やる気の正体

 

モーニングルーティンも

出かける準備をすることも

美味しいものを作ろうとすることも

元気になると

なんてことなく出来るもんだ。

 

その辺りのことが

とても大変なことのように思える時には

心か身体のどちらかが、

やはり弱ってる時なのでしょう。

 

そして、そういう時には

なんだか自分が

怠け者みたいな気持ちになって

落ち込んだりしがちだけど

そこは別に

落ち込まなくていいんだよね。

 

元気になったら

普通に出来るんだから。

 

休むべき時には

罪悪感なく諦めて

すぽんと休めばいいのだな。

そのほうがきっと

回復も早いんだよ。

なかなかそんな風に上手に

割り切れたりしないけどもね。

 

ということで

すっかり元通り。

朝起きたら倦怠感は

抜けた!という感じでした。

うざいくらいに元気になって

(ちょっとハイになって)

朝から家中ピカピカにして

嬉しい今日です。

 

しんどい間はなんだか不安で

いろんなサイトを見てみたりして

後遺症が長引く人も

結構いらっしゃるようでした。

個人差も大きいのだと思いますが

「倦怠感」というのは

わかりにくい症状なので厄介。

 

どうぞ皆様にもワクチン接種後は

ゆるゆるとお過ごしになれますように。

 

思うに、「やる気」みたいなものは

ハイな時に妙なアドレナリンが

出てるような状態のことを

いうのではなかろうか。

 

いつもいつもあるもんじゃないし

なんなら見当違いの

エネルギーの場合もある。

そんなものがあるかどうか意識せずに

集中できる状態が続くことを

目標にするのなら

そういう状態を作る手法は

別のところにあるように思います。

 

気分の凹凸を抑えて

淡々と作業に、仕事に

没頭出来るような環境と

自分の状態を作るのは

おそらく日々の鍛錬なのでしょう。

 

やる気なんてなくても

するべきことを

出来るようになることが

やる気を出そう、

キープしようとするよりも

ずっと現実的で力のあること。

 

それも、気力と体力が

良いポジションで

維持できてればのことなんだな

なんてことを考えたここ数日。

 

ハイな状態が長いと

落ちた時がまたしんどいので

意識的に押さえていこう

淡々と だぞ。

 

 

*************

さて、本日は

やっと手に入ったペンシルスカート!

AMY です。

私の分を洗濯してみた見本にして

生産場に戻して行方不明になり

探してもらってやっと帰ってきました。

わーい。

 

これ、母と、娘と、私と、

3代で着用してます。変な感じ。

 

 

昔デニムでストレートシルエットの

長めのスカートを作り

これも愛用してますが

こうしてみると

印象はそれに似てるかも。

これははるかに楽な着心地です。

後ろのスリットが長くて

足さばきが楽で、

ふくらはぎの肌色が見えるのも

軽やかに感じて悪くない印象。

(おばさんの足ー)

 

今日は気温が少し

上がりそうだったので

半袖で出てきました。

猫Tシャツ。

こういうの、やっぱり

シーズンに1枚くらいは

あった方がいいよな、と

着るたびに思います。

 

 

今も暑い中最前線で

戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様にも

エッセンシャルワーカーの皆様にも

心からの感謝を!

 

[Disigner_ Kahoru Yamada]
Instagram_daily style
YouTube
[PCI official]
Instagram
Facebook
YouTube
LINE
«  |  »
pagetop
©2022 PCI