物価と家計

 

ガソリンをはじめ

食品の価格も軒並み上がっていると

ニュースが連日伝えています。

実感としても、感じるところですよね。

とはいえ。

 

日本の『失われた30年』というのは

じつのところ大問題なのですよ。

その間ずっと

物価が上がらなかったというのは

先進国では日本くらいのもの。

もちろん賃金も上がっていないので

上がっちゃ困るわけですが

要するに成長しないで

同じところにずっと

止まっていたということ。

 

マクドナルドのビッグマックの価格が

円安の影響もあり、

アメリカでは1000円越えと

ニュースで見て衝撃を受けました。

 

やはり、あまりいいことでは

なさそうです。

 

カリカリキリキリと考えても

自分の力でどうなるもんでもないので

じゃ、どうするかね?と考えます。

数十円の値上がり程度は

実のところ無駄遣いをやめれば

吸収できるんじゃなかろうか。

 

自動販売機で買ってしまうお茶や

つい入りたくなるスタバなどで

使っているもの。

買ったはいいものの、

冷蔵庫や保管場所で

死蔵されている食品。

そして賞味期限が切れたり

腐らしたりして

こっそり捨ててるものなど

こういうものを少しずつ

減らしていくことで吸収できるくらいの

金額なんじゃないかなぁと

反省を込めて思ったりしています。

 

加工食品を極力買わずに

手作りすること自炊をすることで

食費を押さえながら

美味しいものを食べることは

できるよねと実感していて

ご飯、汁、糠漬け で

生きてるような私の食費は

どんどん下がっていっています。

食事に対する満足度は

逆に上がってるように思えるので

まずは料理ともっと親しむことかなって

ますます楽しみになっています。

 

ものづくりをしていると、

原価の値上がりは他人事ではなく

素材そのものも、物流も、

正直すごい勢いで上がっています。

今までがほんと限界だったよって

そういうことなんだと思う。

安くして、安くして って

払う立場の時には思うけれど

どこかで誰かが無理してたってことだ。

 

小さな会社が作るものだから

今普通に価格をつけると

え?っていう金額になってしまい

悩ましいところです。

洋服はプチプラのものが

量、質共に充実していて

私たちが太刀打ちできるわけもありません。

 

だから、物価が上がっていることには

痩せ我慢しながら付き合っていけると

いいなと思っています。

 

それがそれぞれの収入や使える金額に

反映されるところまでは

時間がかかるのだろうけれど

それはそうならないといけないことだと

文句を言わず

痩せ我慢しようと思っています。

 

そうやって変えていかないと

日本という国そのものが

大変なことになるんじゃないだろうか。

 

国の借金の額を冷静に考えると

背筋がぞっとします。

1216兆円余。

この1年で100兆円越の増加。

想像を絶する金額です。

いつデフォルトが起こっても

おかしくないレベル。

 

子供銀行みたいにお札を刷って

借金っていって積み上げて

ま、まだ大丈夫でしょうって

予算が国会を通過するのです。

任期の間に何もなければ

次の人に先送りすればいいのだもの。

原発の処理水が溜まっていっているのも

同じようなことのように感じます。

かといって、じゃ、どうすれば

いいと思う?って聞かれても

わからないの。残念ながら。

ただ、普通の生活を今日も続けていられているから

大丈夫なんじゃない?っていうのは

違うんだってことは感じるようになりました。

 

ある日突然ロシアから爆弾が飛んできて

生活そのものが吹っ飛ぶようなことが

現実に起こっているのだもの。

放射能汚染で自分で建てた家に

住めなくなる

まさかそんなことが ってことが

現実に起こるのだものね。

 

あまりに大きな問題で

わたし如きが何をどう思おうと

何もできないのは

よく分かっているけれど

身体の奥で感じている

居心地の悪さを少しでも

何かの形で消化するために

あれこれ考え、

動いているのかもしれません。

そして、この平穏で呑気な毎日に

心の奥底から感謝するようになっています。

 

かっぱえびせんの量が減るのは

ダイエットのためにはいいことだし

小麦粉が数%上がっても

ウクライナの生産者の方々のことを考えたら

文句言ってる場合じゃない。

 

あれこれ飲み込めるように

いろんな意味で強くなりたいなぁ

ほんとにね。

 

***********

throw away no. 145

 

捨てるものを決められなくて

写真を撮り忘れて

しれーっと2回ほどサボりました。

(すみません。汗)

これからは、嫌にならない程度の頑張りで

でも、続けていこうと思ってます。

 

 

本日、大好きだったこのボトルを

ゴミ箱に入れました。

ただ空になった化粧水のボトルを捨てるという

そんなもんじゃない重さが

わたし的にはありました。

 

市販の化粧水との

とりあえずの訣別です。

(うわー大袈裟)

(また使ってるかもですよ)

 

自分で作ったものを冷蔵庫に保管して

毎朝毎晩使っています。

レモンの香りをつけたシンプルな化粧水に

美容成分を手のひらで混ぜて

自分的にはそれで十分かなと感じるので

しばらくは手作りでやってみます。

はぁ。気が楽になりました。

 

なくなりそう と思い始めると

次は何を買うのか

高いのにするのか

プチプラのにするのか

「悩む」時間が始まります。

高いのが欲しい場合は

予算との相談も必要です。

プラスチックボトルをまた買うのか と

軽く自分を責めるような気分にもなります。

化粧水の瓶を手に取るたびに

そのぐるぐるが始まるのです。

で、次に買ったものがなくなりそうになると

また同じことを繰り返すのです。

 

これが相当なストレスだったと

気付きました。

炭酸水でも感じたこと。

68円で安い!と買った

ペットボトルを開けるたびに

ちくちくと何かが痛み

ぐるぐると悩み続けていましたが

ちょっと高いけれど

リターナブル瓶でケースで買うことで

あっさり解消。

心置きなく炭酸水を楽しむことが

できるようになりました。

 

今は、この化粧水がなくなったら

次はどんなのを作ろうかなって

「楽しみ」なんですよね。

すごくない?

作る時間がなかったら

精製水とグリセリンを混ぜるだけの

超簡単なやつで時間稼ぎができることも

分かったからね。

 

化粧品関係、少しずつ

手作りに移行していきます。

次はパウダーかな。

チークかな というところ。

材料は多分揃えられたので

時間がある時にやってみます。

 

本日も、お越しいただき

ありがとうございます。

 

[Disigner_ Kahoru Yamada]
Instagram_daily style
[PCI official]
Instagram
Facebook
YouTube
«  |  »
pagetop
©2022 PCI