靴 ひとつから

 

靴箱に並ぶ靴は

今  全部自分の靴です。

結構あるなぁ。

 

身体はひとつで、

基本的には1日に1足しか履かないもの。

 

週に1回くらいは履いてもいいような

立ち位置の靴なのに

なかなか選ぶ気にならないなら

きっといつまでも出番が来ないやつ、と

検証するような気持ちで

このところ 、手持ちの靴を眺めています。

 

スニーカーは

何足あれば適正なんだろう。

 

雨の日のためのもの、

大雨の日のためのもの、

着物の時の草履や下駄、

夏の靴、冬の靴、登山のための靴 

ゴルフシューズ。。

特別なシーンのための特別な靴。

 

結構な数量の靴を持ち続けています。

それでも、多分、

かなり少ない方だと思うけど

どうなんだろう。

 

着物のためのものまで考えると

頭が痛くなります。

第一礼装の時、喪服の時、

普段のもの、夏の下駄、

洋服と同じようにシーンに合わせて

必要なので、出番は本当に少ないのに

それがないと、着物そのものが

着られなくなるのですよね。

悩ましい。

 

毎日履くと靴が痛むから

スニーカーといえど、

できるだけ間1日以上は開けて履きたい。

となると、一足というわけにはいかないし

二足でもちょっと忙しい。

やっぱり三足はあるといいのか。

でも、毎日スニーカーってわけでも

ないんだけどね。

 

会社と家の往復が日常の中心で

歩くようになったから

そして、苦もなく歩けることの

快適さに気づいてしまってから

スニーカーは、

とても大事なものになりました。

 

着物に関しては、大事にするもの と

自分の中で位置付けているので、

着物のための履き物は必要なものたち。

 

登山用の靴は2足あるけれど

登山は続ける気満々なので

これも大事な靴です。

って言いながら、

月に1回も行けてないんだよね。

 

でも、ゴルフシューズはどうなんだ?

数年前に1回行ったきりですが

買うとなるとまたお金がかかるし

もう2度と行かないかと言われると

また行ってみたい気持ちは残ってる。

 

靴箱の中には、スペースはある。

無理に捨てる必要はない

けれど?

 

一事が万事、そういうことだ。

ものを持つというのは、

そういうことなんだなぁ。

 

100個のやることリスト。

全部やったら、

そして、全部を大事にしたいなら

時間が足りるわけがない。

 

例えば

サーフィンをやります

ロッククライミングをやります

ダイビングをやります

 

って書いてるけれど

1回だけでいいのかな?

続けたいかどうかは

それが好きかどうかは

やってみないとわからないけれど

続けるにはお金も時間も情熱も必要。

何に注ぐのか決めたら

他のものは、

捨てるしかないんだってことに

気づき始めてます。

 

体力も、時間も、お金にも

限りがあり、

自分の持っているそれらのものを

何にどのくらいかけるのか

それがどれほど自分にとって

大事なことになっていくのか

そういうことは

選んでいくしかないんだ。

 

ひょっとしたら

2度としないかもしれない

テニスラケットやゴルフクラブ。

弾くことのないウクレレを眺めながら

それを持っていることの意味を

考えるようになりました。

 

まだね、答えは出ないし

急いで出すようなもんでも

ないかなとも思ってます。

そのうちに、思い切れるタイミングは

やってくることもわかってきたから。

 

靴箱を眺めながら

思いはいろんなことに飛びました。

ずいぶん、整理は進んでるけど

進まないところは、

考えることはやめずに、

心が決まるまで放置です。

 

 

***********

暖かく晴れるという予報だったから

歩いて行くつもりだったけれど

車で出かける予定が入っていたのを

思い出して出鼻を挫かれました。

 

先週に引き続き着用してます。

裏毛のワンピースです。

家の中にいると、

なんだか寒いような気がして

ファーのベストをプラスして

コートも持ってきました。

暑ければ脱げばいいしって

車ってなった途端に

荷物は気軽にどんどん増える。

 

 

なんというか

木曜日くらいになると

疲れてるな、自分。笑

 

***********

throw away no. 51

 

これは何かといいますと、

パリの merci で買ってきたエプロンです。

大好きなリネンのエプロンですが

merci のは白をもう一つ持っていて

PCI で作って販売した真っ赤のもあります。

簡単な台所仕事の時には使わないし

使用する頻度はさほど多くなくて

2枚あれば、洗い替えとしても十分。

3枚いるか?と

随分前からもやもやしてましたが

大好きだし、パリに行った思い出だし

また欲しくなっても

なかなか手に入らないし と

手放す気になれずにいました。

でも捨てる練習を繰り返している中で

やっと決心がついたみたい。

娘が欲しいと言ったら

譲ろうと思います。

(先に捨てるものがいっぱい

他にあるような気がするんだが。)

 

本日も、お越しいただき

ありがとうございます。

 

[Disigner_ Kahoru Yamada]
Instagram_daily style
[PCI official]
Instagram
Facebook
YouTube
«  |  »
pagetop
©2022 PCI