テレビ

 

楽しみに見ているドラマが

ほとんどコンピューターの中のものに

なり始めていますけれど、

「おちょやん」と

「青天を衝け」を

今のところ逃さずに見ていて

楽しみにしています。

 

日々のスケジュールに

極力影響を受けないよう

録画して見ているのですけれど

テレビでないと見られないから

テレビを処分する案件は

棚上げとなりました。

 

なんだかんだ言っても

毎朝ニュースは見てるのだし

日曜日には、

サンデーモーニングも流してる。

土曜日には阪神の開幕戦2試合目を

結構真剣に見たりしました。

(佐藤くん楽しみすぎる。)

(開幕3連勝って。喜。)

 

テレビの前に座る習慣がつくと

コンピューターの中で見ていたものも

大きな画面で見たくなったりして

Amazon Prime Video も

Youtube も

テレビ画面で見ることが増えます。

 

家で使っているのは

小さなラップトップと

タブレットなので

どこにでも持って動けていいけれど

画面自体は小さいものです。

 

テレビだってうちのは

そんなに大きくはないけれど

それでもね、タブレットと

比較すれば随分大きい。

 

テレビを置いている台の位置が

少し高いので、ちょっと見にくいのです。

そして、ソファに座って見ようとすると

眼鏡がないと表情が見えないという

若干不自由なことになってるので

まずはこの台を変えるのか。

テレビの位置を変えるのか。

ソファを変えるのか。

いろいろ、リビングの使い方や

配置について思案中です。

 

テレビをやめて

プロジェクターにしてしまうという

思い切った方法もありといえばあり。

持ち運びできるやつなら

いろんなところに持って行って

使えるようだし。

 

週末には

溜めていた番組を見ながら

そんなことを

つらつらと考えてみたりしました。

 

テレビねぇ。

子供たちはもう見ませんよ、と

そんな話もよく聞きます。

とはいえ、何かしらの動画を

何かしらの画面で見ていることには

変わりなく

それがモニターというものなら

テレビであれ、携帯であれ

大きな画面で見たいというのは

ついてまわるのではないかと思います。

 

テレビの番組表をじっくり見ると

ドキュメンタリーや歴史、旅行ものなど

結構面白そうな番組が

いろいろとあるのですよね。

BSチャンネルなどもすごく増えてるし

食わず嫌いをやめて

試してみてもいいのかも。

 

テレビがリビングの主役の時代は

それでも続くのかな。

映画であれドラマであれ

モニターの前に座って

くつろぐ、というのは

とても幸せな時間の過ごし方だから

それはきっとなくなったりは

しないのだろうな。

 

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今も最前線で戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

 

 

«  |  »
pagetop