スーパーマーケット

 

昨日スーパーマーケットのことを

書きながらいろいろ考えて

楽しくなったので、続きを。

 

私の行動半径内で

いわゆる高級スーパージャンルに

該当するのは

成城にある成城石井本店と、

Odakyu OXと

仙川にある Queens Isetan と

ちょっと遠いけれど

玉川高島屋のショッピングセンター内にある

明治屋さんかな。

 

Queensは、歩いて行って

それなりの荷物を手で持って

歩いて帰れる範囲のスーパーです。

いわゆるオシャカワな雰囲気は

とても好ましい。とはいえ

どうも、品質と価格のバランスが

微妙な感じがしてます(私的にね)。

高い けど そんなにいい?と

感じるものが多いというか。

おしゃれで高そうに見えてるけど

品質はそこまでいいか?と感じてしまう。

とはいえ、他では手に入れにくい

お気に入りのオリーブオイルとか

ここでしか買えないえびせんとかもあるし

2階には無印もあるし

歩いていける範囲だしで

そこそこ結構な頻度で行ってます。

(だから文句言うなって)

 

石井はね、もう LOVE 。

一番好きなスーパーです。

とはいえ同じものを買うと

お会計が安いスーパーの倍になる感覚なので

そうそう頻々と行けるわけではありません。

生鮮食料品は、一番安心感があります。

特に肉類。

お肉は出来るだけ石井で買うか、

肉屋で買いたい。

理想的にはね。

あと、ハーブや薬味やスパイス

製菓材料、調味料、乾物など

こだわりたい細かなところは

かゆいところに手が届く感じです。

他のところにはないものがちゃんとあるのが

何より嬉しくて

何を買っても気持ち悪くない という意味では

一番信頼感のあるスーパーです。

 

Odakyu OX は石井の隣にありますが

価格帯はかなり高額。

ここでの買い物経験がなさすぎて、

品質に相応しい価格なのかの判断がつかず

結局石井に行くから

慣れてなくて買いにくいということで

あまり馴染みがありません。

 

高島屋に行く機会があると

食料品の買い物を

明治屋ですることもありますが

ここも、びっくりするくらい

高額な食料品が並びます。

ビビって買えないことも多いかも。

お肉屋さんがいわゆるお肉屋さんなので

プラスチックのトレイが出ないのが嬉しくて

ひき肉とか比較的買いやすいものを

いただいて帰ります。

ここは見て歩くのが楽しいスーパーですね。

とか言いながら、ずいぶん長く行ってません。

様子が変わってるかもしれないです。

 

お安い価格帯のスーパーだと、

一番愛用してるのは365日24時間開いてる

会社からの帰り道にあるSEIYU です。

プライベートブランドの

ティッシュやペットシーツなど

安価で普通の日用品を愛用しています。

マヨネーズやソース、ケチャップ、

牛乳やヨーグルトなど

どこで買っても同じ品質の

ナショナルブランドのものなども

ここがおそらく一番安いので

間違っても石井で買うことのないように

気をつけています。

プライベートブランドの炭酸水などは

びっくりするくらい安くて

行く機会があると、つい買ってしまいます。

 

会社のそばにあるOzeki もお安いスーパー。

ここはとにかく魚介類と野菜と果物が狙い目。

ハズレのものも時々あるので

自分の目が試されます。

商品がばんばん回転してる感じが好ましく

季節のもの、梅や栗など

石井で買おうとすると

躊躇するような価格のものも

比較的安価に、種類も豊富に出てくるのが

庶民の味方的に楽しく頼もしいスーパーだと

通い始めて気づきました。

 

行動範囲内には

他にも人気のスーパーがいろいろあるのですが

わざわざ行くことはあまりありません。

OK なども、行けば楽しいし激安で

お肉などもいい感じだけど

少し遠出になる上に

混んでいて駐車場に入れないとか

整理券もらって、後から来いと言われたり

そういうことが続くと足が遠のきます。

 

SEIYU の並びには 八百幸 もあり

新しくてきれいでちょっとおしゃれで

八百幸の方が好きという人が

近所には多かったりもします。

でも、駐車場が入りにくいし

満車のことも多い。

SEIYU の駐車場は入りやすく、

平置きで見通しが効くし

そのままお店に駆け込めること

文字通りいつでも開いてること

店内の古びた様子が憎めないとか

何を基準に選んでるのが

よく分からないような要素で

わたしは SEIYU が好き。笑

 

魚と野菜と果物を Ozeki で買い

肉とこだわりの食材は石井で買い

マヨネーズと日用品は SEIYU で買う

というのがこのところのベーシックです。

 

どんなに楽しくても好きでも

わざわざ行くというのはなかなか。

会社と家の往復の途中にあることや

馴染んでいるかどうかということが

結局はセレクトの基準になってるのですね。

 

車なのか徒歩なのか自転車なのか

どんな時間帯に

どんな風にお買い物をするのか

人によってもそれぞれだと思います。

宅配を利用なさってる方も

今は多いのだろうと思いますし

ビーガンだったり

ナチュラリストだったりすれば

買い物する場所もまた

限定されるのだろうなと思います。

 

食べるものと日用品に関しては

必需品だから

あまり罪悪感なくお買い物ができますね。

でも、フードロスを出さずに

健全な食生活を回すためには

やはり計画的な買い物が大事。

冷蔵庫の中にいろいろあるようなら

買い物そのものの回数を減らすのも

大事なことかもしれません。

 

 

本日も、お越しいただき

ありがとうございます。

そして、いつも

PCIをご愛顧いただき

心から御礼申し上げます。

 

 

[Disigner_ Kahoru Yamada]
Instagram_daily style
[PCI official]
Instagram
Facebook
YouTube
LINE
«  |  »
pagetop
©2022 PCI