副反応まとめ

 

いやいやいやいや。

なめてました。ごめんなさい。

 

本復して職場復帰してますが

丸2日間ひどい目に遭いました。

 

何かの参考になるかも知れませんし

すぐに自分でも忘れてしまうので

まとめてご報告しておきますと

日曜日の15時に予約していた

二子玉の楽天クリムゾンハウスでの

職域摂取の解放枠?で

(前日でも余裕で予約できました。)

(オペレーションが素晴らしいと

聞いてたけど噂通り。)

サクサクと打っていただき帰ってきて

その日の夜は腕が痛くなり始めていたものの

それは前回も前々回もそうだったから

余裕でビールを飲んだりしてたのでした。

 

1回目 ファイザー ちょっと倦怠感

2回目 ファイザー ほぼ無症状

だったので、今回もきっと大丈夫と

軽く見積もってました。

今回は初めてのモデルナ。

同じ打ち方で、

3回目も全く平気だった、

という人の話を直前に聞いていたので、

何の疑問もなく大丈夫と思い込んでました。

 

夜中に何度も目が覚めて、

なんか違和感があるな と思い始め

起きる予定の5時くらいに

あれっ?と思って

熱を測ると37度5分

6時に測ると38度5分。

あ。熱出ちゃったねぇ と

まだその時は半分眠っていたので

熱っぽい感じと思いながら

今日は無理かな 連絡しなくちゃと

2度寝して

8時くらいに起きようとして

ひどい違和感に気づきます。

 

もう、なんというか、全体的に

全身的に痛いしなんかしんどいし

つらいし、何とも言えない感じ。

 

眠るのも痛いししんどいけど

まだ横たわる姿勢が一番まし?

 

という状態が丸1日続き

水を飲むのと

ワクチンの帰りに買ってきた

アイスクリームを食べるのと

猫の餌やりとトイレに行く以外

何もできずにひたすら眠り続けました。

 

びっくりよ。

こんなの一体いつ以来だろうか。

 

熱が出て休めたらラッキー。

読みたい本と見たい動画がいっぱい とか

思ってた馬鹿は誰?って感じです。

動画を見る元気など

どこにもありませんでした。

 

2日目は熱も下がったし

痛さはずいぶん取れたけれど

その痛みを我慢した身体が

ひどく消耗していて動けない感じが

夕方まで続きました。

それでも、本を読む、は

どうにかできるようになっていたので

眠るのと読書をうつらうつらしながら

合間に急ぎの案件だけ

メールを返したり電話したり。

それ以上の仕事は集中できなくて無理。

夕方過ぎには あ なんか抜けた と

すっかり元気になってて

これは病気ではなく副反応なんだなと

改めて感じるに至る でした。

 

とはいえ、なんだかやっぱり

いきなり本調子には戻れないし

戻さなくてもいいと思うから

仕事以外の家事とか体操とか

会社まで歩くとかって

そういうルーティンは

来週までにゆっくり戻していこうと

思っています。

 

いやはや。

陽性でも何の症状も出なかった家族の話とか

聞いたりしてなんかほんと、なめてた。

1回目、2回目にひどい目にあった人が

3回目躊躇してしまう気持ちが

ようやく理解できたのでした。

 

これで重症化は防げるし

少しはオミクロンにもかかりにくいの?

しっかり抗体は作ったと信じて

マンボウが明けるのを

楽しみにしてようと思います。

 

***********

ワクチンを打ちに行った日

ちょっとだけ着てたのを

今日も着て来ました。

(考える元気がなかったともいう)

下にタンクトップを着ていくと

肩まで腕まくりをするのが

簡単でぴったりだったのだ。

こういう服が着られる気温に

いつの間にかなって来ましたね。

 

 

ワクチンを打つ前、週末にまた

1stシーズンの1話から見始めた

Sex and the City に触発されて

可愛いおしゃれがしたくなってたのです。

(いやいや、キャリーになろうとか

1ミリも思ってないからねっ)

 

そういう気分にフィットするのが

たまたま持ち帰った

このプルオーバーでした。

割と地味なアイテムと思ってましたが

いざ自分が着てみるとそうでもなくて

やっぱり袖と袖口にインパクトがあります。

 

 

ね、ちょっと気持ちが上がる感じでしょう?

普段の私からすると

かなりガーリーなディティール。

でも、素材が綿100%のローンだから

甘すぎない(と勝手に感じる)。

 

もう販売してないけども

このアウターが今ぴったり。

厚すぎず、寒くなっても大丈夫な

安心感があります。

袖口とか隠して着ると地味だけど

(これが通常の私です)

 

 

袖口から出したりするとかなり主張します。

 

印象がずいぶん変わる。

こういうのを「着こなし」というのかな?

さほど難しいことでもないので

好きなように、気分で着ればいいけど

そういうことも楽しめる

アイテムなのだと発見しながら

自分の気分は自分で作るのだなと

改めて感じてます。

 

***********

throw away no. 56

 

デニム。この色のは

トレンドでもあるんだけど

裾の仕上げがダメージ加工で

そろそろダメージ加工は

あかん歳になってきたように感じるので

もうやめることに。

こういうのは、自分の気持ちがどう感じるかで

決めていい、と思ってます。

同じ歳でも、平気な人もいらっしゃると思うし

それで全っ然いいと思う。

同年代で格好良く着こなせる方を見たら

羨ましく思うことでしょう。

私には、違う感じがしてきたってことですね。

(加工しなくても色々ダメージが激しい。笑)

 

本日も、お越しいただき

ありがとうございます。

 

 

[Disigner_ Kahoru Yamada]
Instagram_daily style
[PCI official]
Instagram
Facebook
YouTube
«  |  »
pagetop
©2022 PCI