同窓会に着ていくもの

中学高校の同窓会が開かれるということで
週末にかけて関西に行って参りました。
ギリギリまで仕事をしており、
美容院へ行く時間もなく
朝早い新幹線にどうにか飛び乗り
疲労困憊してたどり着いた、という感じだったのですが
楽しかったこと!

皆それぞれに立場や置かれている状況は違うのですが、
相変わらずパワー全開でみんな素敵!

中高時代は部活動とお洒落と恋愛のみしか
頭の中になかった私は
当然、優等生グループではなく、
当時から考えると雲の上のようなひとたちにも
優しく話しかけていただける嬉しさ。
高校時代口もきいたこともないようなひとと
仲良く話せる楽しさ。
大人になるって素敵なことだなぁと思いながら帰ってきました。

そして、私には最強の友人たちがいる!という確信。
心強いなぁ。

大げさでなく自分らしく着心地よくっていうテーマで
何を着ていこうか最後まで悩みましたが、
春夏の黒い袖なしワンピースTHIERRYに
パールボタンのカーディガンKELII のグレイを重ねて
ボタンは3番目のみ閉めて、首もとがつまらないように
足元は透けないように120デニールの黒いタイツをはいて
8cmの太ヒールの黒い靴で量感を出し、
ちょっとでも足がほっそりきれいに見えるように
と手持ちの着やせテクニックを総動員。
皆に痩せた?と言ってもらいました。へへへ。

鏡の前で納得のいくまで
コーディネイトを考えておくことで
時間がない時にも迷わず選べるセットが出来上がります。
ちょっとおしゃれして出かける予定の前には
事前に時間を作って、靴やタイツや下着まで
とっかえひっかえしながら、
着心地よく、いい感じに見えるベストの組み合わせを研究します。
カジュアル部門、ちょっとおしゃれ部門、真面目仕事部門、
いい女コスプレ風、いいとこ奥様風とかいろんなバージョンで
それぞれにいくつかずつ自分コーディネートセットが出来て来ると
そのシーズンのおしゃれがどんどん楽しくなります。
黒いバッグがあればいいのに、とか
きれいな色のストールがあればいいのに、とか
こういうものをプラスすればいいというのも
かなり明確に見えてきます。

これはとっても楽しい時間。

お化粧もちゃんとして、
髪もちゃんと仕上げて、
ぜひ一度やってみてくださいね。

そして、仕上げのアイロンとホコリとりも忘れずに。
セーターでも、蒸気をあててしゃんとシワをとり
ワンピースのスカートにもぴしっとアイロンをかけ
コロコロでホコリや猫の毛をきりきりと取ります。
会場に付く頃にはもちろん、
スカートに新しいシワが出来ていますけれど、
きちんと手入れした服を着ていることは
基本的な自信につながりますもの。

シャネルスーツが素敵なひとは、
そういうライフスタイルのひと。

背伸びするのは格好悪いと思えるようになったのが
高校生時代とはちがいます。
ちょっとは成長してるようです。

クリスマスとお正月のおしゃれを
そろそろ考えておかなくちゃ。
クリスマスディナーやホームパーティ、
初売りで売り場に立つ元旦の服や
実家で久しぶりに会う家族と過ごす時間の服。
場面に合わせて想像力を働かせて
「こんな風に見えたい」という気持ちも大事にして
着心地のいい素敵な着こなしを。
持ってるものには限りがあるけれど
いろいろ試してみようと思います。

そんなこんな場面に使えるかも、という
コーディネイトセット企画、今年もやりますよ。
来週にはご案内予定です。
どうぞご期待くださいませ!

 

 

«  |  »
pagetop
©2022 PCI