フレンズ

 

u-next が目玉企画として作った

「フレンズ リユニオン」が

日本でも見られるというニュースを

教えてくれたのは娘でした。

 

シリーズが終了して17年が

経ってるそうです。17年!

 

母子家庭だった我が家で

娘が小さな頃から

何回も何回も一緒に見続けてきた

二人とも大好きなドラマです。

 

あまり覚えてないけれど

きっと DVD を借りてきて

見てたんだよね。なんかすごい。

 

友情とか恋とか信頼関係とか

キャリアを築くこととか結婚とか

笑いの中に散りばめられた様々なことを

娘はきっと幼い価値観の中に

少なからず刻んで育ったように思います。

 

憧れたり、羨ましがったり

元気をもらったり

一緒に泣いたり

彼らの日々を愛おしんだ

世界中のファンの人たちの中の

ひとりとして、

これは見ずにはいられません。

 

思惑通り、だけど

ずっと休止してたu-next の視聴を

1ヶ月だけね、と

自分に言い聞かせながら再開。笑

 

娘と一緒に見られるタイミングで

満を辞して見たのですけれど、

スタートして10秒くらいで

ティッシュを手元に持ってくるために

一時停止。

終始涙涙でした。

 

何を書いてもネタばれてしまいそうなので

良かったよ、とだけお伝えしておきますね。

ただし、全部のエピソードを

覚えてるくらいのファンの人にとっては と

但し書きもつけておきます。

 

改めて世界中で長い時間愛された

ドラマだったことを実感。

そして、こんなドラマの作り方や

放映の仕方は、

もうあまりないのかもしれないと思うと

後追いでだけど、

せっせとレンタルビデオ屋さんに通って

1話ずつ大事にストーリーを追いかけるなんて

なんと素敵な経験を

させてもらったことか。

 

今は様々な媒体の画面の中で

エピソードは分かれているにせよ、

シーズンごとに全部見られるものが

リリースされる時代。

 

フレンズだって、最初から最後まで

一気見が出来てしまいます。

心に残る残り方が

なんだかちょっと違う気がする。

気のせいかもしれないけれど。

 

例えば、火曜日の夜8時にみんなが

テレビの前で先週の続きがどうなったか

ドキドキしながら楽しみに待ってる

なんてことは、どうだろう

かなり減ってますよね。

 

テレビで放映されるものも

お金さえ払えば

すぐに見られる時代ですものね。

そういうものを享受しているから

それが悪いとは思わないけれど

なんだかちょっと大事なものを

無くしてしまったような

気持ちにもなります。

 

楽しみなドラマ。

最初から最後まで

一気に見られるのが分かってるとしたら

毎週1話ずつ楽しみに見るように

自分を律するなんてことが

出来るとも思えない。

 

テレビ放映の最後の

牙城かもしれないですね。

大河ドラマとかね。

でもこれも、NHK プラスとかで

放映後にいつでも見れちゃうからなー。

 

見たい時にいつでも

見たいものが見られる今の方が

いいに決まってるんだ。

 

u-next では見たかった

「ノマドランド」が見られるんだけど

550円か。くそー。

思惑通りに売り上げを

積み上げることになりそうで

なんか、悔しい。やられた感。笑

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今も最前線で戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 
 

[Disigner_ Kahoru Yamada]
Instagram_daily style
YouTube

[PCI official]
Instagram
Facebook
YouTube
LINE

«  |  »
pagetop