身体を動かす

 

火傷のガーゼ部分を濡らさないように

お風呂に入らなくちゃいけないのですが

すごく上手に養生する技を

身につけてしまいました。

ちょうどいい大きさに

ビニール袋を裁断して

濡れないテープできれいに留めて

カバーするのです。

上手に出来ると うふふ、と思う。

 

片足を湯船の端に乗せて

行儀悪く風呂に入るのにも慣れて

朝と夜と2回

朝なんて浸かりたいだけでも

めんどくさい養生してでも

入りたいから入るとかしてる

こんなことが楽しい

お休みの1日です。

 

お風呂の中ではお湯が冷めるまで

本を読んだりして至福の時間。

(なんと安上がりなことでしょう。)

 

携帯の記事の中で

座りっぱなしの時間が

日本人はとても長いというのを読みました。

リモートでもまた

運動不足になる人が多いそうです。

通勤しないわけだから

普通そうなるよね。

 

でもね、家事をしてるだけでも

1日の間に結構な時間

動いてると思うんだけど。

 

歩き回り、立ったり座ったり

なんなら這いつくばったりしてます。

格別ハードなスポーツとかはしてないけど

家事をしながら身体を動かしてるということは

すごくいいことなんじゃないかと

思うようになりました。

 

一人暮らしだけど

古くても駅から遠くてもなんとしても

そこそこの広さの部屋にいたいのは

閉所恐怖症気味なのが大きな理由。

面積があるということは

日々の掃除範囲も広くて

それなりの家事量があるということ。

 

誰に成果を見せるわけでもない

日々の暮らしの中の家事は

自分自身の心地よさのためのもの。

 

お風呂もトイレもこぎれいな方が

気持ちいいに決まってる。

カビが生えたりヌルヌルしたり

してない方が絶対に気持ちいい。

 

部屋が小さいと掃除も簡単、というのは

よく聞く話なんだけど

掃除が簡単っていうのは

果たしていいことなんだろうか。

 

家にいても、

ルーティンの掃除とか洗濯するだけで

相当な歩数歩くのですよ。

(携帯持ち歩くとびっくりするくらい歩いてる)

料理してる間も立って動いてるわけだし。

これ、1戸建で階段があったりすると

もっと運動量は跳ね上がると思う。

 

リモートで運動不足のお父さんは

奥さんの家事を手伝うだけでも

ちょっといいんじゃないの?って

その記事読んで思ってしまった。

 

お風呂掃除とかトイレ掃除とか

ベランダの掃除とか、気持ちいいよ。

立ったり座ったり手を伸ばしたり

しんどい、めんどくさい、と感じることは

それだけ身体が動いてるってことだよね。

 

かっこいいウェアと靴買って

走りに行くのももちろんありだけど

その前に、ちょっと掃除とか洗濯とか

上手にできたらもっとかっこいいな。

 

身体が動く限り、

自分の身の回りのことは

こまこまと動きながら自分でやって

そのことを億劫に思わずに

いつまでも楽しげに出来るように の

修行中なんだなと思ってます。

死ぬまで続く修行。

 

若い頃よりもずっと

苦痛に思わずに

そういうことができてるのは

幸いなことです。

 

どこにいても

どんな状況でも

暮らす ということは続くのです。

その暮らしまわりの全てを

楽しく上手にできたほうが

人生楽しいに決まってる。

 

苦にならずに動く手と身体と

工夫を楽しむ気持ちがある方が

なんかずっと元気に長生き出来るような

そんなイメージがあるんだけどな。

気のせいじゃないよね?笑

 

小さな画面を見つめて

座り続ける時間は

あまり長くならない方が

いいのかもしれません

なんてことを思いながら

コンピューターと

携帯ばかり見ちゃうから

またお風呂に入って

長い小説の続きを読むことにしましょう。

 

 

中庭の欅の紅葉も徐々に進んでます。

見てるとはらはらと雪のように

ゆっくりと枯葉が落ちるのですよね。

 

 

ベランダの掃除をしました。

また来週にはたっぷり

落ち葉がたまってることでしょう。

 

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今も最前線で戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝と尊敬を。

ご負担をかけすぎることのないように

みんなが協力できますように。

 

 

 

 

«  |  »
pagetop