかと

腕まくりして考えることに決めました。

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今も最前線で戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

 

 

 

 

«  |  »
pagetop