日曜日のキッチン

 

昨日お買い物に行って

作ろう、と思ったまま

作らないで持ち越した餃子と

コロッケを作るのが今日の目標。

 

 

餃子を作るのに参考にするのはこの3冊。

こっちに載ってないことはここから

こっちでわからない様子はこっちから と

これでようやく

「私の作りたい理想の餃子」に関わる

欲しい情報が全て

網羅されたように感じてます。

 

餃子は皮から作るのですが

ウーさんの新しい本には

粉から作る場合の細かい手順がたくさん

写真とともに解説されていて

今回はかなり完成度が上がった気がする。

 

 

皮もずいぶん均等に丸く伸ばせるように

なってきたしね。

整形も丁寧にやって大丈夫、と思えたし。

 

 

薄力粉と強力粉を合わせて150gで

30個分の皮になりました。

全て茹でて水餃子で少し

それを焼いて少しいただきました。

 

 

いやー、なんというか、愛情?

皮から作った餃子の味わいは別格です。

 

まー時間がかかるので

平日には絶対に無理。

気持ちと時間に余裕のある時にしか

作れない代物だけど

これの冷凍があるだけで

心が休まります。

好きな時に、ちょっとだけでも

自分好みの餃子が食べられる喜びを

冷凍庫に仕込んでおくのだ。

 

で、今日はもうひとつ仕込みました。

我が家では肉じゃがコロッケと称されています。

 

 

長ネギと牛スネ肉を刻んで炒め

肉じゃが風の味をつけて、

蒸したじゃがいもと混ぜて作ります。

揚げておけば、温めるだけで

心休まるおかずになります。

 

週末の使い方としては、

こういう方向が正しい気がする。

食料品の買い物も含めて

平日を支えるための時間。

(って、”食”だけやん)

(いや、シーツも洗ったし)

 

これは家事とも料理とも違う

趣味 ですな。

だって、自分しか食べないんだよ。

自己満足でしかない。

 

死ぬまで自分で作ったものを

機嫌よく美味しい!と言いながら

食べていたい と思うなら

今日、そんな生活をして

明日もそんな生活をすること

そして、それを毎日毎日、

コツコツと続けること

それ以外にきっとありません。

 

料理も掃除も洗濯も

楽しい面白いとこなせたら

暮らすこと全部が

楽しくなるに違いないのです。

 

80歳になって急にあれこれ上手に

できるようになるとも思えない。

今日がつながって、

20年後、30年後になるのだから

日々の暮らしというのはほんと

大事なものなんだ。

元気で長生きの

根幹に関わることだ。

 

同年代に宅配弁当を取ってる方が

すごく多いと母が言ってたのが

こたえてます。

料理が楽しく出来なかったら

自分で作ったものでなくても

大丈夫だったら

そうなっちゃうよね。

 

ご飯を美味しく炊くこと

しっかり出汁を取って

美味しい味噌汁を作ること

自家製の漬物があることだけでも

心とお腹は満たされます。

これが苦もなくできる暮らしを

ベースに作っておきましょう。

 

なんてことを考えながら

あー楽しかった。

なんかへとへとだよ。

立ち続けて腰が痛いよ。

こういう作業は時間がかかっても

最後に美味しいものにありつける

喜びがくっついてるからいいよね。

 

 

***********

throw away no. 112

 

 

食洗機用の洗剤。

食洗機はここ数年使っていません。

お客様が多い時には、と思って

置いてありましたけれど

どんなにいっぱいお皿が積み上がっても

私は手で洗いたいのだと

ようやく認める気持ちになりました。

食洗機に入れられるものは

調理用の鍋やボウルくらいのもので

食器も箸もカトラリーも、

あまり入れたくないものが

多くなってきていますしね。

1枚ずつ、1個ずつ

丁寧に洗い、拭く作業が

日に日に好きになってるので

これは、もう必要ないのです。

流しの下がまた空きましたよ。

 

本日も、お越しいただき

ありがとうございます。

 

[Disigner_ Kahoru Yamada]
Instagram_daily style
[PCI official]
Instagram
Facebook
YouTube
«  |  »
pagetop
©2022 PCI