病院巡り

 

湯たんぽでね、

また火傷をしましたの。

毎年1回は最低でもやらかすのですが

今年はシーズン的に早すぎるのと

場所がふくらはぎの前面の

向こう脛の下の方で

これ、夏に目立つとこやん、と凹んでます。

 

当たると痛いので

まずは絆創膏を3連つなげて

接地面を広げて貼ってたのですが

剥がしたタイミングで皮をベリッと

やってしまい、

同時に溜まってた体液もうわーと。。

 

あららー と思って

全部を覆う大きさのガーゼを

テープで留めて出勤してたら

サチコに病院に行ってください!と言われて

え!?やけどくらいで行くの?

行きますよ!

近くに皮膚科がありますから!って

サチコ、頼りになるー。

 

新しい事務所のすぐそばに

教えてもらった皮膚科があったので

夕方に駆け込みました。

結論から言うと、

やっぱり病院に行った方が良いようです。

かなり深いところまで

やってしまっていたようです。

 

皮を剥いちゃうのが一番いけないの!と

先生に叱られて

(今日はいろんな人に叱られてる)

水に濡らさないように!と厳命されて

(ふやけた方が剥がしやすいから平気で入ってた)

帰ってきました。

しばらくビニール袋をはいてお風呂に入ります。

今までの数々のやけどの時にも

お医者様に行ってれば、

こんな跡は残らなかったのかなと

両足に数々残る火傷跡を見てます。

しばらくはガーゼ交換のために

病院に通いましょう。

秒で行ける距離なので

サボらずに行けそうです。

 

せっかく皮膚科に行ったので

3つご相談がありましてね、と。笑

 

まずは火傷。

そして、瞼のアレルギーの相談をして、

最後にどうも帯状疱疹跡の痛みが振り返して

ちょっと辛くなってきてるので

これは皮膚科?と聞きましたら

それはペインクリニックへ、と言われました。

 

そういうの、

遠くにしかなさそうと思ったら

成城学園前の駅前にあるというのを

教えていただき

診療時間内のようだったので

その足で早速行ってみました。

が、予約制ですと言われて撃沈。

ずいぶん先の予約を入れていただいて

帰ってきたのですけれど

治ってればいいし、

痛みが続いてれば

見てもらおうと思ってます。

 

皮膚には何の症状もなく、

痛みがあるだけなので

経皮鎮痛剤で良いのでは?と

サロンパスを貼ってみたのですが

サロンパス臭いうえに(ばばくさい)

今一つ効果を感じない。

普通の鎮痛剤を飲めば

痛みは少しおさまるのですが

なんなんこれ。ほんと。

なんか腹たつわ。

眠りが浅くなって目が覚めたりするのが

ほんと、なんというか、不愉快。

普通になんでもできるんですけどね。

 

なんてことを書き連ねて

年寄りの病気自慢みたいになってる!?

 

病院も、近所であっても

口コミとか読み出したらキリがなくて

人気のところに行こうとすると

当然混んでて

何時間も待つことになったりします。

 

深刻なことではない

この程度のことをちょっと相談するなら

近所でさくっと行けることとか

比較的空いてることとかの方が

よっぽど大事なんではなかろうかと

思ってしまった。

 

 

 

さて、今日から始まった

マリさんのおすすめコーナー。

サチコとは違う感じで

キャラ立ちしてるなー。笑

こちらも楽しんでいただけると嬉しいです。

 

こちらはセールではなく

普通に販売している商品の中から

マリさんが絶賛おすすめ、というものを

ピックアップして

それをお買い上げくださった方には

1週間使っていただける

太っ腹なポイントがつく、という

企画になっております。

どうぞご利用いただければと思います。

 

さて、新宿高島屋様でのポップアップも

本日が最終日となりました。

お越しいただきましたお客様

本当にありがとうございました。

なかなか実店舗で見ていただくことが

難しいのですけれど、

卒業式本番までに、

この事務所でも

お嬢様とご一緒にお越しいただき

御試着いただき、

お買い物していただける期間を

作ろうと思っております。

 

そして、アトリエセールにも

たくさんのご来場予約をいただいており

心から感謝申し上げます。

本当に楽しみです。

どうしても、早い時間帯に

集中しがちなのは

それはもう仕方がないですね。

ただ、みなさまお好みも違うので

ゆっくりのお時間帯でも、

お客様にとっての「お宝」が

見つかる可能性はありますよー。笑

サンプルのご試着なども

していただけますので

どうぞ、遊びにいらしてくださいませね。

スタッフ一同

お目にかかれるのを楽しみに

お待ち申し上げております。

 

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今も最前線で戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

 

 

 

 

«  |  »
pagetop