熱の時の忘備録

 

4時間続けて眠れて嬉しい

乳児がいた頃以来の感覚。

ずいぶん身体が動くようになりました。

なんだかんだ言いながら

普段よりもたっぷり眠っているので

早起きも全く苦にならない。

 

まだ無理だろうと思ってたのに

起きたら身体も動くので

出来るだけやってみようと

家事をスタートして

普通に動けるやん、と

思ったのも束の間。

あっさりへばりました。

会社に行く気満々でしたが

今日は自宅で仕事をすることに。

ヘアメイクもちゃんとしたし

人恋しい気持ちになってたのにな。

ま、しょうがない。

 

具合が悪い時に感じてたこと

考えていたことなどを

忘備録的に書いておこうと思います。

 

*************

 

熱が高いとか具合が悪い時には

本当に何もかもどうでもいいってこと。

 

意外にもエアコンが今回はつらかった。

お年寄りが熱中症になる感じが

ちょっと分かってしまったよ。

扇風機は大丈夫なのにね。

そして、元気になったらすぐに

エアコンのスイッチに手を伸ばすのだけど

弱ってる時には駄目でした。

なんでしょうかあれは。

 

自宅で一人暮らしなら

しょうがなく

動けるようになった時点で

その時に出来ることから

自然に動き始めます。

それが、いいのかなぁって思いました。

(ゴミを出さないと大変なことに . . . とか)

必要なことから 出来ることから

年取ってきたらなおね。

誰かが面倒見てくれて

ベッドにいる時間が長くなりすぎるのは

自分のためにはあまり

いいことでもないかもね。

 

荒れた家の中が気になり始めたら

随分回復してきたってことだ。

昨日まではどうでも良かったんだから。

 

食べるものも

本当に具合の悪い時には

水さえあればよくて

どんなに豊富に食材があったところで

調理もできなければ

食べたくもない。

 

フルーツ とか トマト とか

素材に近いものが口に入りやすかったし

冷やご飯にお茶をかけただけの

そういうシンプルなものから

食べられるような気がしてきました。

おかゆを食べられるのは

炊いてくれる人がいる人の贅沢だねぇ。

 

ポテチ みたいな

普段ぼりぼり食べてるものは

全く食べたいと思わなかった。

実のところまだあまり思わないので

手を出さないようにしてみてます。

(すぐ戻る自信あるけどね)

 

体重は1kgだけ落ちました。

これはすぐに戻るやつです。

油断は禁物です。

でも、久しぶりに少しだけ

軽くなった快適な身体を

一瞬でも長く楽しみたい気持ち。

(それでもまだ結構重いんだが)

 

体温計は間違ってないこと

(体重計も間違ってないよ)

熱がある時にはちゃんと出る。

あるような気がするだけの時が

よくあるのだな。

 

 

多少具合が悪くても

ぼんやりしながら

逃げ込めるような

読みかけのミステリーとか

連続ドラマとかがあったので

24時間を過ごすのが

少し楽だった気がします。

続けて眠れない時の

時間の経つのの遅いこと。

夜中の2時でも3時でも

眠るのを諦めて

眺めるドラマがあると

そのうち眠っているものでした。

 

こんないろいろが

たびたび役立つことは

ないほうが良いような。

結構くだらないことを

うつらうつらしながら

考えたりしてました。

 

明日には会社に行けるかな。

本日も、お越しいただき

ありがとうございます。

皆様には、どうぞ

ご自愛くださいませね。

 

[Disigner_ Kahoru Yamada]
Instagram_daily style
[PCI official]
Instagram
Facebook
YouTube
«  |  »
pagetop
©2022 PCI