八雲日記

週末の八雲通いにも

少し慣れてきました。

 

朝一番のお掃除にはたっぷり時間をかけて

そこここにいけてくださっている花の手入れをして、

棚を拭き、外をはき、ガラスを磨き、

服をたたみなおす。

 

そういう作業をしながら

いつもかもめ食堂の映画を思います。

誰も来ない頃、

それでもいつでもピカピカと

磨かれていた食堂。

 

家を整えるのとはまた少し

緊張感が違います。

 

おもてなし ということを

少しずつ学ぶ日々です。

 

いらしてくださったお客様と話したり

いなかった間の売上を整理したり

もっとああしよう、こうしよう、がたくさんあって

のんびりとした時間が流れる中で

あっという間に一日がすぎます。

 

今日はずっとここでやろうと思っていた作業を。

ギフトボックスの試作です。

紙袋の中にちょうどよく収まるサイズを出して、

こういうデザイン、というのを考え、

ラフなスケッチを描いたら、

小さいサイズで簡単に試作。

それからゆるい設計図を描き、作ります。

 

1枚の紙が形になっていくのは

1枚の布が洋服になっていくのに少し似ている と

こういう作業が本当に私は好きだなぁと思いながら。

 

IMG_2574

 

 

さっそくギフトのご依頼を受けて、入れてみると

厚みのあるものは、上手に収めるのがちょっと難しいことが判明。

脇のラインにシワがよってしまう。

子ども用の小さな薄いものなら大丈夫かな。

また違う形のものを考えてみようと思います。

 

ギフト、ああもしたい、こうもしたい

可愛い箱も作りたい、リボンもシールも作りたいと

いろいろと野望はありますが、

スケールの大きな話になるので、

まずは、出来るところから。

たくさん作れたら西宮にも送ってみます。

使ってもらえるかなぁ。

 

 

 

«  |  »
pagetop