片付けは続く

 

昨日も STAY HOME。

今回の緊急事態宣言中も

真面目に自粛しております。

 

毎日すべき家事をして

食事も自分なりに

納得のいくものを食べ

身体もちょっと動かしたり

すごく早い時間にお風呂に入ったり

リラックスもして、過ごしました。

(相変わらず、充実はすれど

結構つまんない。。。笑)

 

朝、白いノートの一番上に

What do I actually want? と書くのも

続いている日課。

 

毎日心が飛ぶ方向が違って面白い。

昨日は家の中のことに

心が向かったのですね。

 

”すっきりした空間。

使いやすく美しく、COSY な

部屋やコーナーがそこここにある

そういうスペースで暮らしたい。”

 

と書きました。

日によって、キャリアとか

パルレシフォンの仕事とか

楽しみとかいろんなことが浮かぶので

頭に浮かんだことを

躊躇せずにがしがしと書くのです。

 

で、昨日はそんな感じのことを思い

そうやって書いたら、

さぼる気満々だったけど

納得のいかない場所だらけの

家の中を見回して

さぼってたら1mmも良くならないよねー と

頭が考えました。

 

ちょっとでも何かすれば、

ちょっとでも良くなっていくはず。

10年くらいほぼずっと

随分さぼり続けてるんだよねぇ。

これ、毎週ちゃんとできてたら

今頃はどんなに心地いいスペースが

作れていたことか。あぁ。

 

昨日のミッションは、

オークション代行業社に

出そう出そうとして

まとめられてなかった荷物を

ダンボールに詰めることと

廊下にある棚上段の整理。

 

それぞれに1時間ずつ

割り振り、ほぼ時間通りに完了。

 

廊下にある棚には

洗剤やトイレットペーパーや

様々なもののストックを

入れているのですが、

石鹸などの匂いの立つものと

キッチンで使うラップなどのストックも

一緒になってるのが

ずっと気になっていたのでした。

 

キッチンで使うものを

キッチンに運びましたが、

また、これどこに入れるねん?です。

結果、キッチンの棚の中もまた

整理をすることに。

 

この間の着物の整理の時もそうでしたが、

ある場所から適正、と思う場所に

ものを動かす場合に、

そこにものを受け入れる余地がないと

結果2箇所を片付ける羽目になるのですね。

ま、片付けられる場所が増えるのだから

悪くはないのですけれど、

なんか損したような気持ちになる。

 

先週末と昨日と、2日だけなのに

快適に使える場所が目に見えて増え

実際に少し暮らしが楽になります。

それに加えて

こうやって少しずつでもやっていけば

いつか理想的な状態に近づくのではないかと

そんな気持ちを持てることもまた

嬉しいことのひとつです。

 

今回片付けたところも、

時間が経つとまた崩れるし

ちょっと違ったよね、ということも出てきます。

ものの総量を減らさない限り

これは堂々巡る問題。

ものを減らすことも意識しながら

やり続けるのですね。

自分も変化していくし、

使うものも、暮らしも変化していくのだから。

 

とはいえ、あまり楽しい作業ではないことは確か。

ソファに座って本を読んでる方が

そりゃ、楽で楽しいよ。

 

少し手をつけられているのは

気温が上がってきたせいもあると思ってます。

寒くて震えそうな時には

寒い部屋に行って片付けとか

ほんと、いや、また、今後、ってなりますもの。

日も長くなっていくし、今くらいの季節から

暑い夏が来るまでのしばらくの期間は

うまくいきやすいチャンスなのでは!?

 

なので、もうひとつ頑張れる理由をつけようと

自分で自分に報酬を出すことにしました。

2時間程度の作業1回2000円。

このあいだと今日で4000円なり。

 

10回やれば20000円貯まる計算。

 

それはずっと買えずにいる

新しいブラインドを買うとか

ソファのカバーを変えるとか

とにかく、家の中の細々としたこと

インテリアを良くするための経費にしようと

そういう作戦です。

だいたい時給1000円ですね。

 

まずはクローゼットルームに

つっぱり柱を立ててハンガーラック的なものを

増やしてここに洋服を全部まとめる&

すっきりさせるための材料を買う経費にしたい。

8000円もあれば、買えるかなと思ってるので

あと2回ね。

 

さてさて、この作戦はどうでしょうか。

自分で自分に払うんだけど

俄然やる気になるのは何故?

ほんと単純というか現金というか。

 

あれやこれや、

なんとか知恵を絞っても

自分を手なずけるのはなかなか大仕事だ。

こんなこと書いてたよねって

あとで顔を赤くしてあやまらずに

すみますように。

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今も最前線で戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

 

 

 

 

«  |  »
pagetop