宿題

 

今年得たものの中でも

ピカイチに素敵なものだったと

思えているのが、

東京都女性経営者セミナーで

出会った女性たちの仲間。

痛みを共有しながら

志と夢を大きく持つ人たち

ハッパをかけてもらい

切磋琢磨していこう、と

勉強会を続けることになりました。

 

そんなこんなをきっかけに

さまざまなところで

セッションを受け、

勉強を続けていますが

その中でかなり重要な部分が

自分を掘り下げること。

 

何を大事に思って

この仕事をしているのか

社会における自分の役割とは

何なのか

 

え!?そんな大それたこと

何ひとつ考えてませんよ えへへ

なんてことでは

勘弁してもらえません。

 

そこが根幹であり

真ん中にしっかりとした芯がないと

何をやってもうまくいきません と。

ふむ。

 

何かあるから20年以上も

続けてきたのでしょう?

それは何なのか

深く深く自分を掘り下げて

探し出しましょう と

いろんなところで言われて

実のところ、苦戦してます。

 

この歳になってまだ

自分探しをやるとはね。

 

とか言って

ちゃんとやったことなんか

ないけどね。

 

 

『あなたのパラシュートは何色?』

 

この本は全世界で読まれているらしい

職探しのための本。

人生をかける仕事を探そう、という

主旨の内容ですが、

日本ではすでに絶版のようで、

中古で手に入れました。

 

課題図書的に読み込んで

自分の中で、やりたいと思ってることを

探し出すワークをやり

それを誰かに向けて発表するってことを

一緒にやろうじゃないかということに

なってます。

 

こういうのを、

なんだか面白そう!と思って

わくわくしながらできるっていう

そういうところは超えたのか

痛いことや

思い出したくないこと

記憶の奥底に封印した

いろんな葛藤や記憶が出てきて

つらくてきつい作業に

なりつつあります。

それをやれってことなんだろうけれど

まだまだ足りないのだろうけれど

失敗と挫折だらけの人生を思い出す

いてててて と声の出そうな作業。

 

人生を賭ける仕事 っていうのは

私はすでに見つけてると思ってます。

だからここでテーマになるのは

パルレシフォンが

これから作っていくべきものは

どういうものなのかを

深く深く考える作業。

お正月休みの宿題になりました。

 

いくつになっても

終わり方を考えるんじゃなくて

ここから先の夢を描き

追いかけながら

途中で死ぬのが理想だなぁ

なんてことを

今年亡くなった方々の映像を

サンデーモーニングで見ていて

思ったのでした。

普通は全部やりかけになるはずよ

でも、死んだ後に恥ずかしいあれこれが

出てくるのも嫌だから、

必要で大切なものだけで暮らすことは

早めに達成しておきたいものです。

 

さて、今日の午後は

今年唯一の忘年会。

しかも記憶にある限りでは

生まれて初めての幹事。笑

発起人は別ですが、

たまたま贔屓のレストランで

開催することになり

いきがかり上幹事をやってます。

なんとなく、酔えないし

楽しめない予感がします。

幹事さんって大変なのね を

経験しろってことだな。

 

本日もお越しいただき、

ありがとうございます。

日曜日も12時を過ぎると

なんだか寂しい気持ちになる

小学生から変わらない58歳。

こんなもんよねー。

 

 

[Disigner_ Kahoru Yamada]
Instagram_daily style
[PCI official]
Instagram
Facebook
YouTube
LINE
«  |  »
pagetop
©2022 PCI