暑い日には

 

今日みたいな暑い日は、

とにかく涼しいものが着たいし、

汗をかいても気にならなくて、

気持ち悪くないものを

選びたいものです。

 

汗染みを気にしなくていいのは、

白などの薄い色と

黒か濃いネイビーなどのかなり濃い色の

2択になります。

カーキやオリーブ、ベージュ、

チャコール、グレイなどは、

本当に目立つので、

気になるなら避けるのが無難です。

脇や背中だけじゃなくて、

座った時には腿裏に

滲みたりもするので油断大敵。

 

素材なら、やはり麻は抜群に気持ちいい。

肌に密着せず、

さらりとした着心地が続きます。

綿も気持ちいい素材ですが、

目が詰まっていたり、

糸が太くて重かったりすると、

結構暑かったり、

汗の匂いが残って

抜けなかったりもするので、

涼しく気持ちよく着られるものを

選ぶ必要がありそうです。

今は化学繊維でも、

涼しく、汗を外に出して

すぐに乾いたりする

機能性素材がたくさんあるので、

そういうものを

上手に選ぶのはありですね、

と思っています。

シワにもならず、

サラサラと気持ちのいいものが

いろいろあります。

 

見逃せないのが、

洗濯がしやすいか、

乾きやすいか、というところ。

汗をかいたら洗いたいし、

それがストレスにならないことも、

結構大事なポイントです。

シワが気になり、

アイロンが面倒なら、

その辺りも上手に解決している

素材がたくさん出ています。

 

あとはデザイン。

身体と服の間に

空気が通るゆとりがあり、

張り付かないものは涼しいです。

ワンピースなどで、

上から下に風が通るような

デザインのものは、

とても心地よいし、

パンツでも裾幅がたっぷりしたもの、

股の位置が下の方にある

サルエルタイプのものなどは、

とても快適です。

暑い気候の国で着られているものには、

ちゃんと理由があるのだと納得します。

 

トップスに関しては、

ゆるゆるなだけだと

いろいろ見えて気になるので、

まずは、ぎりぎり気にならないところまで

下着でカバーしてしまうのがおすすめです。

 

私なら脇、肩、衿線が

ここまで隠れてたらいい、と

自分で勝手に思っているタンクトップを

下着の上に着るのがベース。

最悪の場合トップスを脱いでも、

いきなりブラとか、

色っぽいキャミソール1枚とかより

おばさん的には恥ずかしくないものを

下着は基本完全に

隠れるサイズ感のものを

夏場は常に着用しています。

ゆるゆるのトップスなどは、

その上から着ます。

脇とか衿元から少し見えても、

見えるのがタンクトップなら、

そんなには(自分は)気になりません。

 

暑い暑い日が続きそうです。

どうぞ、着るもので、

少しでも快適に過ごしましょうね。

 

今も暑い中最前線で

戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様にも

エッセンシャルワーカーの皆様にも

心からの感謝を!

 

[Disigner_ Kahoru Yamada]
Instagram_daily style
YouTube
[PCI official]
Instagram
Facebook
YouTube
LINE
«  |  »
pagetop
©2022 PCI