服を作る

 

モノを減らすことを

意識しなくちゃね、と思ったり

ミニマリストの方々の

ブログを読んでまわったりすると

ファッション、というものを

生業にしている私は

時々苦しいような気持ちになります。

 

ものを作って売ることで生活していて、

それでスタッフにもいっぱい

お給料を出してあげることが

夢なわけですから。

 

服を制服化 なんて記事を読むと

物悲しい気持ちになります。

 

でもね、インスタグラムで

海外のオシャレさんのスナップを見たり

コレクションのスナップを見たりすると

服は、文化なのだと思い出すのです。

 

身にまとうものは

制服でいい、と割り切る人がいて

もちろんいいし

一方でファッションは

人生の愉しみのひとつ、と

考える人がいていいし。

 

裸で生きていけるわけではないから

何かしら身にまといながら生きていく。

 

肌ざわりや着心地が最高に気持ちいい

セーターやTシャツがくれる

幸福感というのは絶対にあるし

好きな人に会いにいく時には

特別に自分に似合う服を着て行きたいと

思うのも自然なこと。

 

制服のように服を着る方も

毎日着て、洗濯してれば

それはへたってくるし、

そうしたらまた新しいものを

入手なさるのですよね。

 

好きな服

似合う服を厳選して

それを着ていたい、と思うのは

私もそうだから、

それでいいのです。

 

おしゃれな人 というのは

自分で決めることではなくて

他者の視線が決めること

そもそも何が素敵かなんて価値観も

人によって違うわけだし。

 

だから、大事なのは

選んでいただけるような服を作ること

そこなんだねって見えてくる。

日用品や食料品みたいに

毎日買うわけじゃないものだからこそ

愛用出来る品質や扱いやすさにプラスして

やっぱり”愛らしさ”とか

”憎めない感じ”が

大事なんじゃないかな とか

着た時に自然に嬉しい気持ちになれると

いいよね とか

そういうこと、今考えながら

とっぷりと企画にはまっています。

 

理想を言葉ではかけても

じゃ、どんなものよ、それ?と言われると

ものすごく難しいんだけどもこれがさ。

 

目に見えない

定義できない

時代の空気 みたいなものもあって

今は、こうだよね、

これはなんか違うよね、と

動いていく流行もあるから

永遠の定番 なんて

完成度の高いものには

とても手が出ない。

 

せめて、そのシーズンいっぱい

できれば、次の年も、その次の年も

これ、好きなんだよねって着てもらえるものを

作っていくことが出来れば

洋服屋冥利に尽きるのだと思っています。

 

引き出しにいっぱいになってた

自宅の縫い物関係のものを整理して

今こんな感じになってます。

BISLEY の10段引き出し x 2 があるのですが

それを空けるべく入れてるものを整理中。

 

今日も明日も、いい1日を!

KEEP SMILING!

 

ショップはこちら↓

http://webshop.pci-shop.co.jp/fs/pcishop/c/grpci

Instagram もどうぞよろしくお願いします!

PCI オフィシャルはこちら

→  https://www.instagram.com/parlerchiffons/

(パーソナルのもご興味あれば

→  https://www.instagram.com/shutoir/    )

 

 

«  |  »
pagetop