素材探し

 

オトハルラジオをお聞きいただいた

お客様(いらっしゃるでしょうか?笑)

ありがとうございました。

 

自分の声を聞くのは、

いつまで経っても違和感があり

おまけに、音声だけだと

喋りがつたなく

ほんと下手だということも

よくよく分かって、

なんだかとっても恥ずかしかった。

お聞き苦しかったですよねー

反省しております。

きれいな日本語で、

もう少し大人っぽく

話したいものです。はぁ。

 

そしてオトハル様のために

大人のベーシックアイテムを

お求めやすくという

企画を少しの期間やっております。

よろしければ、ご利用くださいませね。

セールにかからない予定のものなども

こっそり入ってますので

チャンス!という感じであります。

 

昨日は終日、生地屋さんめぐりを

しておりました。

作りたいものにぴったりの

イメージ通りのものを見つけるには

歩いて、実物を見て触るのが一番。

資料に貼ってある小さな見本では

なかなか想像するのも難しいのですが

たっぷりと幅も長さもある見本なら

洋服になった時の様子が

かなり正確に理解できます。

素材の重さや薄さなども、

着ると気になったりするので

やはり本物を見られるのは嬉しい。

 

そして担当の皆様は

いわば素材のプロなので

こういうのが欲しいのだよと伝えると

予想を超える新しい素敵なものを

ご提案をいただくことも多いのです。

 

こういうの探してるので

資料を送ってくださいという頼み方が

コロナ以降は多かったので

こうして、東京の中を歩き回り

人に会いに行き

たくさんの人と喋るというのも

ずいぶん久しぶりでした。

ヘトヘトになりましたが

やっぱり、違うよなぁと思って

帰ってきました。

 

素材の段階から

SDGs を意識した取り組みが

かなり増えているというのが

印象的でした。

アパレル産業が地球に与えている

負荷というのは

本当に大きなものなのですね。

 

例えばコットン100% って聞くと

自然に優しい印象だけど

実はとんでもなくて、

大量の水や化学肥料を使って

作られています。

オーガニックコットンというのは

人に優しいのではなく

地球に優しいのだというのも

考えればわかることだけど

なんだか人や肌に優しいのかと

誤解してた気がします。

 

リサイクルポリエステル、

リサイクルナイロン

リサイクルウール

そういうものが

かなりたくさん出てきていて

びっくりでした。

 

そういうものを意識した取り組みを

パルレシフォンでもやっていきたいと

(私の頭の中だけでほんわかと)

考えているところです。

 

実際のところ現実的には

長く着られるいいものを作り

お客様に1日でも長く着ていただくことが

1番のサステイナブルだったりするのだと

ぼんやり理解してきました。

 

その辺りのことはまた

おいおい考えて形にして、

ご報告したいものだと思っています。

 

さて、本日はVネックプルオーバー

MIA BLACK をデニムの上に着て

チェックのマフラーをプラスしました。

無地のマフラーをプラスするのとは

少し気分が違います。

なんか冬っぽいねーって

ちょっと嬉しかったりして。

 

 

相変わらず Mic を羽織ってますが

寒くなりそうなので

入荷してきたPolina

着て帰ろうかと目論んでおります。

(役得ー)

 

本日もお越しいただき、

ありがとうございます。

 

[Disigner_ Kahoru Yamada]
Instagram_daily style
[PCI official]
Instagram
Facebook
YouTube
LINE
«  |  »
pagetop
©2022 PCI