コーヒー愛

 

カプチーノには必ずショットを追加。

スタバで頼むのはドリップコーヒーか、

”ダブルトールカプチーノ”ばかりです。

ミルクは嫌いじゃないけれど、

大好きなわけでもない。

ミルクの入ったコーヒーを飲みたいのは

コーヒーを飲みすぎてる時か

飲みすぎる予想のつく時で

そんな状態でも飲みたいのですね。

 

中学生だか高校生だかの頃、

片岡義男さんの小説に

どっぷりとはまりました。

小説に出てくる素敵な女性は必ず

コーヒーを飲んでいるのです。

 

コーヒーをブラックで飲む人に

憧れて真似し始めて

最初は無理して飲んでいたけれど

いつの間にか無理しなくても

飲めるようになり

いつの間にか手放せないものに

なっていきました。

 

若い頃はインスタントでも

サーバーの上で煮詰まったものでも

コーヒーと名がつくものなら

なんでもいい、と思って

なんでも飲んでました。

手早く飲めることの方が

大事な時期が長くありました。

若いってすごいな。

胃袋もそうだけれど、

「コーヒー好き」も、

いろいろといい加減なもんです。

 

亡くなった父も

とてもコーヒーの好きな人でした。

色々な豆を取り寄せたり

色々なグッズを揃えたり。

亡くなった後に家には

コーヒーを淹れるための

様々な道具が残りました。

その中からグラインダーをもらって

我が家のキッチンに鎮座している話は

何度もここでしていますね。

 

毎朝、豆を挽くたびに

父のことをちょっとだけ思い

こんなところが似たんだねって考えて

不思議なものです。

 

焙煎豆を買って、挽いて、

自分でドリップして飲むようになったのは

随分大人になってから。

美味しく淹れるために

時間と手間をかける。

それが嬉しいことになったのは

子供の手が離れて、少し

時間にも気持ちにも

余裕が出来てからのように思います。

 

基本的には通いやすい場所にあり

無理のない価格で手に入り

そして、美味しいと感じる豆を

こまめに買いに行けるのがベース。

 

出掛けたときには

近くに焙煎豆屋さんがあったら寄り道します。

こんなことをあちこちで書いたり

喋ったりしていると

手土産でいただくことも増えます。

ありがたいことです。

うちはスタッフもみんな

コーヒー好きですし

毎日飲んでると、

ごくごく消費しますので

ありすぎてもあまり困りません。

 

うちに来てくれた人が

コーヒー好きですよってことなら

丁寧に淹れてお出しします。

そして「美味しい . . . 」って言葉が

ふわっと出てくると

心の中でガッツポーズをしています。

 

これからもきっと

毎朝父と少し会話をしながら

1杯だけでも淹れて

ひと口だけでも飲んで

あぁ美味しい、と思いながら

毎日暮らしていくのだろうと思います。

これもわたしの小さな幸せの種。

コロナに邪魔されないことのひとつです。

 

さて、今日と明日は気まぐれセール開催日です。

 

 

独り言も自由になり始めているサチコ。笑

ご紹介の2点はどちらも可愛いアイテムです。

ANTON(パンツ) はほんと気持ち良くて

主に室内でですが、わたしもヘビロテしてます。

よろしければぜひ。

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今も最前線で戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

 

 

 

 

«  |  »
pagetop