手書きとコンピューターと

 

時間管理について

昨日少し書きかけましたけれど

実は今年から使い始めた手帳のおかげで

劇的に改善した部分があります。

 

生産管理をガンチャートタイプの

手帳を使ってやってみる、と

年末に話してたのですけれど

そのブログがこちら。

 

新しい道具

 

これがすごーく良かったのです。

 

 

何がどこまで進んでて

何をしなくちゃいけないかが

一目で見えるようになりました。

こんな単純なことで!と思うのは

いつも 後からなんですよね。

 

問題解決してくれるツールに出会うのも

タイミングがあるのかもしれません。

何もしてこなかったわけではなく

ノート上やコンピューターの中で

何年も様々に工夫をしてきて、

今だから使いこなせるようになってた!

そういうことだと思います。

 

ガンチャート というのは

プロジェクト管理的には定番。

エクセルでも作れるし

テンプレートも色々と出てるものです。

何度もコンピューターの中では

トライしてきたのですけれど

手書き、というのは盲点でした。

 

とにかく内容的には変更が多い作業です。

日々変化していくスケジュールを

その都度チェックして簡単に修正出来て

1ヶ月が俯瞰できる。

書き込む内容も自由に裁量できるし、

必要な項目は印刷されていて

しかもデザインが嫌じゃない。

フリクションを使うようになっていたから

消したり書いたりにストレスなく

色も使い分けて書くことができ、

わたし的には最高!な感じで使ってます。

 

コンピューターの中に入れて

管理したり考える方がいいものと

手書きの方がいいものがあるんだ。

それも人により、

仕事や作業内容により

それぞれ違うのだろうな。

 

スケジュール関係は

手書きをやめて随分たちます。

コンピューターの中に入れたものが

携帯に反映されるので

ダブルブッキングなどの事故が激減。

 

持って出るのを忘れて書き忘れ、

ご迷惑おかけするようなことも

なくなりました。

 

スケジュールが入った時点で

行く予定の場所の住所や地図など

必要な情報を全て簡単に

紐づけられたりしてとても便利。

 

予定管理はコンピューターの方が

わたしには合ってるようです。

 

昨日少し触れていたのは

Notion というツールのことです。

わくわくしながら

夜中まで悪戦苦闘してました。

なかなか良さそうです。

今まであちこちに散っていたものを

集約することもできそう。

しばらくいろいろに

使ってみようと思っています。

楽しみだ。

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今も最前線で戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

 

 

 

 

«  |  »
pagetop