大死一番

 

銀行の最終営業日は

わたしの最終営業日です。笑

 

絶対に混むよね、と

たやすく想像がつくので

朝一番から動く方向で。

 

雨で、

おまけに気温も下がってたので

かなり初速が遅い感じで

無事に全て滞りなく終了。

これでやっと大きく息がつけます。

 

無事に年越しできたのは

一重にお客様と、

支えてくださった全ての人のおかげです。

取引先のみなさまにも

スタッフのみんなにも

そして家族にも、

本当にお世話になった年でした。

感謝。

 

1年で一番大きな

安堵のため息をつく日です。

 

ありがとうございました。

 

 

今年1度も行けなかった

お習字に昨日の夜行って来ました。

 

昨年最後に書いていただいたのが

「福始」という字。

いつになったら福が始まるんやろうと

ずっと眺めてて

ある日 福を始めろってことか、と

気付いたということは

以前書きましたが、

見るたびに勇気をもらう書でした。

 

今年いただいたのは

「大死一番」 という言葉。

なんか怖い字が入ってるやん。

 

調べると

一度死んだつもりになって奮起すること。

死ぬ覚悟で何かをしてみること。

という意味だとあります。

 

でも先生からは

大きな何かを捨て去ったことは

ここからもっと良いものを

本当に価値あるものを

得るということですよ、と

何も話してないのに、やっぱり

なんか見えてはる、と

ぞわっとするような

でも温かな言葉をいただきました。

 

久しぶりに会った友人たちと

軽く晩ご飯を食べました。

全員自分で独立して仕事してる仲間。

お互いの戦い続けた1年を語り合い

頑張らなかった人なんかいないよね

えらかったよねあたしたち、と。

 

ひとりものばかり

実家には誰も帰れない年末。

来年はお習字も、

もうちょっと行けるといいよねって

話しながら別れました。

 

最後に事務所に戻って

これを書いています。

銀行の帰りにここに座って

ブログを書くんだ、と

考えるだけで嬉しかった。

そのことが嬉しかった。

この場所を作れたことは

きっと次につながること。

 

なくしたものではなく

持ってないものではなく

今手の中にあるものに感謝して

それを広げていけますように。

 

誰かを支えられるように

誰かを幸せにできるように

そんな力をつけていけますように。

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今も最前線で戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

 

 

 

 

«  |  »
pagetop