遠出?

 

2時間半で着くくらいの距離なので

さほど早起きしなくても大丈夫だった

土曜日の朝。

遠出、というほどではないけれど

泊まりがけでどこかに行くなんていうのは

いつ以来のことでしょうか。

 

何度もキャンセルを繰り返し、

料金をデポジットで預かってくださっていた

主催者の方もかなり恐縮して

くださっていたのもあり

新たに料金も発生しない嬉しさもあり

最後まで悩んだのですが

思い切って出かけることにしたのでした。

 

久しぶりのロングドライブで

長野県と山梨県の県境のあたりまで

行ってきました。

 

今回は集合時間の数時間前に着いて

キャンプ中に食べるものは

現地で調達してみようという作戦。

というか、金曜日まで全く余裕なく

何の準備も出来なかったし

する気にもなれなかったのが

正直なところなのですけれど。

 

近くにあるスーパーを検索し、

地元の食材がたくさんありそうな

A COOP というのを発見。

とりあえず、と行ってみましたが

テンションが自然に上がる

楽しい売り場でした。

 

地元信州のお酒や、

諏訪の地ビール

八ヶ岳牛乳はもちろん、

近隣農家の卵、

信州牛のお肉も美味しそうだし

もちろん地元産の野菜、果物が

てんこ盛りで目移りしてしまいます。

 

とはいえ、大した量が

食べられる訳ではないのは

自分でもよくわかっているので

吟味してお買い物。

(少し成長してます。)

 

そして、スーパーの隣にあった本屋さんに

何気なく寄ってみたら、

入り口から進めません。

いい感じの気合いの入った棚が

作られていて、動けない。

 

どの棚を見ても、

今まで見たこともなかったような本が並び

どの本も読みたくなってしまうというか

単に好みに合っていただけかも

しれませんけれど

大手書店の画一的な書棚とはまるで違って

とてもとても興味深く、

楽しい時間を過ごさせてもらいました。

 

地元に関するものも多く

アウトドアやサウナに関するものも多く

当日の気持ちに

フィットしまくったのでしょうね。

早めに行って良かった。

普通に地元で暮らしている人が

ご利用なのだろうスーパーと書店。

いわゆる観光スポットではないけれど

こういう場所の楽しみはまた格別です。

 

今回の主旨は、

生活におけるエネルギーとしての

火の扱い方。

暖房、調理、照明 という役割ごとに

適した火のありようがあり、

それぞれに応じた

扱いが出来るようになるには

経験を積むしかないのですけれど

焚き火の本も出していらっしゃる

主催者のレクチャーには

うなづくことばっかりで

勉強になります。

 

 

無事にマッチ1本だけで

立派な火を熾すことにも成功しました。

(嬉しい)

 

 

暑くもなく寒くもなく

きれいに晴れて天候にも恵まれ

特別な道具を使わずに

アウトドアで過ごす技術を

みっしりと教わった1日。

 

昼過ぎには講習も撤収も終了し

どこかの温泉に、とも思いましたが

混まないうちに帰りたいと

どろどろのまま高速に。

ところが事故渋滞に巻き込まれ

結局夕方自宅に辿り着きました。

やれやれ。

 

荷物を下ろして片付けるのも

心を無にして淡々とやっていきます。

 

こういうことが

できるようになったなぁ。

 

今まではとりあえず、

今日はもう無理、と

見ないふりをすることも

多かったけれど、

一刻も早く通常の家の中に

戻したい気持ちが強くなっていて

散らかっていたり

目障りなものがあるのが嫌。

で、ヘトヘトなのに、

どうにかほぼ元通りの状態に。

 

寝袋やテントなどの大物は

また天気のいい休日にでも

改めて手入れをすることにします。

 

こういう時、わたし荷物が

山のようになるのです。

車だし、万が一、と思うと

ありとあらゆるものを

持っていきたくなる。

考えて荷物を厳選するような

心の余裕がなかったのもありますけれど

寒くなった時のための

羽布団とか湯たんぽとかまで。

使わずに車に入れたままって荷物が

いっぱいありました。

 

準備も、車に積むのも、

現地で下ろすのも、

ものを片付けたり使うのにも

撤収も、また車に積むのにも、

それを下ろして玄関まで運ぶのも

片付けるのも、ほとほと嫌になる程大変。

 

キャンプにはいろんなスタイルがあり

本当にリビングをそのまま

持っていくような方々もたくさん

いらっしゃいます。

それはそれで素敵で

ちょっと憧れたりもします。

(自分で設営も撤収も絶対やりたくないけど)

(まめな旦那さんがいらっしゃる風の人が多い)

 

今回荷物の多さにうんざりして

自分は一体何をどうしたいのか

もう一度このあたりで考えようって

すごく反省しました。

若くなっていかないから

もうあまり頑張れない気がする。

 

大袈裟になればなるほど

キャンプに出かけるのも

大変に億劫になる。

荷物を減らして軽やかに

出かけられるようにしておかないと

行けなくなってしまうぞ。

このあたりで自分の求めるスタイルの

整理をしておくべきかもしれない。

 

わたしのアウトドアの師匠は

(勝手に呼んでる)

極力現場にあるものを利用する

かなりワイルドな方法を

教えてくださいます。

今 Youtube などで主流のものとは

なんというか、一線を画す感じです。

 

ファイアースターターね、

使いたかったら使えばいいけど

マッチかライターでよくね?

ですよね みたいな。笑

 

大事なのはそこじゃない、と

火を趣味的に眺めるだけじゃなくて

それで暖を取り、調理するために

火をコントロールする技術が大事なのだと

アウトドアで過ごすことを

これからも楽しみたいなら

できるようになってると

ほんといいよね、と納得するのです。

 

ということで、

いろいろなこと、

頭から全部すぽりと抜いて

過ごした週末でした。

 

サービスエリアも、道路も

同じように出かけている人たちで大賑わい。

マスクはどこに行っても外せないけれど

それでも、ずいぶん様子が違って

世間はこうして元気になっていくのかなと

嬉しく思ったりしました。

 

猫たちも元気で

ほっと一安心。

 

自然の中に入り

火を燃やして眺め

森の中で眠りました。

いろいろなことも考えられて

いい時間でした。

 

 

どんな状況になっているのかは

まだ分かりませんけれど

次に出かけるのは年末でしょうか。

そろりそろりと、いろいろと

戻っていけますようにと祈りましょう。

 

 

今も最前線で

戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

[Disigner_ Kahoru Yamada]
Instagram_daily style
YouTube
[PCI official]
Instagram
Facebook
YouTube
LINE

早起き

 

7:20 に新宿御苑で待ち合わせ。

7時から開いてると聞き、

思い切って朝早い時間に約束しました。

 

日曜日の朝、道路は空いていて

御苑の駐車場まで甲州街道でほぼまっすぐ。

30分フラットで到着です。

 

ご近所にお住まいで、

苑内を知り尽くしていらっしゃる

片付けコンサルタントの

さかもとりえさん

アテンドしていただきましたの。

 

 

 

こんな美味しそうな朝ごはんを

用意してきてくださいました。

サーモスにはお味噌汁が入ってて

隅から隅までぜーんぶ美味しかった!

ごちそうさまでした。

誰かが作ってくださったものを

食べるというのは

この歳になるとなかなかないことなので

本当にありがたく嬉しいこと。

 

 

わたしも久しぶりに焼いたキッシュを。

誰かのためにと思うと作れるもんです。

ホールだと味見が出来なくて不安でしたが

まぁ、大丈夫でした。よかった。

 

 

お誕生日月ということで、

こんな可愛いカップケーキと

ろうそくまで用意してくださり

今年初のお祝いをしてもらいました。

なんと嬉しくありがたいことでしょう。

 

 

朝一番の新宿御苑です。

雲ひとつありませんでした。

昨夜のゲリラ豪雨の影響で

芝生は濡れていたのですが、

さくさくとやわらかな芝生を踏んで

歩くのも気持ちいい。

 

新宿御苑、中に入るのは実は初めて。

都会のど真ん中にこの広さの公園は

圧巻ですね。

遮るもののない空が大きい。

 

そして、美しく整備、管理されていて

とても気持ちいい。

芝生が伸び放題じゃないと思う。

ここ、広い広いけど、

多分きちんと手入れされているから

普通なら芝生の間に生えているような

雑草などもないし、

もちろんゴミも落ちてないし

裸足で歩いている人がたくさん。

グリーンの美しさが

普通の公園とはレベルが違う。

トイレもとてもきれいで

入場料500円も納得です。

 

今回はほんの一部分しか

見ていないということなので

また機会があったら

歩いてみたいものです。

 

年パスが2000円って聞くと

気持ちが動きますねー。

(年に4回以上行ってから

考えろよ、ってところですね)

 

そして、本当に久しぶりに、

ゆっくりたくさんたくさん話せたなぁ。

朝のルーティンからお灸から

家族や仕事のこともあれやこれや

喋り続け、笑い続けて

いいですね。ほんと。

こういうことが、したかったんだよ。

ずっとね。

 

少し前に約束をしていたのですが

緊急事態宣言が明けてくれたので

ほっとして出かけられました。

お昼過ぎに解散した頃には

たくさんの人で賑わっていて

みんな笑顔で気持ち良さそうでした。

 

いい気候のいい天気の日で

よかったなぁ。

 

帰り道も空いていて

早い時間に家に戻れて

それもとても軽やかでいい感じ。

 

外で過ごすと気持ちが伸び伸びして

大好きな友人と過ごす時間は

宝物ですね。ほんと。

りえさんありがとうございました!

 

今も最前線で

戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

[Disigner_ Kahoru Yamada]
Instagram_daily style
YouTube
[PCI official]
Instagram
Facebook
YouTube
LINE

外で過ごすこと

 

昨日は武蔵野公園で

また焚き火をしておりました。

 

 

今回は焚き火名人えりちゃんも一緒。

ごく自然に火を扱う様子が素敵です。

 

子供の頃からずっとご実家の庭で

焚き火してきた、と聞いて納得。

ご飯炊く係だったって。すごい。

焚き火で火力の調節ってのは

なかなか出来ることじゃない。憧れます。

 

で、実は火の扱いだけじゃなくて

調理の方がすごいと舌を巻いてました。

 

同じ目玉焼きひとつ

同じ道具と材料で作るのに

私が作るのとは

なんか全く別物が出来た。苦笑

超絶美味しいエッグマフィンを

作ってくれました。

 

えりちゃんはお料理家ではないけれど

名だたる料理家の先生のそばで

料理を作る、ということを

長い年月見続けてきた人。

やっぱりいろいろすごく違う。

勉強になるなぁ。

 

状態を良く見ること

細やかに調節することを厭わないこと

要するに、全集中(笑)が

自然に出来てるってことね。

まだまだ未熟だわ。わたし。

 

1日自然の中で過ごすというのは

身体にも心にも風が通るようなものだと

感じています。

紅葉がきれいでした。

 

 

気温がどんどん下がっていて

火がなかったらきっと

戸外に長時間なんて絶対に無理。

その時間の間に使う薪の量は

こんな小さな焚き火でも

結構なものなのですよね。

 

燃料に何を使うのか

地球規模で考えたときに

暮らしはやはり太陽光、地熱、風、という

自然の恵みを活かした電力をベースに

でも、本物の炎も楽しみのために

そういうバランスが

うまく取れるといいよね、と

焚き火を見ながら考えたりします。

 

人が生きるということ

こんなに快適で素敵な暮らしを

送れるようになるまでに

通ってきた長い道のり

工夫してきた人々の知恵を思います。

 

上下水道ひとつをとってみても

壮大な妄想を抱いて

現実化しようとした人がいなければ

実現しなかったわけですから。

 

人間ってすごい。

 

アウトドアで過ごす時間には

携帯を見る暇なんてなくて

なんなら持っていった新聞も本も

基本ほとんど読めません。

二人なら大丈夫かと思ったけど

そんなことなかった。

気を緩めると火が消えるからね。

で、ちょこちょこと手を入れながら

ずっと火を眺めてることになります。

あれこれといろんなことを喋りながら。

 

晴れてたらすごい人出だったに違いない

武蔵野公園バーベキュー広場。

小雨模様だったので人が少なくて

それも良かったな。

 

ファミリーに混じり

ご年配のかなり大人数のグループや

男性2人連れとか、女子のソロの人とか

今までこの公園ではあまり見かけたことのない

チーム(!?)編成も多くて

キャンプや焚き火

アウトドアを楽しむ人が

すごい勢いで増えていることを実感しました。

(わたしもその一人ですけれど)

 

私たちもね、おばさん二人連れっていう

なかなかシュールな絵面だったと思うよ。笑

 

1回やれば1回分、

経験値が増えていきます。

ウィークデイの間、キリキリ働いてる間には

週末はゆっくりしたいと思い始め

焚き火とか超面倒くさいような気持ちになって

どうしようかなーもうやめちゃおうかなーって

必ず数回思うんだけど

直前になると行きたくなってくるのよね。

 

今日は昨日使った道具を

乾かしたり手入れしたり

家の中を片付けたりして過ごす予定です。

明日からの1週間、また頑張れるように。

 

昨日は薬なしで過ごしてみたのですが

背中の痛みは出ませんでした。不思議。

今日もまだ大丈夫みたいなので

勝手にストップしています。笑

このままきっと治るよ、うん。

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今も最前線で戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

 

 

 

 

海で焚き火 また。

 

撮影の手伝いに来てくれて

泊まってた娘のリクエストで

まさかの2週連続の

海で焚き火。笑

 

また朝4時に起きて

5時に出て、7時には

海辺に座ってるパターンです。

先週やったばかりだから

いろいろと滞りなく

と思ったら、ベグを丸っと忘れて

タープを立てる練習は出来なかった。

 

残念。

 

誰かがいれば

上手にできるかと思ったのにな。

また次の機会に頑張ってみよう。

 

昨日の夜に雨が降っていたので

今日はキャンプしてた人は少なかった。

 

食べるものも

家にあるものだけ持って行って

張り切り過ぎずに

混み出してきた11時前に撤収開始

12時半には東京に戻ってきました。

 

今回は1合だけご飯を炊いてみました。

米は家で洗って

ビニール袋で持って行って

柳宗理さんの片手鍋が

うちにある中では一番薄くて

火の通りが早そうだったからそれで。

 

上手に炊けましたよ。

冷凍庫にあった辛子明太子と

冷蔵庫から持って行った海苔で

海辺で炊きたての明太子ご飯。

最高でした。

 

火の番は、今回はなんとなく

娘がやってたのですが

すごく上手に火を扱うのでびっくり。

呼吸と一緒だよねって言ってたけど

薪がうまく呼吸できるように

空気の通り道を作れば

いいかなと思ってって。

へー って思うくらい

このポイントに火が欲しい、というところに

上手に火を熾してくれて

料理(というほどではない)に専念できて

なかなかいい感じでした。

 

私も見習って上手になりたい。

そういえば、エリちゃんも

すごく上手なんだよね。

 

二人だと荷物運ぶのも早いし

火の番をどちらかがしてれば

焚き火から離れられて

海に浸かりにもトイレにも行けるし

やっぱり楽しい。

 

一人には一人の楽しみ

二人には二人の楽しみ。

人数がもう少し増えても

それはそれで楽しいのだと思います。

 

雲に覆われてた空に

少しずつ晴れ間が出て来ました。

 

 

朝早くてあまり人気のない海辺で

火を熾しました。

あぁ本当に気持ちがいい。

 

 

ほんの数時間でも

波の音を聞きながら

風に吹かれながら

海に足を浸して歩き

大きな空の下で深呼吸をして

やわらかなお日様の光を

身体中で受ける。

 

ヨガの修行中の娘は

気持ち良さそうにポーズを取り

私もほんの少しだけ

並んで簡単なポーズと呼吸を

教えてもらったりしました。

 

 

チロチロと燃える火を

ぼんやり眺めたり

コーヒーを淹れて

新聞を読んだり。

 

家にいてのんびりしていても

それはそれでリフレッシュというか

ストレスは解消されるものだけれど

また違う意味で自分の中の

いろんなものが正しい位置に

戻っていくような気がする時間。

 

この動き方だと渋滞とも無縁で

往復とも1時間程度のドライブを

存分に楽しめるのもとても嬉しい。

 

ということで、

家に帰っても荷物を片付ける

元気も時間もある日曜日。

 

こうして、また一回

経験値が増えることで

ハードルがちょっと下がります。

 

こういうものがあればいいね、も

ちょっとずつ見えてくるから

慌ててキャンプ道具を揃える必要は

全くないな。

とりあえずはあるものを

工夫しながら使えばいい。

ゆっくりゆっくり

ひとつずつ集めていくほうが

長く楽しめるよね。うん。

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今も最前線で戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

 

 

 

 

海辺で焚き火

 

夜の間に降った雨が

朝には上がっていて

引越しだけど、大丈夫そうだね。

良かったね。

 

実はこの間の日曜日に

妄想プランニングだった焚き火を

やれるかな?と思いながら

実行したのです。

 

朝4時に起きて5時に出発

6時半には三浦半島の海岸に到着。

荷物を運び、設営して

7時半くらいから火を起こし

9時半には消して灰などを冷まし

そこからはバーナーで調理したり

新聞読んだりして

11時には撤収し

12時半に家に戻る。

 

思ったような時間で動けたので

渋滞もなく、

ドライブはひたすら楽しく

海を見ながら波の音を聞きながら

火を眺める時間を

存分に楽しみました。

 

キャンプしてる人がいっぱいで

それはちょっとびっくりしたけれど。

ここは駐車場もキャンプ張るのも

無料なので、人気出るよなぁそりゃ。

 

 

ペグが効かない!ということで

タープを張るのに悪戦苦闘してると

一人じゃ大変でしょう?って

優しいご夫婦が手伝ってくださった。笑

 

 

焚き火台ピコグリルのデビューでした。

 

 

海、ほんと久しぶり。

 

コーヒーを飲んで

目玉焼きを挟んだマフィン食べて

りんご焼いて食べて、で

お腹はいっぱい。

そんなに色々は出来ないし必要もない。

 

余計な荷物が多すぎたこととか

タープの貼り方をもう少し

修行せねばとか

焚き火に関してもまだまだ

思う通りにはいかないとか

楽しみはこれからも続きます。

とにかく回数を重ねて

経験値を上げていかないと

そんなに急に何もかも

上手くなんて出来るわけもなく。

 

それでもソロでのアウトドア

楽しんでいけそうだと確信。

人目を気にする必要もないし

自分が楽しむことだけに

心を傾けておけばいい。

とても自由で心が広がる時間でした。

 

最高だったのは、

最後に膝までパンツをたくし上げて

海に入ったこと。

期待してなかったのに

とっても透明度が高くて

本当にきれいな海で感動しました。

ずっと海に浸かりたかったのよ。

 

帰る頃には、海岸は結構な人出でした。

近くの人たちは海辺でのレジャーを

本当に気楽に楽しんでいらっしゃるんだ。

 

海岸で釣りをする人

船を出して釣りに行く人

SUP もいっぱい見かけました

お散歩してる人ももちろんいっぱい。

タープ手伝ってくださったご家族も

近所なんですよっておっしゃってたけど

息子さんと三人でテント張って

泊まっていらっしゃってた。

 

大げさに考えずに

気楽に出かけられるようになれると

いいなぁ。

 

それにしても

妄想プランニングの力は偉大です。

出来るかも

出来るといいなと思うことを

出来るだけ詳細にプランニングしてると

出来る気になって

実行出来たってこと。

 

ありとあらゆることに応用できるはず。

夢を実現する力は

こんな風にトレーニングしていくのだ。

なんてね。

 

波打ち際の動画です。

よろしければ。

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今も最前線で戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

 

 

 

 

妄想プランニング

 

昨日のインスタライブ

ご覧くださったお客様

ありがとうございました。

カミカミでした。

1週間抜けるとなんだか

リズムがつかめなかったというか。笑

 

ようやく少しずつ商品も揃い始めて

胸を撫で下ろしております。

 

週末のWEB SHOP のセールにも

たくさんのご注文いただいており

心から感謝しております。

気温、下がってきましたので、

どうぞ役に立つもの

気持ちが楽しくなるもの

見つけていただけると嬉しいです。

 

 

さて、

とにかく焚き火がしたいのよ。

と、いろんな動画を見て

うずうずしてます。笑

 

でも、今東京近郊で

気軽に焚き火が出来るところって

なかなか探すと難しそう。

 

今までにも何回も行ってるので

色々様子がわかってて安心な

武蔵野公園のバーベキュー場の

予約をしてみたけれど

随分先のこと。

 

寒そうだし、大丈夫かな?だけど。

いろんな天気、気温、天候の場合の

外での過ごし方を模索するのだと思うと

それもまた良し。

いうても、近所の公園やし。

昼間やし遭難とかしないし。

 

一人でも行くんだ、と決めると

時間も場所も自由になります。

 

そして、やりたい、とイメージしてる

焚き火とかキャンプは

高額キャンプ道具満載の

おしゃれキャンプとか

グランピングというのとは

ちょっと違うかな、と感じてます。

 

色々色々検索してみたけれど

普通の人気キャンプ場に行くのは

なんだかかなり違和感が。

ご家族やご友人同士で

楽しんでいらっしゃる方々が多い中で

ソロだと、やっぱり気後れするよねー とか。

 

野営 に近い感じの焚き火を

イメージしてるけど、

なかなかそんな場所は

素人には見つけられない。

 

私のアウトドアの師匠が

土地を買ってベースキャンプを作ったように

ヒロシさんが山を買ったように

本格的に好きな人は

そういうところに行き着くんでしょうね。

 

なぜこんなにどこかに行って

焚き火したいと思ってるのか謎。笑

 

でも、コロナの影響がある中で

比較的安全なレジャーになってるから

キャンプやアウトドアは

こんなにブームになってるんだよね。

 

火を眺めて自然に包まれることには

いろんなストレスを溶かして

元気になる力っていうのも

あるんだと思います。

 

まずは、デイキャンプ というか

ただ、焚き火をする ということを目的に

どこに行くのか

どんな装備を持っていくのか

そこで何をしたいのか

イメージしながら

妄想デイキャンププランを

立ててみようと思うだけで

朝からなんだかわくわくです。

 

こんな道具がないとだめとか

だったらこんなかっこいいのがあるよ とか

溢れる情報にすごく影響受けてました。

そうするとね、最初は楽しくても

なんだかどんどんしんどくなってくる。

全部買えるわけもないし

かといって100均で揃えたもので

キャンプをやる、をしたいわけでもない。

コップひとつ買うのに、

いろんなサイト読んで比べることに

大きな意味があるんやろかと

あれこれ考えて疲れてしまったり。

 

持ってるものの中で工夫しながら

自分の”好き”とやり方を探しながら

ぼちぼち経験積みましょう。

必要な道具もその中で

見つけられればいいやんと思うと

ただひたすらに楽しい。

そういうもんだったんだね。

妄想って最強。笑

 

火が見たい というわけではないけれど

デロンギから離れない猫を見てると

結構気温も低い気がして

アラジンをいそいそと出してきて

さっき点火しました。

 

水をたっぷりいれた大きなヤカンを

ストーブの上に乗せて

我が家の冬の室内空間が完成です。

今年もよろしくだね。

 

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今も最前線で戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

 

 

 

 

キャンプに行きたい

 

ほぼ日で明日まで開催中の

生活のたのしみ展で知った

ヒロシさん推薦の

ピコグリルというのを手に入れて

猛烈にキャンプに行きたくなってます。

 

これこれ。

*写真はほぼ日のサイトから借用

 

ほんと、びっくりするほど軽いから。

今使ってる SNOWPEAK の

腕がもげるほど重いやつと比べると

へ!?冗談でしょ?って思う。

 

そして同時にヒロシさんの

ソロキャンプ本も注文して読みまして

なんだかね、いろいろと

衝撃を受けているというか。

 

いや、内容はね、普通の本なんですよ。

ただ、その中で

「みんなと一緒」っていう概念を

捨てて楽しくなった と

語っていらっしゃるところで

なんか、ガツンときたんです。

 

キャンプに行けることは

そんなにありそうでないから

貴重なチャンスに

自分のやり方を試したいってことが満載。

 

火起こしなんてその最たるもので

誰かの「オレ流」に横取りされると

え!?

私がゆっくり楽しんでやろうと

思ってたのに!!!って。

 

特にアウトドアに男子がいると、

女子は口出せなくなる率高し。

 

そうか、寂しそうじゃない?とか

心配しなくても、もういいか。

したいようにするソロキャンプ。

すごーく楽しいんだよね。

 

アウトドアの師匠がいる

長野のベースキャンプに行けば

自由さはソロのようで

誰かがいる安心感は

ソロでないキャンプが

楽しめるのはわかってるから

寒くなる前に行きたいなぁ という気持ちが

ふつふつと湧いてきてます。

 

それにしても、近所で焚き火が出来る

武蔵野公園のバーベーキュー場予約

土日祝日は12月までいっぱいだった。

 

アウトドアを楽しむ人が

激増してるんだよね。

それぞれの人に

それぞれのスタイル。

 

もうひとつ、本を読んで実感したのが

ヒロシさんは、自分の「好き」を徹底的に

追求してるから楽しそうなんだってこと。

 

世間的にどう評価されてるとか

そんなことは意識せずに

自分が好きなもの

自分が好きなスタイルにこだわることで

もっと自由に楽しめること

それをYoutube とかで発信されてて

それが人気なんだねって

ようやく理解しました。

 

キャンプのスタイルだけじゃなくて

生き方全部に言えることだって

なんかね、もっと自由になっていいよねって

思ってしまった。

 

「自分の好き」は思った以上に

外からの情報に操作されてることも多くて

自分がどんな人でありたいか とか

一番大事なそういうことも含めて

もっともっと自分と向き合って考えると

違う答えが出てくるんじゃないかと

思ってしまったよ。

 

いろんな意味で考えるきっかけになった

まさかの ヒロシのキャンプ本 です。笑

 

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今も最前線で戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

 

 

 

 

応援

 

昨日は日頃お世話になっている

近所のイタリアンレストラン

Osteria Giulietta

6周年記念バーベキューに

参加してきました。

 

ここの誕生日はなんと

娘の誕生日と同じ日でして

ご縁の深さを感じてますの。

 

仙川というローカルな場所ですが

今日本で1番美味しいかもと評判の

「しば田」というラーメン屋さんもあります。

(コロナのおかげで

人が並んでない瞬間を発見し

初めて食べましたが、しみじみと

美味しいラーメンでした!)

 

同じ通り沿いにあるジュリエッタさん。

こんな場所に(失礼)

こんなに美味しいイタリアンが!?

と衝撃を受けてから3年通ってます。

 

このバーベキューに参加するのも

数度目でしたが

雨は初めて。

数年前の猛暑を思うと

涼しくて過ごしやすくて楽しかった。

 

鶏も、牛も、カマスも

子豚(これは丸焼き)も

炭火で焼いたのをいただき、

自分で生地を伸ばして

採れたてのトマトと

モッツァレラをトッピングして

ピザ窯で焼いてもらったピザも

美味しかったな。

 

 

なかなか衝撃的だったので

思わず写真に収めてしまった。

スーパーでトレイに入って売られてるのも

元は全部この姿。

生き物をいただいてること

命をいただいてること

普段はなかなか意識しないけれど

感謝して大事にいただかなくてはと

あらためて考えたり。

 

ここに集まる人たちは

もちろんお店の常連さんが多くて

何度もお店で会ううちに

話すようになった人も増えてきて

そういう人はやっぱり

近所にお住いの人が多くて

そういうのも心楽しいこと。

 

場所は毎年

三鷹にある吉田農園さんで。

ここの農園主もジュリエッタの店主と

同じくらいの年頃の方で

二人ともまだまだ若い。

40くらいと思う。

 

美味しい野菜は

美味しい料理に。

 

どちらがいなくても

できなかったこと。

 

地元産の旬の野菜を

季節ごとにいただいてます。

いい素材はシンプルに料理すれば

うまいから、何もしてないって

シェフは言うけど

素人はいい素材を

台無しにするもんなんですよ。笑

 

8月に入ったら

日曜日には店先で

野菜の日曜市をするんですって

楽しみに欠かさずに

買い物に行こうと思います。

 

フランスのマルシェみたいに

ビニール袋のかかってない野菜を

必要な量だけ買うってことが

出来るようになるといいなって

思ってるから

応援しなくちゃね。

 

そう、コロナでね、

この店がなくなると困る、という店は

ちゃんと応援しなくちゃという意識が

芽生えた気がします。

自分くらいいなくても大丈夫でしょ、

じゃなくて

ささやかでも一人でも多い方がいいよね

なんだよね。

 

そういうつながりというのは

やっぱり人と人とのつながりで

商売の基本はそこにあるんだということ

しみじみと気づくようになりました。

で、応援しようって思う人は

やっぱり頑張ってる人なんだ。

 

昨日のアトリエセール、

本当にすぐに売り切れになったようです。

ありがとうございました。

ご好評だったってことは

お客様も喜んでくださったのですよね。

それも含めて

頑張ってくれたスタッフたちが

すごーく喜んでて、

私もすごーく嬉しいです。笑

 

この企画は引き続き

やっていくだろうと思いますので

どうぞ、お楽しみに!

 

ウェブサイトでは

More Smile Sale が開催中です。

 

 

こちらもどうぞ引き続き

よろしくお願い致します。

 

今日はひょっとすると

新事務所内部の様子を

ゲリラライブでご紹介するかも。

(とか言ってる時点でゲリラじゃない)

 

どうぞみなさま、

本日も良い休日を!!

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

感染者が増えてきました。

病院の様子はどうなんでしょうか。

今日も最前線で働いてくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

 

 

 

登山

 

日曜日に

山登りに行ってきました。

 

雲取山。

東京都にある唯一の百名山。

東京都の最高峰。

標高2017mで、

往復10時間かかるという山。

 

この山に登ろうよ、という話が出て

ひるんでいたのです。

いや、無理でしょう、私にはって。

大丈夫ですよー

登山は体力じゃなくて根性だから

とか、若い女性に誘っていただき

もう一人、頼りになる男性も参加と聞いて

じゃぁトライしてみようかと

素人の浅はかさで思ったのです。

 

前日の夜にふもとの駐車場に着き

3人で車中で仮眠して

朝の5時45分に登り始めて

15時45分頃に下山完了、と

本当にほぼ10時間かかりました。

 

情けないことに途中で

めっきりスピードが落ちて

お二方にはご迷惑かけっぱなし。

体力も脚力も落ちている認識が

甘かったなぁ。

 

とは言え、雨の予報も出てたのに

途中からは富士山が応援してくれる

素晴らしい天気。

(晴れ女ここにありです)

 

 

無事に登頂。

本当にできるとは思わなかったと

全員が思ってたけども。

 

 

つらくてしんどくて嫌になっても

もうね、ある程度のところまで行くと

どうしようもないのですよね

行って帰るしかないのです。

うんざりするくらい上の方まで

続いている上り坂を

恨めしく見上げて

ため息つきつつ歩き続けると

ゆっくりゆっくりでも

一歩ずつ歩けば

ゴールに辿り着くんですよね。

足元に集中して

ここに次の足出すくらいなら

出来るよね、を繰り返して。

 

スマートじゃないし

カッコ悪いし

ゼイゼイはぁはぁ言いながら

自分と対峙し続けた時間が

教えてくれたことには

すごい説得力があって

一歩ずつ、一日ずつ

重ねていくことでしか

たどり着けない場所があると

コツン、と確信めいたものを

今胸の中に抱いています。

 

下りで左ひざを痛めて

駐車場にたどり着いたときには、

もう足が1歩も前に出ないよっ!!!

って言いたくなるような

ひどい状態&疲労困憊。

 

全員全身汗まみれで

帰りに立ち寄った温泉では

筋肉痛がマシになると聞いて

水風呂に入って、

足腰を冷やすというのにトライ。

 

これは効いた気がします。

次の日には、まぁ歩けたので。

サロンパスで左ひざ痛も改善して

普通に歩ける、とは言えないまでも

どうにか今日は不自由なく

動くことが出来てます。

 

駐車場は無料だったし

往復のガソリン代と

高速代を3人で割ると

一人1000円 って

装備を揃えてしまえば

なんとも充実した濃密な時間は

安上がりでびっくりです。

 

あんなに辛かったのに

思い出したり

写真見たり

こうやって書いたりすると

またどこかに行きたくなります。

不思議。

もう少し足腰鍛えて

体力つけることを

真剣に考えようと思いました。

粘り強く仕事に取り組むためにも

それはきっと

とても大事なことだから。

 

今週も始まりました。

週末のウェブショップのセールでは

たくさんのお買い物、

ありがとうございました。

また、各地のショップにも

たくさんのお客様にお越しいただき

心から御礼申し上げます。

 

寒い!と感じた

今季初めての朝かも という今日。

暖かめのアイテムが

欲しくなってきています。

 

今日も明日も、どうぞいい1日を!

KEEP SMILING!

 

ショップはこちら↓

http://webshop.pci-shop.co.jp/fs/pcishop/c/grpci

Instagram もどうぞよろしくお願いします!

PCI オフィシャルはこちら

→  https://www.instagram.com/pcishop_official/

(パーソナルのもご興味あれば

→  https://www.instagram.com/shutoir/    )

 

 

いろいろな TPO

 

休んでも罪悪感を覚えないようにと

自分に言い聞かせていたのは

週末、出かける予定があったから。

随分と前に申し込んでいた

海釣りキャンプです。

 

海岸でキャンプして

船に乗って海釣りをするという

結構ワイルドな企画。

おばさん、大丈夫か!?と

思いながら、申し込むというのは

やはりそういうことを

してみたいと思っているから。

 

全く知らない人の中に

一人で混じることは

覚悟してましたが、

釣りに出たのは私以外

30代、40代の男子ばかり。

(うち一人の彼女さんが

留守番希望だったので

キャンプには女性がいたのですよ)

 

あらー。

最近はどこに行っても

独身の女子が多いから

油断してましたけども

超アウェーな感じ。

もちろん桁違いに最年長。

感じのいい、いい人ばかりで

最後には打ち解けて仲良くなりました。

こういう時は

「世話焼きおばさん」キャラで

通すに限ります。

どう接していいかわからない

微妙な歳の相手には

「お母さん」と接してる

感じになると急に

相手が気楽そうになります。

男子相手でも女子相手でも。

ま、実際子供みたいな歳の人たちだし。

 

海に出た日は

日差しが強かったので

長袖・長パンツは必須。

着ていたのは登山用に買った

濡れても色が変わらず、

すぐに乾いて蒸れない上に

伸びるという楽チンパンツ。

スタイル良く見えないし

おしゃれじゃないから

好きじゃないんだけど

こういう時には最強です。

HUNTER の長靴に

このパンツをインするスタイル。

 

その上にタンクトップを着て

半袖のTシャツを着て

長袖のパーカを羽織って

これも登山用に買った

NORTH FACE の帽子と

サングラス。

顔の下半分は白タオルで覆い

山田さん、

テロリストみたいになってます、

と言われても構いませんとも。

この歳でこの日差しで日焼けとか

リカバリーが効きませんから。

 

初心者がちょっと迷惑をかけるのは

しょうがないとして

出来るだけにこやかに感じ良く

素直に謝り、素直に感謝すること。

周りの様子をよく観察して

こまめに気を使うこと。動くこと。

自分の機嫌だけが大事な

わがままおばさん(女、男、おじさんでも一緒)

なんて最悪 というのは簡単にわかることだから

その逆を、憎めないおばさんを

目指していきましょうと心がけて。

 

それもこれも

自分が気持ちよく過ごすため。

 

そして、海に出てる時も

キャンプ場で過ごす時間も

自分がリラックスして過ごすために

必要な装いというのは

自分の頭できちんと考えて選ぶこと

ウェブ上に溢れる

あまりに多くの情報に

惑わされない方がいいなぁと

ずっと感じていました。

 

アウトドア、釣り とかいうと

濡れてもすぐに乾く機能性の上下に

レインウェア上下、長靴 とか

いろんなところに書いてありますが

そういうお手本みたいな

かっこいいウェアでビシッと

決めてた人ももちろん素敵でしたが

主催者なんてあまりの天気の良さに

焼く!と宣言して上半身裸の上に

ライフジャケット

で、ジーンズですから。

(ワイルドすぎる。。)

 

もちろん漁船を運転してくれてる

船主さんも、普通のポロシャツ

普通のズボン、長靴、帽子 だもの。

そんなに気負って高価なものを

揃えなくてもいいんじゃないかと

思ってしまった。

 

とはいえ

準備してた登山用の雨具を

船に持っていくのを

忘れた最低なわたくしです。

雨が降ってたり

風が強かったり

命の危険がないわけじゃない

海の上だから

突然の雨に備えて雨具は

持っていっておくべき。

そこは最低限の常識。(とほほ)

 

でも、ガチガチにこうすべき、に

縛られるのではなく

その時々の状況に応じて

自分の快適さは

自分で選ぶ責任

ここでもリスクは経験と知識で

コントロールするのだなぁと

本職の人たちの自由さを見て

思ったりしたのです。

 

海辺でも焼けないように

(っていうか半袖短パンだと

痛いくらいの日差しでした。)

ジーンズにパーカは脱げなかったけど

海岸でしょ?と思って

持ち物リストにはなかった

ビーサンを追加して正解。

靴と靴下を脱げることも

そのまま海に入れることも

とても気持ちの良いことだったから。

 

波の音を聞きながら眠り

鳥の声で目覚め

海の水で手と足を洗い

ずっと海を見ていた1日半。

何かを満たして

帰ってきた気がしてます。

 

快晴の1日。

 

大きな鯛だけで14匹、

さば、イサキなどなど大漁でした。

これはごく一部の釣果です。

 

豪快に浜焼き。

 

元板前さん、という方がいらして最高でした。

しめ鯖まで!

 

主催者のFBに載った私の写真です。

これ釣ったんだよ!

 

キャンプした場所は

和田長浜海岸。

キャンプ無料で、

夏期以外は駐車場も無料という

素晴らしい感じ。

(トイレは仮設のみ。)

空いてれば世田谷から約1時間!

また海に行って、

1日中のんびり海を見て

昼寝したり本読んだり

したいなぁと妄想しています。

 

今日も明日も、いい1日を!

KEEP SMILING!

 

ショップはこちら↓

http://webshop.pci-shop.co.jp/fs/pcishop/c/grpci

Instagram もどうぞよろしくお願いします!

PCI オフィシャルはこちら

→  https://www.instagram.com/parlerchiffons/

(パーソナルのもご興味あれば

→  https://www.instagram.com/shutoir/    )

 

 

pagetop