walking

 

まだ東京は暑い日が多くて

日傘は手放せないし

会社に着いた時には汗が止まらず

汗拭きシートのお世話になってますが

9月からスタートさせた

週に2日歩いて会社に来ることにも

随分慣れてきました。

スマホで測ってみたら

距離はたかだか 3km 強で

時間にして40分弱。

 

何はともあれ

気軽に歩くようになってきたことが

一番の収穫です。

1ヶ月の月間歩数などは

かなり上がったと思われます。

少しずつ体力もついてるかな。

 

今までは車に乗ってばかりの生活で

ほぼ歩かない毎日でした。

家の中で家事をして歩いている歩数と

家の玄関から目の前の駐車場まで

会社の近くの駐車場から会社まで

そのくらいしか歩かない日ばかりでした。

 

そういう生活をしていると

歩くことに対して大袈裟に考えがち。

歩かなくちゃいけない日に対しての

身構え方もおかしな感じでした。

 

駅前に買い物に行くのにも

車で行くのが普通でしたが

このところはお休みの日には

近所をあちこち

ぐるぐる歩き回っています。

 

いつも車で行ってたホームセンターも

実は10分15分くらいの距離。

大きな重いものを買う予定がないなら

ぷらぷら歩いて行くようになりました。

 

少し遠くにポツンとあるパン屋さんは

他の用事のついでに、

というわけにいかないけれど、

近所で一番好きなので

わざわざ買いに行くことも増えました。

 

歩くことがこんなに気軽になったのは

予想もしていないことでした。

休日には混んでいる

駐車場の場所や満車の心配をしては

出かけるのが億劫になったりしてたんだな。

徒歩なら、軽やかに出かけられるんだ。

 

そもそもの荷物を減らして軽くして

重いものを持ち歩くのは嫌なので

買い物は必要なものだけになりました。

そういうあれこれも

なんだかいろいろと新鮮なのですよね。

 

通勤をメインにしたのが

作戦としては成功だったと思います。

ウォーキングの時間を作ろうとしても

改めて、ということだと

ハードルが上がっていたことでしょう。

快適な距離ではなく

ちょっと頑張る必要のある

負荷がかかる距離もちょうどよかった。

帰りはバスに乗ってます。

帰りも歩こうと思うとつらいので、

そこはまだ無理せずに。

 

歩く機会が増えると

歩ける服と歩ける靴に対する意識が

どんどん高くなってきます。

特に靴に関しては、

足が痛くなることなど

あってもらったら困るし

少々ハードに歩き回っても

へたらない丈夫さも必須です。

 

スニーカーやスポーツサンダルを

はくことが圧倒的に増えました。

そして、ヒールのあるような靴

つま先がほっそりしているような靴が

どんどん苦手になってきています。

改まって出かけるような機会も減ってるので、

さほど問題ないのですが。

 

華奢なヒールのストラッピィなサンダルとか

はいておしゃれもしてみたい。

(持ってないけど)

そんなものが必要なシーン、

必要な場所におしゃれして出かけたい。

(妄想では海外ドラマで見かける

ナイトクラブとか

海辺の別荘パーティのイメージ)

(誰?)

想像するだけで、気持ちが上がります。

(でも足は超痛そう。)

(痛いのを我慢してもはきたいシーンは

戻ってくるんだろうか。)

 

素足にスポーツサンダルというのが

さすがに変な季節になってきたので

困っています。

今からの季節はおそらく

スニーカーが中心になっていくのですが

スポーツテイストのものばかりだと

印象や着こなしが限定されてしまいます。

去年何はいてたっけ?

(火傷して下駄とかはいてた。。)

昨年投入した少しモード感のある

Nikeの真っ黒なスニーカーは

歩きやすさはスニーカーで

おしゃれにも馴染みが良かったので

こういうのが

もうひとバリエーションあってもいいな。

今年も少し探してみようかな。

 

思考とともに少しずつ自分が

変わっていくことを実感しています。

去年の私と、今の私は違う。

こうなった方がいいよね、と

思うこと感じることを

どうやったら出来るか考えて

試して、修正して、また試して

そうやっていつの間にか少しずつ

変化していくのですね。

 

ちょっとは普通に

歩ける人になれました!

(まぁ大げさだこと)

 

今も最前線で

戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

[Disigner_ Kahoru Yamada]
Instagram_daily style
YouTube
[PCI official]
Instagram
Facebook
YouTube
LINE
«  |  »
pagetop
©2022 PCI