お年頃にて

 

気温が少し高かった今日。

支払日で銀行回り予定なのに

明日は台風で雨 ってことで

今日は歩いていくのだ!と

徒歩で出勤したのですが、

すごーくすごーく汗をかきました。

 

久々のホットフラッシュ症状です。

マスクの中が滝の汗。

まわりの人は、普通に見えるし

体感的には大気の温度も

それほど高くないと推測されるのに

ひとりだけ大汗をかいています。

これに関してはその瞬間は

対処のしようがないのですよねぇ。

不快すぎるけど 耐えるのみ。

事務所にたどりついて

しばらくしたら落ち着きました。

 

そういえば、

エストラーナテープを

貼りっぱなしで

もう1週間以上かもしれない。

本当は2日に1枚の処方なのですが

女性ホルモン、

そんなにもういらんやろ と

勝手に3日、4日と

日数を伸ばしてます。

平気なつもりでいましたが

やっぱりまだダメだったか。

 

いつでもどこでもではなくて

やはりトリガーとなるものはあり

物理的に身体を動かしていて

焦っている時などに

どわっと症状が出ます。

今日家に帰ったらすぐに

テープを貼り替えよう。

そして、また病院に行って

処方してもらおうと誓いました。

 

疲労や睡眠不足、

ストレスなどのメンタル的なものも

自覚してなくても影響が

あるのかもしれません。

この歳になると

感情の起伏は少なくなり

かなり安定した状態で

日々を過ごせるようにはなりますが

それとこれとは別 って感じですね。

久しぶりに、なんだか疲れました。笑

自分でコントロールのできない

身体症状が出るというのは

ほんと、参ります。

 

症状を抑える方法は

さまざまいろいろあり

考え方や身体に合わせて

納得のいく、良いと思う方法を

選べばいいと思うのですけれど、

これ、薬で良くなるものなので

鬱っぽい症状を伴うようであれば

婦人科、もしくは漢方薬局などに

ご相談するのをためらわないでくださいね。

更年期外来などがある婦人科が

おすすめです。

とはいえ「鬱っぽい」などというのは

自覚するのにも時間がかかったりしますので

どうぞご無理のないように

自分を甘やかして過ごしましょうね。

 

若くても、男性でも、おじいさん先生でも

理解してくれる先生はしてくれるし

女性で同じくらいの年齢でも

妙に厳しい先生もいらっしゃいます。

婦人科の頼りになる先生は宝物。

いい先生が見つかりますように。

 

って言いながら

私は駅前の大きな産婦人科に行っています。

いっぱいいろんな先生がいらっしゃるけど

その時に当たった先生でOK。

定期的に、さくっと

テープの処方をしてもらうだけなので

こだわるところでもなかろうと思ってます。

 

もうそろそろね、

そういうあれやこれやも

落ち着いてもいい頃合いなんだけど

こういうもの個人差があるのでしょう。

サボりながらだけど

定期的に病院に行き、

その時には血圧も測るので

悪いことでもないかな。

 

ここから先の何十年

出来るだけ動く身体で

健やかな心で

過ごしていけるように

年取っていく自分のことを

大事にできるのは自分だけです。

家族の面倒を見たり

家事を担う女性は

特にそうだろうと思います。

私が倒れると

みんなが困るでしょう?って

大きな顔をして、

自分を大事にしましょうね。

 

緊急事態宣言は本日24時をもって

ようやく解除。嬉しい。

明日の金曜日は、

ご飯を食べに行ったら

お酒が飲めるんだ。

ほんとに?って感じです。

11月には次の波!?などという

ニュースも出ているようなので

油断せずに、でも少しだけは

息をつけるかな。

 

今も最前線で

戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

[Disigner_ Kahoru Yamada]
Instagram_daily style
YouTube
[PCI official]
Instagram
Facebook
YouTube
LINE
«  |  »
pagetop
©2022 PCI