自宅療養最終日

 

コロナ日記も、本日まで(予定)。

いやいや、長かった。

明朝玄関から外に

出られるのかと思うと

感慨深いものがあります。

(明日は燃えるゴミの日。いぇい!)

 

今は結構しっかりと雨が降っていて

こういう日には家にいられることを

ありがたく思います。

そろそろ外に出たい気持ちと

このまま家に閉じこもっていたいような

後ろ向きな気持ちと

正直半分半分ですが

贅沢は言っていられませんね。

庶民は働かなくてはいけないのだよ。

 

さて、作りたいもの食べたいものが

頭の中でいっぱいになってたのに

食欲なくて、体力なくて、

妄想がストックばかりされてましたが

元気になってきたところで

自分一人のために張り切る張り切る。

 

 

とりあえず野菜をいっぱい使って

和風カポナータに。

今週の野菜補給はこれで安心。

 

 

昆布と鰹出汁をとって作った

麺つゆでそうめん。

焼き茄子、茗荷と紫蘇の細切り、

胡麻は炒ってからすってかけます。

あぁ。おいしかった。

 

鰻も頼んで届いてたのを

今朝いただきました。

味噌汁、糠漬けも復活してて

食も体重も戻ってきてます。

(残念無念)

まずはここから。

 

ようやく少し建設的な方向に

気持ちが向き始め

(やっぱり身体が元気にならないと

そういうのも無理なんだ)

コロナの前に図書館で借りてた本を

読みました。

 

 

ロングセラーになってる本。

読んだことなかったのですが

とても共感できることがたくさん。

この数年、衣食住に関して考えたり

実践したりしてみたことの

理想形と思えるものが

この中にありました。

 

同じように暮らすのはもちろん

現実的ではないけれど

いい加減に食べないことや

だらしなく暮らさないことなど

うんうん、と思うことがたくさん。

服は10着だけじゃないのよ、

もちろん。

でも、そのエッセンス、考え方には

これから服を作っていくうえで

ヒントをいただくこととなりました。

 

とりあえず、いいパジャマが

欲しくなってしまったよ。

 

気づけば7月も

残り少しではないですか。

夏 というのは

いつのことを指すのでしょうね。

8月が終わると、気持ちの上では

夏は終わったように感じるから

あと1ヶ月と少しなんだろうか。

なんだか色々なことが

ぷつりと途切れ

自分だけ社会から離れてしまった10日間。

そろそろリアルライフに戻ります。

 

本日も、お越しいただき

ありがとうございます。

何度も自分に言い聞かせないと

戻れない気がするー。。

[Disigner_ Kahoru Yamada]
Instagram_daily style
[PCI official]
Instagram
Facebook
YouTube
«  |  »
pagetop
©2022 PCI