洋服屋の役目

 

今回の旅は、

中高年女性がほとんどに、

少し若い女性という構成の旅でした。

よく知ってる方々も

そうでない方々もいらっしゃいます。

皆さんの旅の装いを拝見していて

アパレルという商いの中でできる

私たちの役割というものを

ずっと考えていました。

 

もれなく、和装は映えます。

それは間違いない。

男性でも女性でも

日本人には本当によく映える。

特にほとんどの中高年には、

最強と言っていい装いと思います。

 

どこに行っても注目されるし

大事にされるし

これは可能であれば

ワードローブの最終兵器として

絶対にあり、と

小さいとはいえアパレルの人間が

それ言うか!?と思いつつ

本気でおすすめさせていただきます。

 

とはいえ、日常的に和装を

お召しになっている方は

こんなテーマの旅でもまだ少数。

そういう方々も、

いろんな理由で和装が厳しい時には

もちろん洋装で過ごされています。

 

和装が最強に見えるのは、

洋装がやっぱり難しいから。

年齢を重ねている中高年には

殊更に難しいのだということを

改めて旅の間中考えていました。

 

男性は、まだ、スーツを着ていると

そこそこ様になりますよね。

そう思うと、「着る」ことに対して

ある程度のルールというか型というか

そういうものがある方が

しっかり正しくかっこ良く

装いやすいのかもしれないなと思います。

男性の和装も

惚れ惚れとするくらい素敵ですもの。

 

ただ、男性も、スーツを脱ぐと

途端にあらー、となる人が

結構多いのですよね。

カジュアルでかっこいいのは

なかなかハードルが高い。

 

なぜ難しいのか、というのを

ちょっと考えてみました。

 

若いうちは、何を着てても

どんな格好をしてても

それなりに可愛いしかっこいい。

 

若さの勢いで、なんとなく様になる。

数日前のブログにも書きましたが

洋服を「着る」ということには

さほど約束事もなく、

自由に着ることが

社会的にも認識されてて

練習せずにたやすく着られるから。

 

「着物警察」みたいな人も

洋服にはいませんからね。

(電車の中で帯結びがおかしいと

指摘されたりしたら泣くと思う。

リアルにいらっしゃるそうです。

怖すぎる。)

 

若い勢いのそのままで

年だけ重ねると

洋服を着るということに対して

あまり深く考えず練習せずに

過ごしてしまうことになります。

 

毎日毎日のことなのに

毎日毎日のことだから

忙しいのにそんなことに

いちいちこだわってなんていられない。

そういう方も多いのかもしれません。

 

おしゃれが好き!という人は

誰に言われなくても鏡の前で

自分に似合うものや

自分が好きなものを

ああでもないこうでもないと

それこそ子供の頃から

取っ替え引っ替えやってるもんです。

そういう人は歳を重ねようが

どんな状況だろうが変わらず

ジタバタと鏡の前でやってるし

納得のいくポイントが独自にあるので

アドバイスなどきっと無用なのです。

 

こんなん、どう?いいでしょ?って

おすすめして、気に入ってくだされば

うんうん、いいやん、でご自分なりに

素敵に着こなしてくださいます。

 

ファッションに

興味はあまりないのよね、という方や

よく分からないわ、という方が

迷われているのかもしれないと

ちょっと思い始めています。

 

毎日のことではありますけれど

あまり興味がない、

あまり得意ではない、という場合

若さでどうにかなっていた部分が

歳を重ねると、

どうにもならなくなっていきます。

 

若い頃と同じ服は似合わないけれど

他にどうすればいいのか

よく分からなくて、

自分の年齢の女性ならこんな感じと

言われる店や

言われるものを選んでいる

もしくは、若い頃に好きだった

似合うと思われた服を

変わらずに選んでいる。

 

それで、別に問題ないなら

口出しする必要もなく、いいんです。

でも、ほんと、

どうしたらいいか悩んでるの、という方に

何か答えを届けられるなら

それができるといいな と

そんなことを考え始めました。

 

私は社会を動かすようなことはできないし

さほど頭がいいわけでもないし

大きな企業でバリバリと

部下を動かすようなこともできないけれど

 

美人でもスタイルいいわけでもない自分を

少しでも良く見せるにはどうすればいいか

 

これに関してだけはずっとずっと

頑張ってきました。

何せコンプレックスの塊でしたからね。

頑張っても綺麗な顔にはならないし

顔はどうやったって小さくもならない

頑張っても足はまっすぐにも長くもならない

鏡の中の自分と戦い続けてきました。

 

そして、洋服屋になってから

大人の女性のための服を

作り始めてからは

着て、こなさなくちゃ

いけないものじゃなくて

難しくなく、着るだけで

それなりに決まる服を作ることにも

時間をかけて取り組んできました。

 

背が低い、背が高い、

細すぎる、ぽっちゃりしてる

バストがありすぎる、なさすぎるなど

お客様それぞれのお声も

たくさん伺ってきて

できるだけいろんな体型の人に

きれいに着ていただけるものをと

考えるようになってきています。

 

ここをね、もっとね、

わかりやすく、手に取りやすく、

着心地よく、

これ着ると素敵に見えるやん、

これとこれ着るとなんかいいやん を

作っていけるといいなぁと

改めて思い始めています。

 

そんなん、大きなお世話です。

好きにさせといて、と

言われるかもしれんけど

どうしたらいい?っていう人に

こうしてみよか?と言えるブランドに

なっていけたらいいな。

そんなことを考え始めました。

 

理想は描けても

実際に形にするのは難しいぞ。

さて、さて、何を作り、届けていくのか

また今日も頭と手を

どんどん動かしていこうと思います。

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今も最前線で戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

 

 

«  |  »
pagetop