コーヒーの味

 

コーヒー豆を買ってきました。

このところは2週間に1度、

200gのペースです。

 

ずっとフレンチロースト とか

深煎り という表記のあるものを

好んで選んできましたが

最近少し変化してきています。

 

近所の小さな自家焙煎の店に

いただきに行くようになりました。

その時その時のタイミングで

揃ってるラインナップが変わります。

今はこういうのがあるよ、

というのを聞いて

時間がある時には

座って飲ませていただき

(カフェでもあるのです)

気になるものや

おすすめのものを

いただくようになりました。

 

先日買って帰ったのは

お店のブレンド。

今まで好んで飲んでいたものと

全く違う香りと味にびっくり。

でも、美味しいな、とも感じて

ようやくコーヒーもワインのように

個性豊かであることに気づきました。

 

今週購入してきたのは

ミャンマー産と、東ティモール産と

中国産の豆。

中国産のはお店でも飲ませてもらったけれど

不思議なフルーティーさというか

発酵した感じの豆。

自分でブレンドしてみてくださいと

おまけで少しいただいてしまった。

2種類にしたら容器が足りなくて

結局袋に入れてもらったりもしちゃった。

 

 

深煎り フレンチローストにすると

それぞれの個性のある味や香りが

消えてしまうこともままあるそうです。

そりゃそうだよね。

濃い目の苦みの強いコーヒーに

ミルクを入れて飲むのも

大好きだけれど

個性豊かな豆を楽しむようになってから

ストレートで飲むことが増えています。

そして雑雑飲まなくなった。

1杯ずつ、丁寧に大事に淹れて

丁寧に飲むようになりました。

 

毎日の生活の中には

ささやかな楽しみが溢れてると

コーヒーカップの中を眺めながら

感じています。

 

不思議なことに、

同時に日本茶や紅茶も

以前よりも飲むようになっています。

味噌汁やご飯も、漬物もそうだけど

当たり前にあるもんじゃない。

それなりに手をかけて素材を揃え

大事に淹れる、大事に作ることで

「味わう」ことをより

大事にするようになってるのだと思う。

ひと口ひと口が

楽しみに溢れてくると

ささやかなことでもほんと、

幸せなのだよね。

 

***********

throw away no. 86

 

最初はたくさんあったのに

1枚だけ残っていたお皿。

捨てるものを探すのが

どんどん難しくなっています。

これ以上捨てる必要があるのか?と

悪魔の囁きが毎日聞こえるのです。

一方で、

空間が出来始めてる収納や場所の

清々しさに触れると

まだまだだとも感じます。

さくさく進む時期もあり

停滞期もあり

そういうもんだろうな。

 

本日も、お越しいただき

ありがとうございます。

 

[Disigner_ Kahoru Yamada]
Instagram_daily style
[PCI official]
Instagram
Facebook
YouTube
«  |  »
pagetop
©2022 PCI