小さな暮らし

 

お風呂に入る時に

身体の一部を濡らさないように

ビニール袋と養生テープを使って

養生するのが超上手くなってます。

どんな箇所でもどんと来い!笑

(いやいや、普通そんなに怪我しないから)

 

濡らしちゃいけないことも

前回学習したことだけど

こういうこと工夫して上手く出来ると

すごい達成感。

 

水ぶくれは針穴ではなく

(これはすぐにふさがってしまう)。

少し大きめの方がいいのではないかと

眉毛バサミで切り込みを入れてみたら

パンパンに体液が溜まることはなくなり

随分痛みも軽減されていい感じです。

 

皮もまだキープできてるし

前回お医者様でいただいた

抗生物質入りの軟膏を使えば

感染症を防げるだろうと判断。

 

小さな火傷と過ごす休日。

観察と対処と工夫を重ねてます。

 

こうすべき、こうあるべき なんて

完璧な手法はないんだな。

一体どのくらい昔から

人は火傷して生きてきてるか考えると

不思議なことです。

 

基本は ”そのうち治る”

ってことなんだろうけれど。

 

ウェブの中で大体の知識と

気をつけるべき点を把握して、

自分で考えて試してみるのは

何事につけても楽しいこと。

 

とか威張ってると

出かけた瞬間に皮をずるっと

やってしまいそうにも思いますが。

(きゃー)

 

新聞を読み、

テレビでニュースを見て、

コーヒーを飲みながら本を読む。

穏やかに晴れた東京で

のんびりと日曜日を過ごせること。

なんと幸せなことか。

 

3日間は自粛?家にいろって?

家にいていいのね?

ぐらいの気持ちの方が多い私としては

嬉しい嬉しい時間になってます。

 

冷蔵庫には年末に

たっぷりと買った食材が

まだまだ詰まっており

結構な金額の食費をすでに

費やしてしまっているので

どこまでこれで食いつなげるかを

やってみてます。

 

今朝パンがなくなってしまった。

(焼く?という小さな心の声)

(でもお米はいっぱいあるし

なんなら3合も炊いて冷凍した

かやくご飯もごっそり入ってるよ)

(まだ餅もあるよ)

(でもお米とパンは違うんだ!)

(ケーキも焼きたい)

(また話題がそれてるそれてる!)

などという平和な問答を

自分の中でやってます。

 

こんな風に数日は

家の中の小さな世界で

暮らすのも、悪くない。全く。

でも、それはきっと

平日には働きに出てるから

思うことなんだろうと思う。

 

自分と戦い続ける時間と

心を休ませる時間と

どちらも必要な大事な時間。

 

いずれにしても、しばらくは

比較的近隣の地域の中で

生活を続けていくことになるのでしょう。

 

ひと昔前?移動手段が

ほぼ、”足”しかなかった時代なら

普通の当たり前のこと。

だからじゃぁ不幸だったかというと

そんなことはないと思う。

不自由さや不便さはあっても

だから不幸なんじゃない。

どんな時代でも、人は

小さな暮らしの中に

幸せな瞬間を作ってきたはず。

 

幸いなことに、

日本中を走る物流は止まることなく

ものを行き来させることは可能です。

 

出来ることをやっていきましょう。

ここから春に至るまで

何がどう変わっていくか

自分が考えられる範囲の

予測も加えながら、想像しながら。

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今も最前線で戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

 

 

 

 

«  |  »
pagetop