針を持つ

 

洗濯をして、乾かして、畳む という

一連の仕事の中で見つかる

穴のあいた靴下や、ほつれたタオルや枕カバー。

ひとまとめにして、1週間に1度くらい

繕いものや縫いものの時間を作ります。

 

針を持つ、というその時間に

とても心休まる気がするのは、

そういうことが本当に好きだからだなぁと思います。

 

img_0513

引っ掛けるところがなくて、毎度イラッとしてた台所の布巾に

ひっかけるところをつけました。

適当なテープが家になかったので、

刺繍糸を4本取りにして鎖編みしたものをつけて、

使いやすくなって、ささやかに嬉しい。

 

老眼が進んでるし

昔ほど日々手仕事をしていないから

指先の動き方もちょっと納得いかない感じで

技術的には下手くそになってる気がするのだけど

補って余りあるのが根気強さ。

じっくりひとつひとつの工程を手を抜かず

急がず、丁寧に出来るようになってます。

歳を重ねるっていうのはそういうことね。

 

失敗したら、ほどいて最初からやり直すことも

途中でやめて、また今度、と思うことも

そして、続きにまた取りかかることも

昔はなかなか素直に出来なかった気がします。

 

手を抜かなかったら、

仕上りは、やはり自分的には満足のいくものになるのです。

ま、恥ずかしいくらい簡単なものしか作ってないのですけどね。

小さな仕事でも、出来上がると嬉しい。

 

img_0515

 

サンプル縫った後に残ったローンのチェックを正方形に切って

4辺をまつっただけのもの。

ウチのミシンは会社に行ってしまってるので、

家での縫い物は基本手縫いです。

3つ折端は縫う直前にアイロンできちんと折り目を作ってから、とか

そういうことを手間だと思わず、出来るようになりました。

ふわりと軽くてやわらかな質感の布なので

お弁当がきゅっと包めるよね、というのが作ろうと思ったきっかけ。

お弁当包むいい感じのものがあまりなかったので嬉しい。

 

img_0514

 

曲げわっぱのお弁当箱に

ちょっとしたものを詰めて

市原平兵衛商店のお箸添えて

手縫いのリネンでくるんで持って行く

 

暮らしのひとつひとつのシーンが

ささやかでも気に入ったもので彩られていくと

日々の一刻一刻が

豊かなものになっていく気がします。

 

やけにチクチクしたい気持ちになってるのは

ちょっと「べっぴんさん」の影響もあるかもしれないです。

あれ見てると、昔や今の自分のこと見てるみたいな錯覚に陥ることがあり

未だ試行錯誤する毎日の中、勇気をいただいています。

そして縫い物が好きだから

洋服屋になってるんだなぁ わたし と

あらためて感じたり致します。

 

 

ショップはこちら↓

http://webshop.pci-shop.co.jp/fs/pcishop/c/grpci

Instagram こちらもどうぞよろしくお願いします!

https://www.instagram.com/carupciyamada/

«  |  »
pagetop