夢の力

 

分厚い推理小説を読み

Netflix の中で見たい動画を探し

テレビで録画したドラマを見たり

延々とキッチンにこもって

へたりそうな食材を救出したり

そんなこんなで日が暮れていく

ここ、自分の家の中だけなら

静かで平和な時間が

過ぎていきます。

 

一歩外に出ると

必死で医療を支えて

戦ってくださっている人が

いらっしゃるのだと想像して

できることに努めようと

気持ちを引き締めるのです。

 

アメリカでは

大変なことが起こりました。

基本的にあんなにも

自分のことしか考えてない人が

4年も大統領やってたなんて

なんということでしょうと

改めてびっくりします。

 

支持者の人たちは

自分たちのことを

本気でトランプが心配したり

考えてるって思ってるのかな。

今も。まだ。

 

私が何を考え言ったところで

関係ないけど。知らんけど。

 

今日、朝ラジオを聴いていたら

とても興味深い話が

耳に入ってきました。

 

成人の日の特集で

とても若い、二十歳の研究者の男性

CRRA という研究組織を主催している

現役東大2年生の

村木風海さんという人がゲストでした。

二酸化炭素を回収する研究を

なさっているそうです。

 

世界中から全ての移動手段をなくし

移動は歩きと自転車だけにして

会社組織というものを

世界中からなくしても

地球の温暖化を止めるには

足りないかもしれない。

そんな非現実的なことを考えるより

今の暮らしを維持しながら

丸っと二酸化炭素を回収する装置を

作った方がいいんじゃないかと

考えたとのこと。

 

2030年までに温暖化を

止めた男になります、と

そして45歳で火星人になります、と

その明確な目標に向かって

では今何をするべきかと考えて

すでに家庭用の二酸化炭素吸収装置を

実用化済みっていうのがすごい。

 

月額42000円(税別)の

サブスクシステムで

導入できるそうです。

 

なんか、すごくない?と

素直に感動してしまった。

夢物語、とバッサリ思えない

何かがありました。

 

ビニール袋を

エコバッグに変えたところで

1200円のエコバッグを

600回使わないと元が取れないこと。

エコバッグそのものの環境負荷について

誰も言及しない考えないのもねって。

あ、それ私も感じてたって思っちゃった。

ナイロン素材とかの

エコバッグが世の中にいっぱい。

それってどう?っていう違和感は

紛れもなくありましたから。

(自分でもそのうち

作るかも知れないし。。。)

 

温暖化への違う角度からの

アプローチが新鮮でした。

可能になったらすごいよね。

ほんと。

そして回収した二酸化炭素を

ロケット燃料にする研究を

進めているそうです。

 

火星には二酸化炭素がたくさんあって

それを燃料に出来れば、

地球との往復が

現実に近づくんですって。

火星まで行くのに

半年かかるんですって。ひゃー。

火星に行きたいっていう

子供の頃の夢を形にしようとする中に

温暖化を解消するかもしれない

キーが隠れていたってことみたいです。

ほんとすごい。なんかね。

 

このリクルートのインタビュー記事

面白かったので、

ご興味ありましたらどうぞ。

 

若い世代には地球がどうなるかは

現実問題なんだなと気づきました。

わたし達は生きてないかも

しれないってところで

やっぱりどこか甘いのでしょう。

でも、100歳超えてからの

過酷な生活は

なかなかきついよねきっと。

 

彼らに頑張れ!と大きなエールを

送りたいと心から思いました。

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今も最前線で戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

 

 

 

 

«  |  »
pagetop