パリのこと続き。その2

 

アトリエセールへのたくさんのご来場、そして、

週末 Special Set へのたくさんのご注文、

本当にありがとうございました。

日頃ご愛顧いただいているお客様に、

少しでも感謝をお伝え出来たら嬉しいことです。

今年も残すところあと2 weeks!

例年通り、福袋もご用意致しますので、

またどうぞご用命くださいますようお願い申し上げます。

 

とか、通常業務に取り混ぜながら、パリ日記続きをさらっと入れていこうと思います。

(完全に備忘録ですので、お気になさらず。。)

 

どうにかこうにか4時間 眠ったあたりで 日本の百貨店担当者からの電話が深夜に鳴るという

恐ろしい事件(!?)で目が覚めた後、

(この電話は出ると先方にも大迷惑な電話代となるのでスルーです)

また3時に目がぱっちり。

いきなり仕事始めてる自分もどうかと思いつつ

コンピューターに向かって、どうにか朝を迎えるという毎日。

 

月曜日。

近所のラデュレ、前回は工事中ということで入れなかった

カフェスペースでの朝食に再度トライ。

今回はちゃんと入ることが出来て、

評判のフレンチトーストと、定番のカフェオレをいただきました。

大満足の美味しさだけども

こんなものを毎食食べていたら

身体を壊すこと間違いなしのそれいけカロリーズな感じよね、と

そろそろビビり始めてます。

 

 

この日はホテルのある地区、

サンジェルマンデプレ界隈を歩き回る予定の日。

おしゃれなお店が密集しているところなので、

お土産用のショッピングをしたり

あっちこっちとうろうろ歩きまわりました。

 

 

わたしの目標地点はただひとつ

Bonpoint のメゾン。

 

 

圧倒されました。

胸のドキドキが止まらない感じ。

 

予想以上の広さ

予想以上のクオリティ

予想以上に可愛すぎる店内空間

 

圧巻です。

 

この世界観がベースにあって、

あの可愛い店頭があることを

ようやく理解出来ました。

 

そして、「メゾン」というものがどういうものであるべきなのか

全身で理解したというか。

 

遠いなぁ。遠すぎるなぁと思いながら

いやいや、妄想ですら描けなくて、どうやって現実にするんだとか

訳のわからないことを考えながら

あの時間以降ずっと

パルレシフォンの理想を考え続けています。

 

買い物もしないくせに店内で写真を撮るというのは

明らかに業界の人ですよね?ぽくて憚られて、

ほとんど撮れず。目の中に焼き付けて来たのでした。

 

あぁぁぁぁ!!!可愛かった!!!

作っているのはジュニアサイズだから

あの世界観は違うんだけれど、違っていいんだけれど

パルレシフォンのお客様、小学校高学年から中学生の女の子たちと

そのご両親やご家族が

楽しみながらゆったりとお買い物していただけるようなスペース

わたしが刺激を受けたように

可愛いね、素敵ね、と感じられるような空間を

いつか作りたいと 妄想はとどまるところを知りません。

ここに来られたことだけでも、思い切ってパリに来て良かった!と

心底思うことが出来ました。

 

思い出すとまた興奮。笑

 

その後、カフェでランチしようということになり、

あまりに有名な Les Deux Magots は避けて

その近所にあって雰囲気がすごく良かった Cafe de Flore というところに入ることに

って、後から気づいたのですが、ここの方が有名なくらいのとこでしたね。

定番中の定番、クロックマダムやクロックムッシュをワインと共にいただいて

パリのカフェでランチ、という日本でもある意味シミュレーションしまくってる行動を本場で。

周りが全員外人、日本語が通じない、石畳、綺麗な街並み、パリ! ってことで

もうね、それだけでもね、十分なんだけれど

本当に美味しかったし、ギャルソンのサービスの素晴らしさにも目を奪われて充実のお昼ご飯。

 

午後はレアール方面に。

アニエス・ベー発祥の地を感慨深く訪ね

 

 

ドログリーで毛糸や手芸用品を覗き、

パッサージュを歩いてみたりして、

日本人シェフがプロデュースしてる 素敵なTHE GYOZA BAR というところで

美味しい餃子をいただきました。

 

パリね、寒いのにね、トイレが冷たい。

油断して座ると心臓が止まりそうになります。

ホテルですら、ウォシュレットはおろか、ウォームレットですらない。

で、この店でパリ初、最新型TOTO のウォシュレットに出会って、

あぁ、日本人シェフなのねぇ、、、と思ったのでした。

 

餃子はおしゃれで美味しかったけど、量が物足りない、ということで

最後はルーブルの中にあるカフェにて、ゆったりとデザート食べて

夜のルーブルを散歩しながら帰りました。

 

 

この日も20000歩越え。

 

次の日に帰る Eriちゃんに、今回のパリのテーマは何だったの?と聞いたら

「あなたの15年ぶりのパリに付き合うこと」って答えが帰って来て

思わず泣きそうになってしまった。

感謝以外のなにものでもないよ。ありがとうね。

おかげさまで、フルアテンドがついてるような安心のパリを

楽しく歩くことが出来ました。

その日の午後にはYue も帰ってしまうから

本格的に一人になる予定です。

一瞬一瞬感謝しながら

楽しもう、パリの空気をいっぱい吸って帰ろう と

心に刻んだ時間でした。

 

 

 

 

今日も明日も、どうぞいい1日を!

KEEP SMILING!

 

ショップはこちら↓

http://webshop.pci-shop.co.jp/fs/pcishop/c/grpci

Instagram こちらもどうぞよろしくお願いします!

→  https://www.instagram.com/shutoir/

 

 

 

«  |  »
pagetop
©2022 PCI