染め色見本

 

リネンエプロンの

染め色の見本が上がってきました。

左にあるのが、

こんな感じの色にしたいですと

送った見本で

右にあるのが候補素材のリネンとテープを

染めてみてくださったもの。

 

素材感も色も素晴らしくイメージに近くて

テンションが上がりまくっております。

なんかね、とっても嬉しい。

 

そうか、こうやって素材を少しでも

自分のいいと思う方向に作っていくことで

イメージに近づけることは可能なんだねと

目の前に証拠があるみたい。笑

 

 

次はサンプル染めだ。わくわくだ。

それが上がって来て

OK!GO!となったら

いよいよ製品作りに着手です。

数量を増やすために

リネンバッグも作って

染めてもらうことにします。

 

同時に慌ててパタンナーさんに

パターンをお願いして

こんなちょっとの数量でも

縫っていただけますでしょうかと

雑貨なんか縫ったことないだろう

布帛工場にお願いもしてみたり

いろいろ段取りを進めています。

 

エプロンもバッグも

ある一定の量を生産して販売する

いつものスタイルでご紹介予定です。

 

次があるとして、でも

次は違う色が欲しくなると思うので

赤、いいね、と思ってくださった方は

どうぞ受付のタイミングをチェックして

楽しみになさっててくださいませね。

 

コロナじゃなかったら

できなかったこと

やろうと思わなかったことが

きっとたくさんあります。

ピンチはピンチで

チャンスとか余裕で言えるようなことは

全くないんだけれど

変わるタイミング と

背中を押されたのは確かです。

 

変わらなくちゃいけないよ、と

有無を言わさず現実を

突きつけられて、

そうでないと新しいことに

なかなかトライしたり出来なかった。

 

人間って現状が居心地よくて

変わりたくない生き物なのだと

つくづく思います。

 

でも、新しい試みは

ひとつひとつ、トライしていくつもり。

10個トライしたら、20個トライしたら

ひとつくらいは、手応えのある道が

見つかるかもしれない。

 

新しい試みのひとつが

社内プリント工房案。

(私が勝手にやりたいだけ)

シルクスクリーンの手法で

自分で少ない数量でも

プリント出来ないものか

今いろいろと調べたり

材料を取り寄せたりしてます。

 

サンプルを縫ったり、考えたり

そうこうしてると

早く広い作業スペースが欲しいなぁと

引っ越しも待ち遠しくなってきます。

 

惰性で過ごす1日じゃなく

今日はこれをやる、進めると

目標を決めて動く

そんな1日にしようっていうのが

このところの目標です。

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

こうやって、感染者を少なく抑えながら

経済活動も、日常生活も、

手探りで戻していく日々が続くのですね。

これからも続いていくし、

こうして経済活動が戻っていけば

自分もいつかかってもおかしくない。

 

覚悟しながら、爆発しないように

手洗いとか、マスクとか、換気とか

出来ることをやることに飽きないよう

面倒だからと省略しないよう

気持ちをキープすることにも

意識を置いておこうと思います。

 

今日も最前線で働いてくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

 

 

 

«  |  »
pagetop