冬の食卓

 

午前中は仕事があり、

午後にも1件約束があった土曜日

夕方になってホッとひと息ついてます。

今日はもう、のんびりを決め込んで

早めにパジャマに着替えて

分厚いミステリの文庫本を抱えて

ソファに座り込む予定です。

 

あれもしたい

これもしたい

あれもこれもしなくちゃ は

もちろんいっぱいあるけれど

ソファでのんびりくつろぐことも

したいことの筆頭です。

 

できるときには

チャンスを逃さないように

しなくっちゃね。

 

この冬はかなりずっと

おでん未満の煮物が

大鍋にスタンバイしています。

 

水に昆布を入れて

分厚く切った大根を入れて

煮たものからスタートして

途中でゆで卵を入れたり

下ゆでしてアクを抜いた

蒟蒻を入れたりします。

毎日火を通し、

ほんの少し味付けします。

 

一方で小さなフライパンに

冷蔵庫に入っている味噌を入れ、

味醂を加えて火にかけ

練ってなじませたら

メープルシロップか砂糖を加えて

途中で柚子の皮をおろして加えます。

チーズ用のグレーターを使うと

手軽に上手に削れます。

 

舐めてみて、美味しいと感じたらOK

柚子味噌を作るのは

こんなに簡単なのに、昔は買ってました。

作り方も何かを読んで、というよりは

こんな感じよね、きっと、と思いながら

作ってみたら、そんな感じのもの

そこそこ美味しいものができたという感じです。

 

料理というのは

創意工夫の余地が無限にあって

本当に楽しい。

失敗もいっぱいするけれど

それもまぁね、ご愛嬌です。

 

この味噌をつけながら

薄めの味付けの大根とか

こんにゃくとか、

出汁を取るために入れたのだけど

やわらかくなった昆布とかを

いただきます。

 

これがひと鍋あるだけで

汁物があるのにも等しく

ひとつおかずがあるわけで

冬の食卓がかなり楽になるので

気に入って何度も何度も作ってます。

 

先日トマトを買って

そのまま食べようと思ってたけれど

どうも食べる気にならない。

最終的には火を通して

ソースにしようと思ってますが

やっぱり旬のものには

理由があるのだと実感しました。

 

大根、かぶ、青菜、長ネギ、白菜

そういう野菜がみずみずしくて

甘くて美味しい季節です。

わしわしと食べています。

 

年中スーパーでは買えるけれど

キュウリもナスもトマトも

やっぱり夏の方が美味しいし

身体も美味しい、と

いうのですねきっと。

 

トマトに手が伸びなくて

つらつらとそんなことを考えました。

 

鍋もいいよね。

一人だと盛り上がりに欠けるけれど。

鍋だとね、最後に炭水化物を入れて

締めたくなるのが困りもの。

夜の炭水化物は危険なんだよな。

でも、鍋の最後のおじやほど

最高のものもないものねー。

 

テイクアウトもあちこちで

魅力的なラインナップが揃っています。

街のレストランを守るためにも

できる範囲で貢献しようと決めて

ちょくちょく利用させていただいてます。

ファーストフードのテイクアウトとは違うもの。

本来きちんとしたレストランの人たちが

工夫して作っていらっしゃるものは

やはりレベルが相当高いので

あちこちで試してみております。

これもなかなか楽しいことです。

 

平日と違って少し余裕のある休日の夜。

さて、今夜は何を食べましょうか。

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今も最前線で戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

 

 

 

 

«  |  »
pagetop