リアル

 

「凪のお暇」。ドラマです。

娘に強力にオススメされてたのですが

今見てるものもあるしなー と

見る機会を逸しておりました。

今回一緒に見ようと言うことになりまして

昨夜2話まで見たところ。

 

1話目ですっかりハートを

持って行かれました。

高橋一生君がいいし

中村倫也君もいいし

黒木華ちゃんも超可愛い。

きっと休みの間に

一気見してしまうことでしょう。

 

このところ海外ドラマのシリーズものを

延々と見続けており

今は一度もきちんと見たことのなかった

「メンタリスト」を見てるのですが

これも、「凪のお暇」も

amazon prime で見られます。

 

じっくり見てるものが

amazon で見られるのが続いてて

Netflix も Apple TV も Hulu も

しばらくお休みすることにしました。

毎月数百円ですけれど、

重なるとバカになりません。

サブスク恐るべし。

 

そうこうしているうちに

近所にあった TSUTAYA が

閉店することになりました。

ここでも会員になっていて、

月に1100円で、旧作なら5枚まで

いつまででも借りられたので

ネット上にない作品や、

課金される作品を見るのに

重宝してたので、がっかりです。

これも解約。

DVD や CD から

何かを再生することが

めっきりなくなりました。

 

車でかけ続ける音楽も

iTunes からも amazon からも

いくらでも好きなものを

聞くことが出来て、

本当に、すごい時代。

 

ドラマや映画を見てる時間は

リラックスして楽しむ時間で

それは必要なものだけど

必要以上に時間を持って行かれないよう

ほんと気をつける必要があります。

メリハリなく見続けるハードルが

限りなく低くなってるから。

 

映像や音楽を消費するのは

楽しいことだけれど

自分も何かを作り出す側にいることを

忘れないようにした方が

きっと楽しい、と

Youtube の動画量を見てると思います。

 

読むものが新聞や本から

ブログやサイトになっていくように

見るものも聞くものも全て

コンピューターやスマホひとつに

おさまっている今。

次はやっぱりVR なんだろうなと

想像して、それにはちょっとワクワク。

 

でも、リアルな体験の価値も

同時に高まっていくに違いないですね。

温度や手ざわりやかおりのある

本物の体験のもたらしてくれるもの

自分の身体が体感するものの喜びは

また違うものですものね。

 

少しずつ出来ることが増えてきました。

感染者も増えていくだろうけれど

そこで怯むのではなく

いかに経済を回し続けるのか

それが大事、と言う意見を

今朝のニュースでは多く聞きました。

 

昨日の大阪中心部はすごい人出で

ちょっとびっくりするくらいでした。

東京でもそうだったんだろうか。

わからないけれど。

 

透明板の仕切りも

いろんな施設の入り口で

検温とアルコール消毒を求められることも

もうデフォルトになっています。

 

次にどんな状況がやってくるかわからないから

それぞれが自分の頭で考えて決めて

行動すること

コロナで考えたこと、気づいたことを

大事にしていくことも

必要なことなんだろうと思ってます。

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今も最前線で戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

 

 

 

 

«  |  »
pagetop