着る愉しみ

 

ますます、服を選ぶのは着るのは

自分が嬉しくなるため、という気持ちが

強くなっている毎日です。

 

久しぶりにインスタ写真転載してみます。

 

 

これ、上に着てるのは

LULU という名で作ったニットカーディガン。

 

レーヨンコットンのやわらかな糸で

袖口に向かって広がっていく空気の入る感じとか

今の季節にすごく気持ちいい。

短い着丈のバランスも好きなんだよね。

後から発見することもいろいろあります。

 

衣替え洗濯をする前に

もう1回着たい!と思うものを

せっせと着る日が続きそうです。

 

もう1枚あげたのは

これ誰? っていうくらい修正が入った

アプリで撮った別人写真。笑

(ほんと、この技術どうなの?いいの?)

(スタッフが見たら爆笑するやつ)

(インスタライブの実物との違い!!!!)

 

 

毎朝こうやってホットカーラーで髪を巻くのは

本当に、自分の「嬉しい」のためだけに。

ちょっとでもいい感じに見えた方が

今日を生きるための気力が湧くというもんです。

ボサボサの洗い髪で何もしないと、

やつれた感が半端ない56歳。

誰に何を言われようと、

自分が嬉しい楽しい気持ちいいを大事に

装いは選んでいこう、作っていこうと

思う気持ちが固まってます。

これもコロナに教えてもらったことだなぁ。

 

 

このきれいな色のセーターには

やっぱり柄物のスカート、いいよねって

気持ちがふつふつと湧いてきて

ああでもない こうでもない と

柄選びを延々とやってます。

 

リバティのすごいところは、

どんな色にも似合っちゃうところって

再確認しながら

ようやく、この秋の

柄スカート候補を選びました。

柄好きの皆様

どうぞ楽しみにしててください。

 

夏に作ったものも

冬にも着るつもりだけれど

また新しいのも気持ちが変わって

いいかなって。

 

こうやって次に作る企画のことを

考えてる意識の根っこに

この夏に見た着物展が居座ってます。

 

着物、という基本はひとつの形の中に

いろんな素材と、色と、柄があり

そこに帯を乗せ、

帯揚げを添え、

帯締めで締める中に

様々な色遊び、柄遊びがある。

 

自分の生まれた年の干支である

うさぎ柄に特別な思い入れがあったり

1枚の着物でも、帯によって

全く違う着物に見えたり

自分の気持ちを刺激する

”ツボ”が山ほどあります。

 

装いは人に見せるものでもあるけれど

自分の心を満たすものでもあり

着物にはその嬉しさが詰まってるなぁと

つくづく思うのです。

 

各地にその土地にしか出来ない

織りや染めがあるのは、

ワインにおけるテロワールの違いを

楽しむようなものだと思えるし

4つの季節の移り変わりを慈しむ

素材や柄のバリエーションは

ため息が出るほどの美しさ。

 

着物が似合うタイプだったら

きっと今頃どっぷりはまってると思う。

残念ながら、まだ洋服の方が

いろいろごまかしながら

ちょっとはマシに見えると思ってるので

ブレーキがかかってますが。笑

 

この嬉しさ、楽しさを

洋服にトレースするとしたら

どんな感じになるのかなってことを

ずっと考えてます。

 

素材、色、柄、に関しての遊びは

洋服でも同じように出来るはず。

洋服にしか出来ないことも

たくさんあるはず。

ニットとか、カットソーのように

”伸びる” っていうのが

一番の違いなのかな。

まっすぐな平面的なものと

やわらかな曲線的なもの。

 

コロナで閉じてしまったいろんなもの。

 

それ、どこに着ていくの?って言われると

返事に困るけど

駅前にお買い物に行くときにだって

ちょっと素敵なもの着てると

自分が嬉しいんだよね。

 

その気持ちを大事にしようと決めました。

 

どうせ駅前にしか行けないから

なんでもいいよ、ってなっちゃうと

どんどんどんどん毎日がつまらなくなるからね。

 

どこにいても、どこに行けなくても

何をしてても、何が出来なくても

機嫌よく、楽しく暮らすのだ。

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今も最前線で戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

 

 

 

 

KIMONO 展 後期

 

机に向かってする仕事だけが

仕事だけじゃない。

もちろんその通り。

なんだけども

だからと言って

机に向かって

しなくちゃいけない仕事が

消えてなくなるわけではない。泣。

 

コンピューターの前で

黙々としなくてはいけないこととも

そろそろ向き合わなくては。

 

毎日暑い。

暑い日中は

クーラーのきいた場所で過ごし

朝と夕方に活動すればいいのかな?

 

朝起きて、

家の中で家事をして

車に乗って会社に行き

会社で仕事をして

また車に乗って家に戻る

 

という毎日だと

クーラーの効いてる場所を

渡り歩くことになり

さほどつらさを感じないのですが、

今日は電車に乗って出かけたので

汗ダクダクになってきつかった。

毎日電車で通勤なさってる方に

頭が下がります。

 

本日は東京国立博物館平成館にて

KIMONO展の後期展示を。

 

来た人は全員が見たいよね、

という信長の陣羽織とか

メイン展示は変わりませんが

夏着物に変わってるものが

かなりありまして

もうね、またね、

素晴らしかった。

見入ってしまいました。

 

今回はわたくし、

風俗画というか、

絵の展示にも心惹かれて

見て回るのに

また時間がかかるかかる。笑。

 

白麻の地に、

友禅染めと刺繍とか

贅沢すぎて可愛すぎて

ため息が出るものが

山のようにありました。

本当に眼福。

 

今回ご一緒したお二人は、

粋で素敵な夏着物姿でした。

わたくしはあっさりと白旗を上げて

サンドレスで参りましたの。

暑くてね、慣れない身には

ハードルが高すぎたので

正解だったと思います。

 

夏帯とか、帯揚げとか

夏物は短いけれど

それはその季節の楽しみとして

ほんとに素敵なのね。

 

夏着物も、もう少し色々見て

研究して、経験者の話も聞いて

大好きなものに巡り会えたら

誂えてみたいものです。

あ。夏着物に限らず、それは

単衣でも、袷でもそうなんだけど。

 

こういうの見て、

ご一緒した方々の着物拝見して

厚かましく触らせてもらったりして

身近で素材感や、

着るのが難しいかどうか

着た時に涼しいかどうか

そういう話を聞けるのは

恵まれてるよねって思いながら

そういう意味でもひとつまた

良い経験をさせていただいた

今日も良い1日でした。

 

前期日程ではどうにか

我慢した図録が

どうしても欲しくなって購入。

資料的に読み込むのも楽しくて

抱えて何時間でも過ごせそうです。

 

 

10時に予約をしてくださってたので

最初のうちはそうでもなかったのですが

途中からすごい人になってきて

ちょっと頭越しに見る感じに。

 

本来なら、今頃

世界中の人がオリンピックを見に

いらしてる頃。

この展示も世界に向けて

準備されたのだと思うのです。

ほんと、これ見て欲しかったって

残念無念な気持ち。

 

日本の伝統工芸の素晴らしさ

そのデザイン力、緻密な手作業

全てにおいて

世界に胸を張って

誇れる文化であることを

再確認しながら帰ってきました。

 

このDNA は一体どこにいったの?と

2万回くらい言うけどさ、と

ご一緒した

オトハルプロジェクトの三好さんが

ずっとおっしゃってました。笑

うんうん、ってうなづきながら

私たちの中に残ってるはずよ、と

わくわくしながら考えました。

 

帰りに新事務所に行ったら

珪藻土の壁が仕上がってて

電気工事も終わってた。

あー、この作業も見たかった。

家や部屋を作る作業も

全部工程を見ると

絶対に面白いはず。

ものづくりというのは

本当に面白くて興味深い。

 

この新しい事務所での、

スタートアップイベントに

今日ご一緒したもうおひと方、

さかもとりえさん

お片づけ講座しましょうか?と

おっしゃってくださったので、

それも開催します!嬉しい!

このあたりもまた、

追ってお知らせさせて

いただきますね。

 

それにしてもお二人の

素敵なお着物姿の写真を

撮り忘れる不覚。

なんせ、暑かったのでね。泣

もっともっといっぱい

おしゃべりしたかったなー。

お二人それぞれの

新しいプロジェクトの話。

ちら聞きですが、聞いただけで

わくわくして帰ってきました。

わたしも、頑張ろう。ほんと。

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今日も最前線で働いてくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

 

 

 

pagetop