エネルギー

 

少し前に

ストーブに火を入れました。

 

灯油ストーブは

火をつけたすぐの時には

そんなに温かい感じはしません。

上に乗せたヤカンから

シュンシュン湯気が

上がるくらいになると

まわりの空気も含めて

ふわっと一気に温かくなります。

 

オイルヒーターは

コードをコンセントにさして

スイッチを入れたところで

まずは何の変化もないし

静かにゆっくり温かくなります。

そう思うと一気に温めるものは

ひとつもないんだけどね

うちではこんな感じで冬を凌ぎます。

 

先日のキャンプでは

じっくりと焚き火をしましたが

火を保つために使う薪の量の膨大さに

毎回新鮮な気持ちで唖然とします。

これを料理と暖房に毎日使うとすると

ほんと大変なことだ。

 

暖を取るための焚き火から

今のエアコンまで

温めるための道具の進化には

すごいものがあると

思わずにはいられません。

 

いろんな人が考え、試し、

作って、進化してきたんだよねぇ。

 

囲炉裏、焚き火、火鉢

そのくらいの暖房しかない頃も

そんなに昔のことではないのに

電力 という便利なもので

灰や火の粉や火の始末

炭や薪などを準備することなどの

煩わしさが一掃され

温まることが指先ひとつで

簡単にできるようになったんだなぁ。

 

そう思うとストーブは、

それなりに手間がかかります。

灯油を買いに行き

えっちらおっちら運び

ストーブに入れて

マッチがないと火がつかないし

灯油がなくなると消えてしまう。

ストーブの芯の手入れをしたり

定期的に変えたりも必要です。

その代わり、電気がなくても

関係なく使えます。

 

弊社の事務所には

大型のエアコンがあり

スイッチを入れるだけで

夏はクーラーの冷気が

冬には暖かな空気が

吹き出してそこそこ広い空間を

快適な温度にしてくれます。

そこまでするまでもない時には

扇風機や足元の温熱ヒーター的なもので

しのぎますが、それも電力。

スイッチひとつです。

 

JAL と ANA の社長さんが

並んで一緒にインタビューを

受けていらっしゃるのを見ました。

SAF という代替燃料でないと

飛んではいけない規制が

世界的に出来るのだそうです。

日本で補給できない場合、

日本に世界から飛行機が飛んでこない

日本から世界に飛ばせない ということが

リアルに起こってしまうのに

今日本では全く取り組みが出来ていない。

そういう危機感が強く

ライバル企業である両者が

一緒にテレビで訴えるようなことになってると

そういう趣旨のインタビューだったと思います。

(微妙によくわかってない)

これが開発できれば

ある意味「産油国」になることも

可能なのに! という訴えでした。

 

開催中のCOP26 のニュースも

日々報じられています。

とにかく必要な量の日々の電気を

さまざまなやり方で作り

使っているのですよね。

それをあまねく享受してる以上

批判だけしているわけにはいかないのだ。

とはいえエコな電力契約に

すぐ切り替えられるような

家計でもないのが悩ましいし

わたしがここで小さく悩んだところでねぇと

結局はそこに至ってしまうけれども。

 

何をどうしたらいいのかなんて

簡単な解決策なんて

あるわけないのだけど

そんなん知らんよ

誰かに丸投げでいいよ ではなく

個人レベルでしっかりと

考え続けることが大事なのだと思います。

そして、ひとりひとりが

出来ることを決断しながら

実行することが

大きな力になるのだと信じましょう。

 

グレタさんみたいな

若い人たちが真剣に考えて行動してるのに

私たち、もういなくなるし、じゃ

ほんと申し訳ない。

 

コロナの時にもね、思ったのです。

出来る範囲で情報を得て

たくさんの人の意見を読み、聞き、

自分の頭で考えて

出来ることをすること

逆を言えば

それしか出来ないんだけども

無力に見えても、きっとそうじゃない。

 

70% を超えるワクチン接種率の高さが

公共の場では強制されなくても

マスクを着用するマナーが

感染者数を押さえることに繋がってるなら

それは、すごいことではなかろうか。

いろいろ問題は山積してるにしろ

安全でクリーンな日本という国を

作っているのもつまり

そういうことではなかろうか。

 

大きすぎる問題に

どうこうは出来なくても

日々出来ることを考えようと

すっかりエコな人の方向に

向かってますか? と

我ながらちょっとビビってますが

電力ガンガン使ってるし

寒いのには勝てないし

ガソリンエンジンの車乗り回してるし

はぁ?  まだまだやなぁ

のあたくしであります。

 

本日もお越しいただき、

ありがとうございます。

そして、いつも

PCI をご愛顧いただき

心から御礼申し上げます。

 

 

[Disigner_ Kahoru Yamada]
Instagram_daily style
[PCI official]
Instagram
Facebook
YouTube
LINE
«  |  »
pagetop
©2022 PCI