読みものとか、AIとか

 

電車の中で読むものがないと落ち着かない。

重度の活字中毒者にとって

スマホはありがたいものですけれど

SNS やブログの文章を読むのと

本を読むのとは意味が違います。

電池切れを気にせず、好きに読めるという意味でも

質感、量感の嬉しさという意味でも

本を持ち歩くのもやめられません。

 

とはいえ、例えば 文庫本でも3cmの厚みのあるミステリが、

あと7mmくらいで終わるところまで来てると、

これ持って歩くの?

重いよね、終わったら重いだけだよね? と

躊躇することも、ままあります。

 

そういう時には、携帯あるからいいか、と思って出かけるのですが

例えば kindle ストアで読みたい本見つけるのって

至難の技じゃないですか?

読みたいものが決まっていて、電子書籍になってる場合はいいんです。

迷わずダウンロードして読めばいいから。

(武士道シリーズ、新作ジェネレーションを読みたくて

全部ダウンロードして読んでしまった。

物理的に我慢しなくてもポチッですぐ読めるって麻薬。。。)

 

本屋にぶらりと入って、面白そう、と思う本に出会う、

というようなことが、コンピューター内では

わたしの場合、まず起こらないなぁと思います。

装丁や、厚みや、モノからしか伝わってこないものは

やっぱりとても大事な愛らしいものなんだと思うのだけど

そういうのも、人によって違うのでしょうね。

アマゾンが薦めて来る本は、もう持ってるよ、読んだよ、と鼻白むか

見当違いかのどちらかで、

素敵!読みたい!って思ったことは一度もないんだけれど

Apple Music のあなたへのおすすめは

悔しいけど意外と好きだったりします。

なんだろうなこれは。

 

そういえば、kindle 本体も持ってるけど、

いつの間にか全く使わなくなりました。

軽い言うても重いし。充電しないと使えないし。

そうでなくても携帯の充電池とか充電器とか

その手の荷物が重いのに、これ以上負荷かけたくないし。

携帯で出来ることは、携帯で済ましてしまうように

なっちゃうもんですね。

 

こうやって1日の大半を

小さいのや大きいのや、

コンピューターの画面見ながら過ごしていて

ヴァーチャルなリアリティの世界がもうすぐやってくるんだろうし

それは、それできっと素敵なことに違いなく。

 

でも、手ざわりや息遣い

山を登ったら、汗をかいたり、上気したりすること

胸が張り裂けそうにゼイゼイ言うこと

気に入ってる器に

ささやかでも自分で作ったものを盛って食べると

美味しくて嬉しいこと

何か作って食べると鍋も皿もコップも汚れて

それを洗い、片付けて毎日が回って行くこと

ダウンロードした料理本は、

携帯の画面の中でいつもきれいだけど

何がついたかわからないくらい

汚れちゃってる料理本の気に入り具合とは

比べ物にならないこと

そういう現実の

ざらざらと手ざわりのある毎日を

大事にしていこう と思ってます。

 

なんで?って考えると

それが、わたしには幸せなことだから と

いうしかないのですが。

これもとてもパーソナルな尺度なんだけども。

 

ディッシュウォッシャーで2時間かかる皿洗いが

手でやれば、戸棚に片付けるまでものの20分で終わること

床の掃除は、モップを持って家中くるくる歩けば

5分で終わること

そんなことを例えばロボットにしてもらう必要が

本当にあるのかしらとふと思ったり。

でも、どうしても、嫌で出来ない日があるってことは

感情なく動いてくれるものはありがたいのかも。

愛車が愛車になるように

ロボットにもきっと使っているうちに感情移入しちゃったり

するのでしょうね。

人間っておかしい。

 

そんなことをつらつらと考えた日でした。

 

今日も明日も、いい1日を!

KEEP SMILING!

 

ショップはこちら↓

http://webshop.pci-shop.co.jp/fs/pcishop/c/grpci

Instagram もどうぞよろしくお願いします!

PCI オフィシャルはこちら

→  https://www.instagram.com/parlerchiffons/

(パーソナルのもご興味あれば

→  https://www.instagram.com/shutoir/    )

 

 

 

«  |  »
pagetop
©2022 PCI