復帰。

 

久しぶりに出た外は、

朝焼けが美しく

ゴミ出しだけのためでも

嬉しく嬉しく感じました。

神様がお造りになった世界は

本当に美しいな。

(私の神様はいろんな神様が

ごっちゃになっている日本人的な神様)

 

今朝は家事ルーティンも

自己流体操も、普段通り全部できて

元気になったら普通にここに

戻ってこられるもんだなぁと

感慨深いものがあります。

これも、習慣の力かな。

地味な毎日のコツコツが

血肉になってると思うことにします。

 

10日間を総括すると

前半は具合の悪さと薬で朦朧として

ほぼ、記憶がないくらい眠ってました。

使い物になったのは、最後の2日間とすると

残り3日間は、薬を抜いて

意識ははっきりしてきたもののの

倦怠感とぶり返しなどで

まるっきりやる気がゼロという期間。

ほんと、頭の中が空っぽになりました。

ものを考えられない長い長い時間でした。

 

仕事をしなくなったら

こんな毎日が続くのかと思うと

正直ぞっとしたことも

記憶に残しておきましょう。

そんな贅沢な身分になる予定はないけれど

働かなくてもいいことは

わたしには幸せなこととは言えないことを

実感する経験となりました。

 

好きなだけ本を読みたい

映画を見たい

のんびりしたい と

忙しい毎日の中では焦がれるけれど

現実にそれを手にすると

夢見ていた魅力は消えてしまう。

 

本を読むのにも、

アマプラで見るドラマにも飽き飽きして

そのくせ、何もする気にならない。

その日1日を終わらせるために

まだ明るい18時にベッドに入って

次の朝3時に目が覚めたり

溢れるくらいの時間を持て余しました。

 

忙しく働いてると

24時間じゃ足りない!って

切実に思ってたのにね。

 

自分に心地よいリズムで

仕事をし、生活を送れるように

そういうことを理想形に描いて

やっていこうと思います。

 

そして、猫がいてくれることで

どれほど救われたことか。

一緒に症状や情報交換のできる

仲間がいてくれたことで

どれほど心強かったことか。

そして、安心して

仕事を任せられる人がいることにも

心配してくれる家族や友人の存在にも

玄関先まで物資を配達してくださる

宅配便のお兄さん達にも

心から感謝を申し上げましょう。

ありがとうございました!

 

たくさんの誰かに支えてもらいながら

無事に社会復帰です。

今度は私が誰かの役に立てますように。

 

本日も、お越しいただき

ありがとうございます。

皆様にも、どうぞくれぐれも

ご自愛くださいませね。

 

本日、色々と準備が整いましたら

ひょっとしたらゲリラでインスタライブを

やるかも!?です。

 

[Disigner_ Kahoru Yamada]
Instagram_daily style
[PCI official]
Instagram
Facebook
YouTube
«  |  »
pagetop
©2022 PCI