お時間です。

 

朝6時のアラームが鳴ったら

ぱたん、と本を閉じます。

どんなに面白いところを読んでいようが

あと2行でその項目が終わろうが

躊躇せずに起きます。

 

売り上げのチェックなどしてる

朝食後にも、出かける準備を始める時間の

アラームが鳴ったら、

次の瞬間にコンピューターを閉じます。

 

そして、夜は23時のアラームとともに

見ていたAmazon Prime の海外ドラマも

終了します。

これには、後ろ髪引かれまくりで

毎晩葛藤しながらですが。

 

そう決めれば

どうってことのない

シンプルなことなのに

これがなかなか。

 

あとちょっと、あとちょっと、と

気持ちのままに続けると、結果

予定通りにことが進まない。

それでも気持ちは満足してるので

まぁ、いいか、になりがち。

 

そういうのもね、

もうやめようかなと思って

決まった時間に次の行動に

移ることをやってみようとしてみてます。

 

起きてしまえば家の中の仕事は

目白押しなわけで

どうしてあと30分早起きしないんだ!と思うし

時間通りに家を出れば、

仕事を始める前に

事務所の掃除をする余裕がある。

 

ベッドに入って眠りにつくのは

この上なく幸福なことなのに

なぜ、もうちょっとって思うのかなぁ。

 

満足のいく結果ではなくても

時間通りに動ければ

少なくとも自分を責めずにすみます。

 

最初の予定がずるずるになると

全部の予定が後ろに倒れます。

で、時間が足りないとか

出来なかったことが続出とか

理想の1日とはほど遠い1日を

過ごす羽目になるのです。

 

本でもコンピューターでも

時間がきたらパタンと閉じること。

 

こんな些細なことに

1日が左右されてる。

それに気づくとこの習慣は

結構大事なんじゃないの?って

ますます、パタン、と閉じることに

逡巡することが減りました。

 

常に後ろ髪は引かれながらです。

自分のぬるい欲求を満たすことと

予定通りに動く満足感を秤にかけながら。

 

無為に無駄に過ごす時間の余裕が

あまりないような気がして来る歳だからかな。

これまでの失敗の量が多すぎるからかな。

少し上手に動けるように

なってきたみたいだけど

これが、20代から出来てれば

どこまでいけてたかしらとか

ふと考えてしまう。

 

どこまでも欲深いのが

人間ですね。

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今も最前線で戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

 

 

 

 

«  |  »
pagetop