危険?

 

今日地方の友人に、

東京はまだ危険な感じですか?

と聞かれて

ちょっとした違和感を覚えました。

危険?って。笑

そんな風に見えてるんだ。

私たちは普通に毎日を

暮らしているだけだけれど。

 

大学生以外の子供達は学校に戻っていて

通勤電車もかなり混んでると聞きます。

映画館も鬼滅効果でかなりの混み具合。

でも、クラスターが出たとは聞きません。

 

同調圧力がかなり強い日本だから

ほぼ100%の人がマスクをしていること

手洗い、消毒、検温、換気の徹底で

かなり制御されているように感じるのですが

どうでしょうか?

東京の感染者数もこのところ

200人を切る日が続いています。

 

自分がもしや、と感じた時には

本当に申し訳ない、と

関係する人たちに対して土下座するような

気持ちになりました。

でもね、今例えば

家族やスタッフがかかったと聞いても

それで自分が自主隔離ということになっても

東京に住んでいる私たちは

ある意味諦めて対処するような心持ちに

なっているかなと思います。

そこが地方とは大きく違うところなのかも。

 

感染する可能性をゼロにするのは

かなり難しいけれど

それを低くすることは

全員が注意深く暮らすことで

ある程度出来るのではないか

今の日本の状況は

それを証明してるのではないかと

思ったりしますが、どうでしょうね。

 

ひとたび大きく感染が広がれば

そんなきれいごと、という感じになるのかな。

 

動けば、会う人が増えれば

危険が増すのは確かです。

 

それは、自分ひとりで

コントロールできることではなく

接するひとりひとりに言えること。

家に閉じこもっているわけにいかない限り

買い物にも行くし、仕事もするし、

銀行にも行くし、友達と立ち話をすることもある。

 

感染の可能性はゼロではないこと

いつ誰がどこでかかっても

おかしくないこと

免疫力が高ければ発症しないのであれば

無事にやり過ごせるように自分も

自分の体調を整えることも

自戒の意味も込めて

改めてやっていこうと思います。

 

私、PCR 検査、陰性だったよ、と言っても

あくまでその瞬間そうだったということ。

そのあとに感染してる可能性は

ゼロではないのですよね。

 

自分が元気な陽性かもしれない

ということは、

いつも意識していようと思ってます。

 

マスクをしなくて過ごせる

家の中、車の中、がやっぱり快適で

マスクをしなくても安心していられる

家族と過ごす時間がありがたい。

そんな冬になりそうですね。

 

忘年会や、年末年始の家族との過ごし方は

今年はどんな風になるんでしょう。

去年までみたいなことは無理でも

少しでも楽しい何かが出来るといいなと思います。

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今も最前線で戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

 

 

 

 

«  |  »
pagetop
©2022 PCI