おしゃれ作戦

 

しっかりした雨が降ったり

風が吹いたり。

からりと晴れた日が

安定して続いていた冬から

季節がそろりと動き出しているのが

目に見えるような毎日です。

 

ウールのコートやダウン、

そしてセーター類は

そろそろ洗濯とクリーニングの

算段をはじめましょう。

着るかも、と思ってひと冬

キープしておいてみたものの

袖を通さなかったものは今度こそ

処分することを決意しなくては。

 

きゅっと畳んでしまってある

春と夏の服は少しずつ外に出します。

シワシワのままだと悲しそうなので

ハンガーにかけて息をさせると、

本来の姿が少し戻ってきて

アイロンまでできると

しゃんとした姿になります。

さて、この子をこの夏も

嬉しい気持ちで着られるかしら?

今年はもう一度このタイミングで

考えてみることにしようと思っています。

 

出来るだけ枚数を減らしてみたい。

服が大好きだし

愛着のあるものも多いのです。

年齢や体型の変化とともに

似合わなくなったもの(自分比)

素材の肌ざわりやサイズの違和感で

着ていても気持ちが落ち着かないものは

高かったとか、まだ新しいとかの理由は、

認めないことにできるといいんだけど。

 

1枚ずつの服がとても大事にされてる

見通しのいいクローゼットが

実現できますように。

 

この春入荷してきたものの中から

早速ゲットしたものです。

 

 

バックリボンプルオーバーの

MOLLY (BLACK LADY M)と

ワイドパンツ VIVIEN (NAVY LADY M)。

 

このトップスに合わせる

筆頭のボトム候補をあと二つ

このボトムに合わせる

筆頭のトップス候補をあと二つ

イメージしておくだけで6通りの

コーディネートが準備出来ます。

 

何にでも合う、とは言っても

やっぱりこれに合わせるのが

すごーく好き!と思える組み合わせの方が

着ている自分は嬉しくて自信が持てます。

 

微妙なスタイリング、と思いながら

出かける必要は全くないのですよね。

 

これとこれを合わせた時には

靴はこれが一番映える、

アクセサリーはこれにしよう、と

ある程度のコーディネートの定番を

作っておくことで

いつも納得のいく

気分のいいコーディネートで

時間をかけずに出かけられます。

 

ということに、この冬わたくしは

気づいたのでした。

 

なので、この春と夏は

そういう定番のコーディネートを

どうかな、10-20通りくらい?考えられると

すごくいいな、と思ってます。

同じ格好をしてるのが2週間に1回なら

気にならないでしょう?

 

私はこの冬週1で同じ格好してることも

よくありましたけれど

自分がちょっとでも良く見えると

自分で思えるものは

実のところ毎日でも着ていたい。

 

服がへたるし、

最初は新鮮に思えた着こなしも

度重なるとそう思えなくなるので

流石に毎日は着ませんけれど

それでも、頻度は高いと思います。

昔っからそう。

 

スタイルがいいわけでも美人でもないと

いいやん、似合うやん、と思える服や

本来よりもスタイルアップして見えたり

ほっそり見えたりする組み合わせが

たまたま見つかると奇跡みたいに思えます。

 

その打率を上げていくのが

パルレシフォンの服の目標かな、と

思い始めています。

 

365日違うコーディネートで

素敵に装うおしゃれさん になる

時間とエネルギーの余裕は

とてもないから。

(洋服屋の意見がそれでいいのか!?)

 

気に入った服をいっぱい着る。

その都度大事に手入れして

惜しまずにどんどん着る。

 

だから着ていて気持ちのいい質感や

着心地のいいパターンや

美しく見えるシルエットには

こだわって作っていこうと思います。

 

会社に行く時の服

誰かに会う予定のある時の服

ちょっとおしゃれしたい時の服

雨の日の服

 

季節は移っていくので、

それも少しずつ変化させながらですね。

今ならまだアウターが必要ですが、

そのうちに軽い羽織だけで良くなるし

ロンT1枚で出かけられる日々がきて

そして半袖、から暑い暑い季節へと。

 

何を着ていこう と毎朝クローゼットの前で

ため息が出そうな気持ちで悩むのではなく

おしゃれを楽しむ心持ちで

鏡に向かう、と決めました。

 

毎日毎日鏡の中の自分は

歳を重ねていくんだけど

なんて言ってもそれでも、

その瞬間が一番若いんだから。ね。

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今も最前線で戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

 

 

«  |  »
pagetop