毎日

 

平日は、朝起きてから

1時間か2時間仕事して

その後に

シャワー浴びて、洗濯して、掃除して

ベッド整えて、猫の世話をして

お化粧して髪をセットして服を選んで

ご飯を食べて片付けて

これを、出来れば2時間でやりたいのですが

なかなか難しい。

しなきゃいいじゃん、そんないろいろ、とも思うけれど

洗濯も掃除も毎日こまめにやってる方が負荷がかからないし

性格的に「やってない」ことがストレスになるので

出来ればやりたい。

 

で、8時には改めて仕事に取りかかっていたいけれど

なかなか。

それでも、7時半から10時半まで1日15時間働いてるぜっていう

銀行員弟には遠く及ばず

掃除も洗濯もしなくていい男の人と

同じように働けないのは仕方ないけれど

彼には通勤時間、というものもあるわけだからな。

 

世の中の男性陣(そして恐らく女性陣も)は

ことさら大げさに言わないけれど

さらっと恐ろしく働いてるなぁと、

兄を見ても弟を見ても頭が下がります。

稼ぐっていうのは、そういうことや、と

行動と姿勢で教えてくれる。ありがたい存在。

 

1日に12時間−15時間働く平日を5日続けたら(12X5=60)

だらだらと8時間くらいの労働を週末も休みなく続けるより(8×7=56)

はるかに働けるし効率がいいと気がついてから

働き方を切り替えたのですけれど

残り時間の中で家事を回すことが

なかなか上手に出来ずにいます。

これも、試行錯誤と訓練ですね。

出来るようになってやる!と思ってますけど。

 

実際は電話もかかってくるし、

残った仕事持ち帰ってるにしても

週末は割とゆっくり休息出来て

 

むしろ効率が上がることも実感しています。

人間、休まなくちゃ駄目だな。

 

これからは、命が喜ぶことだけする と

ひきたよしあきさんが書いていらっしゃるの読んでから

自分のしてること、ひとつひとつ、確認する癖がつきました。

 

嫌嫌惰性でやることは、やったらあかんことちゃうか?と

考えるようになりました。

 

細かな仕事のひとつひとつ、

何のためにやってるのか

このやり方が嫌なんだったら、

嬉しいやり方はどういうやり方なのか

 

料理するのも

掃除するのも

自分が嬉しいからやる

 

掃除する気になれない時は

ベッドに潜り込んでてもいい。

ベッドに潜り込んでてもいいのは

それが超ハッピーな間だけで、

人間の屑みたいな気持ちになったら

ベッドから出る。

 

命が喜ぶのは

結構頑張ってる自分だったりします。

贅沢でなくても、手をかけたもののならぶ

質素な食卓だったりします。

ひとつひとつ、確認すると

くだらないことで悩むことが減って

本当に大事なことが見えやすくなると

考え方がシンプルになります。

 

月曜日の朝はストレッチ教室で始まるパルレシフォン。

週に1度、これしか運動してないけど

確実に意識が変わって来ました。

今週も、いい1週間にしましょうね!

 

 

ショップはこちら↓

http://webshop.pci-shop.co.jp/fs/pcishop/c/grpci

Instagram こちらもどうぞよろしくお願いします!

https://www.instagram.com/carupciyamada/

 

 

«  |  »
pagetop
©2022 PCI